大学院の教育について

大学院学校教育研究科(修士課程)

大学院学校教育研究科(修士課程)には,次の各専攻・コースが設置されています。
各専攻・コースの目的は,次のとおりです。

人間教育専攻

人間形成コース

生涯にわたる人間形成の視点を重視し,学校における喫緊の現代的課題に対処するため,教育実践にかかわる研究と教育を行います。このため,心理学関連の研究分野(発達健康心理学,教育認知心理学)と教育学関連の研究分野(教育哲学,教育史)に,予防教育科学の研究分野が統合されます。
心理学関連分野は,健康及び行動・学習面の適応に寄与する理論と方法を探究し,教育学関連分野は,人間史をたどりながら健全で善き人間存在のあり方の省察により教育の本質に迫ります。この上で予防教育科学分野は,総合的な適応化を目指す教育実践研究を先導します。こうして,多様な学問的アプローチをもって,子どもの成長と発達(人間の形成)を適正に導くことができる教員や研究者を育成します。

幼年発達支援コース

人間発達・形成の基礎となる乳幼児期から児童期までの子どもに焦点をあて,今日の急激な社会変化の中に育つ子どもがもたらす問題・障がいをも含む子ども理解・発達理解を深めるとともに,養育者・保育者・教師への「発達支援」の在り方を探究することは急務であるといえます。
本コースでは,これらを探究するため,「保育・教育支援」,「心理発達支援」,「福祉支援」,「保育内容」の4領域から,既存の発達観・保育観・ 子育て観を超え,ドラマティックに展開する子どもの育ちを支援するために育児・保育現場での研究を通じて高度な実践力と実践的研究能力をもつ教員を育成します。

現代教育課題総合コース

環境と人間とのかかわり,情報社会における人間の生き方,食やいのちの問題,国際化する学校や地域での新たな人間関係づくりなど,従前の教科ごとの発想では対応できない教育課題が山積しています。本コースは,新たな課題を教育,研究内容として措定しつつも,その性急な解決策を模索するのではなく,これらの問題を「生きることと学ぶこととの関係性を問う」という人間学的な観点から総合的に考察させることを通して,既成概念にとらわれない広い視野と柔軟な教材解釈力を持った人間力に満ちた教員を養成します。

臨床心理士養成コース

臨床心理士養成コースの教育研究の目的は,幼児期からの心の教育・カウンセリング・心理療法などを通して,いじめ・不登校・非行などの問題に対応するとともに,一人ひとりが社会に開かれた個性豊かな人間として成長するように支援していくことです。本コースでは様々な分野を専門とする教員の指導のもと,「学校教育」,「医療・福祉」,「司法・矯正」,「子育て支援」等に関する専門的な知識と実践方法を学び,多様な領域で活躍できる高度な実践的力量を有する臨床心理士,および生徒指導・教育相談の実践的力量を有する現職教員の育成を目指します。

特別支援教育専攻

特別支援教育充実のため,通常の学級に在籍している発達障害児も含め,特別な支援を必要とする児童生徒を総合的に理解し,適切に支援できる実践的な指導者を養成することを目的としています。そのため,特別支援教育のための学校・学級の創造的な改革を担う「特別支援教育ニーズ支援」,特別な支援を必要とする児童生徒の学習・行動の理解を深め,臨床的支援を進める「心理行動支援」,特別な支援を必要とする児童生徒の医学的側面からの理解を図り,発達支援の方策を探る「発達支援医学」,特別支援教育推進の要とされている幼稚園・小学校・中学校・高等学校, そして特別支援学校に配置されている特別支援教育コーディネーターを養成する「特別支援教育コーディネーター分野」の四つの分野から実践研究を行います。

教科・領域教育専攻

言語系コース

言語系コースは「国語」と「英語」とに分かれています。

言語系コース(国語)では,国語学,国文学,国語科教育学の3分野において,理論的・実践的な研究を行います。また,日本語教育分野においては,外国語としての日本語教育・学習のための独自のカリキュラムを展開します。
言語系コース(英語)は英語学,英米文学,英語教育学の3分野において,表現媒体としての英語に関わる教育を行います。英語の読解力と運用能力を養成し,英語文化,英語の言語構造,表現方法,習得方法,教授法などの研究を指導します。
また,小学校英語教育分野においては,小学校英語教育について理論と実践の両面から指導します。

社会系コース

社会系教科教育に関わる教員として社会認識を深めて,その専門性を確立し,新しい教材開発とより質の高い授業実践を展開するための資質や力量の養成を目的にしています。そのために,社会系教科教育に関する人文・社会科学の諸領域,(1)歴史分野, (2)地理分野,(3)公民系分野,(4)その3領域にわたって学習論的考察を行う社会科教育,の各分野を置いています。

自然系コース

数理認識・自然認識の本質・構造,その発展過程と課題についての基礎的・専門的研究を基盤とし, 数学や理科に関わる教員として広い視野に立った教材開発や授業法開発などの教育実践力の育成をめざした総合的・専門的な研究と教育を行います。本コースには,教科内容の専門性を充実・深化させる理論的・実践的研究を行う数学科教育と理科教育の分野をおきます。

芸術系コース

芸術的表現,鑑賞などに関する発達過程及び発達課題についての基礎的・総合的理解を基盤とし,音楽や美術に関わる教員として教材開発や授業改善などの教育実践力の育成をめざした総合的・専門的な研究と教育を行います。
本コースには,音楽部門と美術部門があり,それぞれの教科内容の専門性を充実,深化させるために,音楽・美術の各部門における理論的・実践的な分野,また音楽科教育,美術科教育の分野をおきます。

生活・健康系コース

現代の児童・生徒が社会の変化を見通し主体的かつ創造的に生きていくために必要な力の育成を支援する目的で,人間の生活と健康に関わる理念,科学及び技術並びに身体運動に関する基礎的・専門的な研究教育を深化させます。さらに,生活と健康に関する理論的・実践的分野である,保健体育科教育,技術・工業・情報科教育,家庭科教育の三つの領域において,新しい教科内容とそれを反映したカリキュラム開発, 教材開発及び授業法開発に資する総合的な教育実践研究を行います。

国際教育コース

「国際教育協力専門家養成分野」と「教科教育研修分野」の2分野から構成されています。

■国際教育協力専門家養成分野

本学は,建学以来の教師教育に関する豊富な実績と併せて,これまで10数年にわたり途上国教員を対象とする研修の受け入れや国際教育協力事業への専門家派遣などを通して,国際教育協力において豊富で多様な経験を培ってきました。本分野のねらいは,本学の国際教育活動の経験を踏まえながら,国際理解に関する豊かな素養と国際教育協力実践に必須の高度な専門的能力(実践的指導力や調整力など)を培うことです。そのために国際理解及び国際教育協力の理論と実践に関する講義・演習,語学及び現地演習等を開講・実施しています。コース修了後は,これらの講義・演習による成果をいかんなく発揮して,途上国の教育改善や国際理解教育の普及・振興のために活躍することが期待されます。

■教科教育研修分野

JICA長期派遣研修員等を対象とした分野です。本分野では,出身国の教育改善に資することを目指して,初等・中等の理数科及びICT教育等に関する教育内容や教材開発,指導方法等の知識・技能を身につけることをねらいとしています。そのために,本コースが開講する授業科目に加えて,他コースの専門科目等を併せて修得することにより,専門的知識の向上を目指します。こうして身に付けた優れた教育実践力に基づいて,コース修了後は,出身国の教育向上のために指導的立場での活躍が期待されます。

大学院学校教育研究科(専門職学位課程)

大学院学校教育研究科(専門職学位課程)には,高度学校教育実践専攻及び次のコースが設置されています。
高度学校教育実践専攻では,幅広い視点からの問題分析力・対応力・解決力を有し,学校や地域で指導力を発揮できる教員及び実践的対応力に優れた新人教員を養成することを目的としています。
各コースの目的及び特色は次のとおりです。

高度学校教育実践専攻

教職実践力高度化コース

学校におけるチームによる教育(チーム学校)を牽引する教員として,教職経験に応じた指導力,教職の実践的専門知識とスキルを深化させるとともに,学校における課題に対応する実践力を確実に高めることをねらいとします。

  • 教育課程などの学校全体の教育活動に関わる課題や学校運営に関わる課題などに対して,学校全体をリードしたりマネジメントしたりできる指導的役割を担える教員として,学校運営に関わる多角的視野に立った組織的教育力を育成します。
  • 教科指導や生徒指導,学年運営などに関して,自己の課題における教育領域を基軸に他の領域と連携・協働するチームでの指導的役割を担える教員として,分掌・教科・学年などのチームを機能的に活性化させるチームワーク力を育成します。
  • 教科指導や生徒指導,学級経営などにおける自己の課題について,さまざまな教育活動領域を視野に入れ,それらの関連性を踏まえながら課題に取り組む先導的役割を担える教員として,授業実践や学級経営,生徒指導などにおける実践的指導力を育成します。

 

教員養成特別コース

多様な児童の実態を理解し,適切に対応しうる資質能力,授業を構想・展開・省察しうる資質能力,学級集団を適切に形成・運営する資質能力を備え,意欲的に教職に取り組むことができる実践力を高めることをねらいとします。

  • 実習を基軸にして教科等の授業開発や実践,生徒指導,学級経営等に係る知識とスキルを習得することで,教職に関する幅広い教育活動における自己の実践力を育成します。
  • 学校における協働的な活動ができるようにコミュニケーション力や対人関係力を養成します。

 

最終更新日:2016年7月14日