国民年金

国民年金

 

 国民年金はみんながお互いに協力して、将来の生活を支えあう制度です。

 日本国内に住むすべての人は,20歳から60歳までのすべての人が加入し,保険料を納めることが義務づけられています。

 学生のみなさんも20歳になったら必ず加入しなければいけません。

 加入手続きは,住民登録している市町村の国民年金担当窓口で行ってください。

 

 保険料を納めていないと,在学中に怪我・病気等で障害が残っても,障害基礎年金が支給されません。

 また,将来の「老齢基礎年金」は納めていない期間に応じて減額されるため,受け取れなくなる場合もあります。

 

学生納付特例制度

 

 学生のみなさんには,申請により,在学期間中の保険料納付が猶予される「学生納付特例制度」があります。

 この制度は,毎年届出をして承認を受けることが必要です。手続きは,住民登録している市町村の国民年金担当窓口で行ってください。

 学生納付特例期間については,10年以内であれば保険料を追納することができます。

  将来受け取る年金額を増額するためにも,卒業(修了)したら忘れずに追納することをお勧めします。

 

 ※ 学生納付特例期間の承認を受けた期間の翌年度から起算して,3年度目以降に保険料を追納する場合には,承認を受けた当時の

  保険料額に経過期間に応じた加算額が上乗せされます。

 

 <手続について>

  1. 国民年金被保険者資格取得届を提出する。(国民年金加入手続)
  2. 基礎年金番号が割り振られる。(年金手帳交付)
  3. 学生納付特例申請書ほか必要書類を提出する。
  4. 承認(1年間保険料の納付が猶予される。)
  5. 在学中は,毎年届け出が必要。

 

若年者納付猶予制度

 卒業・修了して学生でなくなっても,本人が申請手続を行い,承認されると,保険料の納付が猶予される制度です。

 猶予の条件等は,日本年金機構ホームページなどで確認してください。

 

  

参考

 日本年金機構ホームページ学外のサイトへ移動します

 学生納付特例制度について学外のサイトへ移動します(日本年金機構ホームページ内)

 

お問い合わせ

教務企画部学生課
学生生活支援係
電話:088-687-6118
ファクシミリ:088-687-6121