○修士課程で公認心理師試験の受験資格も取得可能

 新しく設置される心理臨床コースでは,臨床心理士試験の受験資格に加え,公認心理師試験の受験資格が取得できます。
 ただし,受験資格の取得には,一定の条件があります。

 
      公認心理士受験資格取得例.png

 

 

○グローバルな視点を持った教育人材の養成

 JICAの開発途上国教員研修全国1位の実績を誇る本学の強みを生かし,JICA等のプロジェクトを活用し,JICA研修員との交流や,学生の海外派遣などを通じて,国際感覚にあふれ,多様な価値観や文化を許容できる視野を持ったグローバルな教育人材を養成していきます。
 鳴教大では,年間を通して,JICA研修員との交流機会があります。

 

 

【修士課程について】
 近年家庭環境や地域社会は変容し,生徒指導や特別支援教育に関わる課題が大きくなるなど,子供や学校教育を取り巻く状況は複雑化・多様化しつづけています。こうした現代の様々な教育課題を解決・改善していくためには,専門的な見地で支援できる人材や,専門家としての資格を持って学校を支援できる人材が必要とされています。
 その一方でこうした変化の激しい社会の情勢の中においても日本型の教育システムに対する世界の開発途上国の関心はとても高く,日本型教育システムを深く理解し,開発途上国の教育力向上に貢献する国際教育協力の専門家もまた必要とされています。

 本学修士課程の人間教育専攻では,このような社会で求められている専門家としての資質や能力を高められるよう,三つのコースを開設しています。

 

 心理臨床コース

 心の教育・カウンセリング・心理療法・予防教育科学・発達支援科学等に関する専門的な知識と実践方法を学ぶことを通して,いじめ・不登校・非行などの問題に対応するとともに,社会の中での一人ひとりの個性豊かな人間的成長を支援する高度な実践的力量を有する公認心理師・臨床心理士及び心理臨床学の研究者を養成します。


 現代教育課題総合コース

  現代社会における様々な教育課題に対応するため,既存の学問的枠組みを超え,授業実践や学校教育だけにとらわれない,広い視野から現代の教育課題を総合的に探究することができる人材を育成し,遠隔教育を活用した学び続ける教員等の支援並びに教育分野での研究者を養成します。


 グローバル教育コース

 JICA等のプロジェクトを活用して,開発途上国において教育分野における国際協力活動に従事する専門家を養成します。
 また,海外からの児童生徒に対応するグローバルな視野を涵養し,「外国語としての日本語」を教授することができる日本語教師等を養成します。
 このような人材のほか,開発途上国の教員,教育行政職員を主要な対象に,日本型教育をモデルとした各教科等の指導方法並びに教員養成システムに関する実践的教育を行うことを通して,各国の教育リーダーを養成します。

 

2019鳴門教育大学修士課程図.jpg (各コースに設定された分野等については,こちらをクリック

 

 

【人材養成の目的】
 社会の中で一人ひとりの個性豊かな人間的成長を支援する高度な実践的力量を有する公認心理師・臨床心理士及び心理臨床学研究者や,現代社会における様々な教育課題に対して,既存の学問的枠組みを超え,授業実践や学校教育だけにとらわれることなく広い視野から探究することのできる人材及び,開発途上国の教育力向上に貢献する各国の教員や教育行政職員並びに国際教育協力の専門家を養成します。