教育課程(学部)

学校教育学部

区分内 容学校教育教員養成課程
幼児教育
専修
小学校
教育専修
中学校
教育専修
特別支援
教育専修
教養基礎科目 高等学校までの学習で獲得した知識,大学で習得する知識を関連づけ,統合して,現代社会の諸問題に主体的に向き合うことができるようにするための,学問横断的な科目を中心とした「現代社会の諸問題」領域と,心身の健康の獲得及び自己表現力とコミュニケーション能力の習得を目的とした「身体運動・表現コミュニケーション」領域の2領域において,授業科目を開設する。 20単位
以上
22単位
以上
22単位
以上
22単位
以上
教育実践コア科目 教科の成立と人間理解を通して,教師という職業について様々な側面から理解し,あるべき教師像を考える「教育実践基礎演習」と,学習指導要領を基盤とする教科内容の柱立ての理解,授業構成や指導方法,子ども理解など,教師として必要な実践的指導力を育成する「教科教育実践」で構成したもので,「教育実習」と 並ぶ教育実践のためのコアとなる科目として開設する。 6単位
以上
8単位
以上
8単位
以上
12単位
以上
教職共通科目 教職に関する専門科目で,学校教育の理論的・実践的分野に関わる科目を含み,特に子どもとのふれあいを重視するための授業科目として,実地教育を開設する。 65単位
以上
52単位
以上
46単位
以上
50単位
以上
専修専門科目 学生の専修・教育コースに応じて,それぞれの分野での指導能力を高め,自分の得意分野を確立し,教育実践・教育研究を進めていく能力と態度を培うための授業 科目を開設する。 33単位
以上
32単位
以上
38単位
以上
38単位
以上
卒業研究 教養基礎科目,教職共通科目及び専修専門科目などの学習を基に,学校教育の諸問題に対して,その状況を的確に把握・分析し,解決できる能力の育成を図るために,自らが課題を設定して研究を行う。 4単位 4単位 4単位 4単位
合計 128単位
以上
128単位
以上
128単位
以上
128単位
以上

 

備考

  1. 小学校教育専修の学生は,この表の教養基礎科目,教育実践コア科目,教職共通科目及び専修専門科目の各欄に規定するもののほか,10単位を修得しなければならない。
  2. 中学校教育専修の学生は,この表の教養基礎科目,教育実践コア科目,教職共通科目及び専修専門科目の各欄に規定するもののほか,10単位を修得しなければならない。ただし,技術科教育コースの学生は,教職共通科目欄について48単位以上修得し,その他の各欄に規定するもののほか,8単位を修得しなければならない。
  3. 特別支援教育専修の学生は,この表の教養基礎科目,教育実践コア科目,教職共通科目及び専修専門科目の各欄に規定するもののほか,2単位を修得しなければならない。
最終更新日:2014年04月01日

お問い合わせ

教務企画部教務企画課
学部教務係
電話:088-687-6093
ファクシミリ:088-687-6107