学部の教育について

学校教育学部

  学校教育学部には,幼児・児童・生徒の成長・発達に関わる学校教育という全体のスパンの中で,包括的な人間理解と人間像の把握ができる教員,また,いつの時代・社会にも必要な教師としての資質能力と変化の激しい時代・社会に求められる教師としての資質能力の養成を図る目的で,平成12年度から,初等教育教員養成課程と中学校教員養成課程を統合し,学校教育教員養成課程が設置されました。
  学校教育教員養成課程には,幼児教育専修,小学校教育専修,中学校教育専修及び障害児教育専修の4専修が置かれ,各専修の目的は次のとおりです。

(1)幼児教育専修

  人間の生涯発達の基礎期にあたる幼児に関わる幼児教育学,幼児心理学,保育内容の研究の諸分野,ならびに児童福祉学についての専門的知識を学び,幼児教育の実践力を伴った幼稚園教員及び保育士の養成にあたります。

(2)小学校教育専修

  学生の実践的経験(教育実習)や具体的な教育課題に対する探求を重視しながら,各教科,道徳,特別活動の指導,生徒指導,学級指導などの学校教育実践における基礎的で不可欠な知識や技術の習得をねらいとし,実践力を伴った小学校教員の養成にあたります。

(3)中学校教育専修

  教員にとって必要と考えられる各教科内容に関する実践的・専門的知識を深く学び,教科内容の高度化に対応するとともに,各教科の教科指導,生徒指導,学級指導などの実践力を伴った中学校教員の養成にあたります。

(4)特別支援教育専修

  小学校教員としての基礎的知識や技術を習得した上で,特別支援教育(知的障害・肢体不自由・病弱を主に重複・LD等,視覚障害,聴覚障害を含む)に関して,教育学,心理学,医学領域からなる専門的知識を学び,障害児指導の実践体験を重ね,実践力を有した特別支援学校教員の養成にあたります。

専修・コース紹介

 

【幼児教育専修】
-幼児理解に必要な基礎的知識を基盤に,教育や保育に必要な専門的知識と技能を身につけ,確かな実践力のある教員を養成 -
幼児教育専修では,幼稚園・小学校の教員免許に加え,保育士の資格を取得することができます。幼児理解に必要な基礎的知識を基盤に,教育や保育に必要な専門的知識と技能を身につけ,確かな実践力のある教員となることをめざしています。学外の実習に加え,幼児理解や実践的指導力を高めるために実施しているのが,大学内の多目的広場の自然を活用した自然体験型活動です。豊かな自然環境との触れあいを通して展開される子どもとの遊びは,子どもがモノにかかわって発揮する想像力・独創性を目の当たりにし,子どもや環境を理解し,自らの実践を省察する力,研究する力を養う機会となっています。
【小学校教育専修 学校教育実践コース】
-教職に関する基礎・共通科目を修得した上で,さらに,特定の教科にかたよることなく,専門領域を深く学ぶ-
初等教育を担当する教員を希望する者全員が学ばなければならない教職に関する基礎・共通科目を修得した上で,さらに,特定の教科にかたよることな く,次のような専門領域を深く学びます。(1)人間形成の基礎を理解するための教育学,教育心理学(2)学級のなかの子どもどうしの関係や教師との関係, 教育を支えるしくみや法律(3)生徒指導,道徳教育,カウンセリング(いじめ・不登校など),心の教育など。これらの学習をもとに,3年次からゼミナールが行われ,卒業研究に結実されます。
【小学校教育専修 国語科教育コース】
-確かな言葉の力を備えた小学校教員を養成-
国語科では,人間の暮らしと学びにとって空気のように身近なものになっている母語としての「言葉」の姿と,その「教育」のあり方を学びます。また,第二言語としての日本語教育について学ぶこともできます。具体的には,言葉の働き,言葉の仕組み,言葉の文化,言葉による学びと教育について,国語学,国文学,漢文学,書写書道,国語科教育,日本語教育などの専門領域ごとに徹底した少人数教育によって,基礎・基本から豊かな応用の世界まで探究していきます。これらを通じて,確かな言葉の力を備えた小学校教員となることをめざすコースです。
【中学校教育専修 国語科教育コース】
-国語科授業実践に強い中学校・高等学校の教員を養成-
国語科教育学と国語科内容学(国語学・国文学・漢文学)の専門科目のほかに,国語学(現代語・古典語),国文学(古典文学・近代文学),漢文学を総合した授業科目を設けるとともに,書写・書道も2年間の必修となっています。これらの学習をとおして,国語科授業実践に強い中学校・高等学校の教員の養成をめざしています。また,学部生・卒業生,大学院生・修了生,教員が一体となった鳴門教育大学国語教育学会があり,研究発表会を開催し,学会誌『語文と教育』を刊行しています。
【小学校教育専修 英語科教育コース】
-英語教育をデザインし,児童の英語学習をサポートしていくことができる小学校教員を養成-
小学校に英語教育が本格的に導入されようとしています。しかし,英語を指導できる小学校教員は少な<,その養成が急務とされています。また,指導の方法や内容に関してもいまだに未開拓な部分が多い分野です。本コースは,小学校の英語教育をデザインし,児童の英語学習をサポートしていくことができる小学校教員を養成することをめざしています。外国人教員を含む充実したスタッフによる徹底した少人数指導のもとで,言葉の仕組や英語圏の多様な文化について学び,児童を対象とした英語指導について研究しその実践力を養います。あなたもいっしょに小学校の英語教育を開拓してみませんか。
【中学校教育専修 英語科教育コース 】
-英語授業をデザインし,生徒の英語コミュニケーション力を育成できる英語教員を養成-
6年間も英語を学ぶのになぜ英語が使えるようにならないのか。学校英語教育に対する批判はいまだおさまらず,英語教育界もその方向性を模索している段階にあります。本コースは,中学校や高等学校における英語授業をデザインし,生徒の英語コミュニケーション力を育成できる英語教員を養成することをめざしています。外国人教員を含む充実したスタッフによる徹底した少人数指導のもとで,英語学や英米文学を通して言葉の仕組や多様な文化に関する教養を深めるとともに,「使える英語」のための指導方法を研究しその実践力を養います。あなたも将来の英語教育についてともに考えてみませんか。
【小学校教育専修 社会科教育コース】
-社会の歴史や風土,仕組みや政治,経済活動について学ぶ-
社会科は,人間と社会について学ぶ教科です。社会科は,戦後に生まれた新しい教科です。人間は社会の中で他の人々と様々な欲求や利害を調整しながら生きています。その社会の歴史や風土,仕組みや政治,経済活動について学ぶことができます。社会科は暗記の教科ではありません。社会や人間のことをよく考え,どのような在り方が望ましいのか,みんなで協力して社会をつくっていくことのできる技能や態度を身につけるために,探究するのです。人間や社会のことを探究することは,とても楽しいことなのです。そんな楽しみを与えてくれる教科の学習が社会科なのです。
【中学校教育専修 社会科教育コース】
-社会のなかで心優しく,そしてたくましく生きていけるような人間を育てる-
社会のなかで心優しく,そしてたくましく生きていけるような人間を育てること,それが社会科の目的です。中学校の社会科は,地理・歴史・公民の各分野の授業が連携して,この目的を達成しようとしています。そのためには,人文科学や社会科学とよばれるさまざまな学問に触れ,みなさん自身が.“社会を見る眼”を鍛えておかねばなりません。そして,それらの成果を子どもたちの学びの糧に変換していくための手立てについても考えておかねばなりません。社会系教育コースは,そのための多様な機会を提供しています。
【小学校教育専修 算数科教育コース】
-より高い見地からの教育ができる教員を養成-
数や図形の性質,さらにそれらに関わる数理的概念やその考え方を,幼い頃から身につけることにより,より豊がな知的活動を経験することができます。本コースでは,小学校算数の授業内容について,基本的な内容や課題などについての考え方や解決の方法をとおして,そこに現れる数学的な概念や教材の分析,指導法が,日常生活との関わりのもとで講義されます。また,より高い見地からの教育ができる教員を養成するために,現代の数学への入門的講義を,高校の基礎から段階的に行っています。更に,コンピュータ活用に関する基礎的な講義も行われます。
【中学校教育専修 数学科教育コース】
-数学の本質を理解し,深い指導ができる教員を養成-
数学科コースでは,数学科の教員をめざす人々に対して,数学の本質を理解し,深い指導ができる教員を養成することを目的としています。そのために,数学教育の指導法,教育内容に関わる講義,及び,数学の理解を深めるための現代数学の諸分野に対する講義を行っています。まず大学における専門科目を理解するために必要となる基本的事項について講義を行います。高校時代までに履修できなかった内容を身につけるとともに,しっかりと基礎を固めた上で数学教育,現代数学の専門科目の講義に臨み,さらに,ゼミナール等をとおして数学科の教員となるべき資質・能力を身につけます。
【小学校教育専修 理科教育コース】
-「すべての子どもに,高いレベルの科学をやさしく教える」ことのできる教員を養成-
小学校教育専修・理科教育コースでは,「すべての子どもに,高いレベルの科学をやさしく教える」ことの出来る教員を養成することをめざしています。高校以前の理科内容を出発点とする自然科学の入門的講義に加え,より専門的な内容を加味した物理・化学・生物・地学の各分野に関する講義や実験を行うとともに,「理科嫌いの子どもを作らないための授業」の工夫などの実践的な実習を行います。教員養成系大学の中でもトップクラスの最新実験設備や研究用機器を用いて,未解決の問題の解明をめざし,より高度な実験技術を身につけるとともに,問題解決の方法や科学的な考え方を学び,小学校教員として必要な素養を養います。
【中学校教育専修 理科教育コース】
-授業を通じてバランスのよい知識を身につけ,研究を通じて新しい知識を吸収・活用する能力を養う-
中学校教育専修・理科教育コースでは,物理・化学・生物・地学の各分野について,高等学校までで未履修の内容を補いつつ,ハイレベルな自然科学にいたる講義,実験・実習を行っています。大学入学までに学ぶことのなかった分野も,教育現場で必要となる知識をバランスよく身につけることができるカリキュラムを組んでいます。また今日の急速な科学・技術の発展により,理科教師には,日々更新される最新の科学的知識を生かした理科授業が求められるようになっています。本コースでは,卒業研究を通じて科学的研究の最前線に立つことにより,新しい科学的知識を吸収・活用していく能力を養成します。
【小学校教育専修 音楽科教育コース】
-演奏や理論の研究をとおして音楽への理解を深めるとともに教育者としての資質を向上-
音楽科教育コースでは,声楽,器楽(ピアノ・弦楽器・管楽器),音楽理論,ソルフェージュ,作曲,指揮,音楽科教育学等を学び,演奏や理論の研究をとおして音楽への理解を深めるとともに教育者としての資質の向上をめざします。3年次からは専攻分野を定めて指導教員のもとでより高度な研究を行い,さらに卒業研究へと結びつけます。卒業研究は声楽,器楽,作曲,指揮及び音楽科教育学の各分野から選択し,論文,作品,演奏のいずれかによって発表します。
【中学校教育専修 音楽科教育コース】
-単に知識や技術にかたよることのない全人格的な指導力を備えた中学校教員としての資質を高める-
音楽科教育コースでは,声楽,器楽(ピアノ・弦楽器・管楽器),音楽理論,ソルフェージュ,作曲,指揮,音楽科教育学等を学び,演奏や理論の研究をとおして音楽への理解を深めるとともに,単に知識や技術にかたよることのない全人格的な指導力を備えた中学校教員としての資質を高めます。3年次からは専攻分野を定めて指導教員のもとでより専門性の高い研究を行い,さらに卒業研究へと結びつけます。卒業研究は声楽,器楽,作曲,指揮,及び音楽科教育学の各分野から選択し,論文,作品,演奏のいずれかによって発表します。
【小学校教育専修 図画工作科教育コース】
-造形芸術の基礎的な技能と理論を身につけるとともに,教員としての能力の向上を図る-
図画工作科教育コースでは,絵画,彫刻,デザイン,工芸の実技制作と美術理論・美術史及び美術教育理論等を広範に学び,造形芸術の基礎的な技能と理論を身につけていきます。また,こうした専門的な技能や知識に関する教育実践的側面からの理解を図り,教員としての資質の向上をめざします。3年次からは,これらの専門分野の中から各自が一つの分野を選択し,より高度な研究を行い,卒業研究へと発展させていきます。卒業研究の成果は,毎年,学外の美術館において発表しています。
【中学校教育専修 美術科教育コース】
-表現の喜びと生きる力を育んでいくことができる創造性豊かな教員を育成-
美術科教育コースでは,絵画(油彩画,版画),彫刻(塑造,彫造),デザイン(グラフィック,映像),工芸(陶芸)の実技制作と,美術理論・美術史及び美術教育理論等の学習をとおして,人間と造形文化と教育に関するより深い理解と専門的な技能を修得し,表現の喜びと生きる力を育んでいくことができる創造性豊かな教員の育成をめざしています。3年次からは,各自が専攻分野を定めて,指導教員のもとでより専門性の高い研究に取り組み,卒業研究へと発展させていきます。卒業研究の成果は,毎年,学外の美術館において発表しています。
【小学校教育専修 体育科教育コース】
-各種の運動技能と指導力を高める体育科学の理論について理解を深め,研究技法を習得-
小学校の体育科は,生涯にわたって運動やスポーツを豊かに実践するための資質や能力,健康で安全な生活を営む実践力及びたくましい心身を育てることによって,現在及び将来とも楽しく明るい生活を営むための基礎づくりを目標としています。その目標に沿って,体育科教育コースでは,基本の運動,ゲーム,体づくり運動,器械運動,陸上運動,水泳,ボール運動,表現運動,保健の領域の学習指導の知識を深め,各種の運動技能と指導力を高めることをめざしています。さらに,保健体育科教育学,体育学,運動学,学校保健の領域の専門科目を履修し,体育科学の理論について理解を深め,研究技法を習得することを目指しています。
【中学校教育専修 保健体育科教育コース】
-幅広い運動技能と指導力を高める多様な体育科学の理論と応用について理解を深め,研究技法を習得 -
中学校教育専修の保健体育科教育コースでは,中学校保健体育科の目標に沿って,体つくり運動,器械運動,陸上競技,水泳,球技,武道,ダンス,保健の領域の学習指導の知識を深め,小学校教育専修の体育科教育コースの学生よりも幅広い運動技能と指導力を高めること,及び多様な体育科学の理論と応用について理解を深め,研究技法を習得することを目指しています。体育・スポーツに関わる諸問題に対して,強い好奇心を持っている体育科・保健体育科教育コースの学生の教育・研究の指導には12名の教員が携わり,2年次後半から希望に応じて各教員の研究室に所属し,卒業論文の作成に取り組みます。
【小学校教育専修 技術科教育コース】
-現代的な教育課題を理解し教育実践できる小学校教員を養成-
現代的な教育課題を理解し教育実践できる小学校教員になるために,技術科教育コースではものづくりとコンピュータに比重をおいて学習し,同時に,科学技術が社会で果たす役割についても学びます。とくに,これらのテーマに関するいろいろな実験実習や体験的な学習を通して,実践的な技能や技術を身につけ,総合的な学習などへ適切に活用できる能力と態度を養います。
【中学校教育専修 技術科教育コース】
-技術科教育の実践力と教材開発能力を育てる-
ものづくりと情報を二本柱として,材料加工,機械,電気,情報と技術科教育について学びます。社会から求められる教育実践力を育て身につけるために,これらの専門領域について理解し,いろいろな演習と実習によって生きた知識と活用能力を養い,それをバネにして技術科教育の実践力と教材開発能力を育てます。附属学校などで自ら学ぶチャンスにも恵まれています。中学校の技術科の免許に加えて高等学校の工業の免許が得られ,技術科の教員は高等学校情報の免許にも関わっています。
【小学校教育専修 家庭科教育コース】
-学校教育のなかで指導的な力を発揮することができる家庭科教員を養成-
子どもを主体的・自律的な生活者として育成するためには,その基盤である「家庭生活」を衣・食・住・家庭経営などの幅広い観点から総合的に捉える能力が必要です。小学校の家庭科は,家庭生活を教育の立場から対象化し,その本質や役割を考えつつ,知識・技能の習得を通してそこに生起する諸問題を発見・改善していくことができる実践的な態度の育成をめざしています。本コースは,これらの課題に応えるために,学校教育のなかで指導的な力を発揮することができる家庭科教員の養成を目的としており,専門諸科学の先進的な研究成果に基づいた独創的な講義・実験・演習にその特徴があります。
【中学校教育専修 家庭科教育コース】
-理論と実践の両面における能力や資質を備えた家庭科教員を養成-
中学校教育において,人間の生活全般を人文・社会・自然の諸科学の観点から総合的に捉え直す力を養うことは,社会が多様化・複雑化している今日では,とりわけ重要視されています。また,生活者としての男女がともに責任をもって生きていくためには,省察と探究による家庭・生活観の形成とともに,日常生活における課題追求的な知識や技能の習得が要請されています。本コースでは,理論と実践の両面における能力や資質を備えた家庭科教員の養成を目的として,家庭経営学,被服学,食物学,住居学,家庭科教育学などの先進的な研究成果に基づいた,独創的な教育・研究活動を行っています。
【特別支援教育専修】
-障害児教育学,障害児心理学,障害児医学の三分野において,教育理念,障害特性,指導法などを系統的に習得-
特別支援学校(知的障害・肢体不自由・病弱)の教員を養成することを目的とし,小学校教諭一種免許状(基礎資格)と特別支援学校教諭一種免許状の取得を課しています。障害のある児童・生徒や教育上特別な配慮を要する子どもたちへの理解を深めるために,特別支援学校や特別支援学級,障害児施設,通常(普通)学級での体験学習や教育実習を取り入れています。これらの経験と合わせて,障害児教育学・障害児心理学・障害児医学の三分野において,教育理念,障害特性,指導法などを系統的に習得し,専門性を培うカリキュラム体系をとっています。
最終更新日:2014年04月01日

お問い合わせ

教務企画課
学部教務係
電話:088-687-6093
ファクシミリ:088-687-6107