働きながら学ぶ

現職教員のためのプログラム

 教職大学院では,働きながら学ぶ現職教員のために,幼児教育コース,学校づくりマネジメントコース,生徒指導コース,学習指導力・ICT教育実践力開発コースの4コースにて,新プログラムとして「教職大学院遠隔教育プログラム」を開設しました。

 教職大学院遠隔教育プログラムでは,オンライン対話で多様な専門分野の大学教員と学修者同士がつながり,多様な「学びのコミュニティ」(学修・探究課題による自立的学修集団)を形成し,協働的学び合いを通して探究的学びを拡充・深化することができます。

  • 勤務地を離れず
    大学院で学べる
  • 多様なニーズに応じた
    個別指導体制
  • 教職修士(専門職)の
    学位を取得できる
  • 取得している1種免許状を
    専修免許状に上進できる※
    (特別支援学校教諭,栄養教諭を除く)

※詳しくは教務課にお問い合わせください

学び続ける教員として一歩先を進むために !

教職大学院遠隔教育プログラムのねらい

現職教員の働きながら学べる教育環境の最適化

 学校の構成メンバーとして,日々の教育活動をしながら学校や実践自体を俯瞰的・客観的に考察し,実践課題に即して,教育や学校に関する本質的・理論的理解に到達することをめざします(「理論と実践の融合・一体化」)

  • 働きながら学ぶ:子どもや学習内容・方法,学校や地域社会などの変化を肌感覚で実感することができる。
  • 探究心と自律的な学び:教育の課題や変化について,実践的・理論的意義・意味を探究し,教育の本質に迫る。

プログラムのねらい.jpg

教職大学院遠隔教育プログラムの特色

実践と理論を融合・一体化させる学修

即時・即応的に大学院の学びを連動させる!

  • 通常のカリキュラムをもとに,働きながら学べるようにカリキュラムや学修方法などを工夫したプログラムです。
  • 日常の実践や教育に対する課題意識に立脚して,解決策をタイムリーに実践・検証し,学校や教師,これからの教育の在り方,子どもの学習や成長など,学校教育について本質的に探究します。
  • スクーリングやオンラインゼミで,他県や異校種の学修者がクロスオーバーする協働的な学びも可能です。

実習免除審査制度について

  • 通常のカリキュラムでは,現場を離れて学校や実践を俯瞰的・客観的に省察し,学校や自身の課題について探究します。そして,2年次に実習という形で現任校に係る実践研究を行います。(理論と実践の往還)
  • 本学では,これまでの教職年数,教育実践歴や現在に実践している教育活動などをもとに,実習による実践的・理論的学修を充たしていると判定した場合,実習により修得する単位の全部又は一部を免除することができる制度を設けています。

コース・教員紹介

教育課程

現職教員のニーズを踏まえた教材開発,授業開発/分析,学校経営/学級経営など
現代の学校課題に対応する授業を開設しています。

授業科目のねらい

共通科目

  • 学校における教育課題に対応する力量の基礎となる基本的・共通的事項について,以下の領域にわたって修得します。
    第1領域 教育課程の編成・実施に関する領域
    第2領域 教科等の実践的な指導方法に関する領域
    第3領域 生徒指導,教育相談に関する領域
    第4領域 学級経営,学校経営に関する領域
    第5領域 学校教育と教員の在り方に関する領域

専門科目

  • 自らの課題意識,問題意識を基軸として,関連する分野の専門的な知識,理論,さらには実践研究方法論等を学び,実践改善,学校改善の可能性を探究します。

授業時間

授業時間の表

授業は,「オンデマンド型」と「リアルタイム型」のオンライン授業を組み合わせて実施します。

  • 勤務時間や終業時刻等に応じて,受講できます。
  • 授業者と受講生が協議し合意すれば,他曜日・時限でも受講できる場合があります。
  • オンデマンド型の授業は,時間割表や時限にとらわれず,都合に合わせて自由に受講できます。
  • リアルタイム型の授業は,6・7時限の時間帯に双方向のオンラインでの受講となります。

履修計画例

※働きながら学ぶ教員に配慮して,長期履修学生制度(3~5年)を適用しています。

  • 標準とする2年間での修業年限を3~5年に延長することにより,働きながらでも心理的・時間的に余裕をもって学ぶことができます。

3年履修の例(ボチボチ学習型)

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
6限目 授業 なし 授業 なし 授業
7限目 授業 なし なし なし 授業
  • 通常業務と履修のバランスを取りながら学修していきたい場合の履修計画例です。
  • 週に2~3日,1日に1~2コマを履修に当てます。
  • 半期に週当たり,2~3科目を履修します。
  • 一年度に6科目を履修することで,修了要件の約30%(12単位)を取得できます。
  • 授業の一部について夜間や休日,夏期休業中等に開講します。

5年履修の例(ゆったり学習型)

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
6限目 なし なし 授業 なし 授業
7限目 なし なし なし なし 授業
  • 通常業務を優先しながら,履修に余裕をもって学修していくことができる履修計画例です。
  • 週に1~2日,1日に1~2コマを履修に当てます。
  • 半期に週当たり,1~2科目を履修します。
  • 一年度に4科目を履修することで,修了要件の約20%(8単位)を取得できます。
  • 授業の一部について夜間や休日,夏期休業中等に開講します。

入学料・授業料

修業年限2年の場合

1年次2年次
入学料282,000円-282,000円
授業料535,800円535,800円1,071,600円
817,800円535,800円1,353,600円

修業年限5年の場合

1年次2年次3年次4年次5年次
入学料282,000円----282,000円
授業料214,320円214,320円214,320円214,320円214,320円1,071,600円
496,320円214,320円214,320円214,320円214,320円1,353,600円

1年分の授業料は,前期・後期に分けて,納入していただきます。
上記の入学料及び授業料の金額は,令和3年度実績です。
在学中に,授業料の改定が行われた場合には,改定時から新授業料が適用されます。
長期履修学生制度(修業年限3~5年)を適用した場合は,2年分の授業料を修業年限で割った額を納入いただきます。
現職教員が働きながら,無理なく長期的な計画を立てて,なおかつ経済的に学ぶことができる制度になっています。

入学者の声

  • 阪口 詩菜さん

    阪口 詩菜さん

    令和4年度入学生
    幼児教育コース
    兵庫県 私立認定こども園 教頭

    自分のペースで柔軟に学べます!

         

     昨年度,教頭職を命ぜられ,幼児教育や組織マネジメントについて深く学ぶ機会を探していました。勤務先の近くにも教職大学院があったのですが,勤務後の遅い時間に大学まで足を運んで学ぶことに不安があり,なかなか一歩を踏み出せずにいました。そんな時,鳴門教育大学に「教職大学院遠隔教育プログラム」があることを知り,働きながら遠隔教育システムを活用することで柔軟な学びができるというところに魅力を感じ,受験を決意しました。授業では,最新の教育課題について,理論と実践が融合された実践的な学びが提供されています。また,全国の学校(園)から集まった現職教員と,オンライン授業やスクーリングを通して情報交換や交流ができます。専攻・コースの先生方,授業の先生方もやさしく丁寧に指導をしてくださいます。また,遠隔プログラム専任のアドバイザーの先生が在籍しており,パソコンや各種ソフトの操作に困った時や,授業内容について質問がある時など,手厚いサポートを受けることもできます。オンラインが不慣れでも安心して学べ,自分の生活スタイルにあった学修ができるので,本当に入学してよかったと思っています。

    (2022年9月掲載)

  • 長島 真弓さん

    長島 真弓さん

    令和4年度入学生
    学校づくりマネジメントコース
    神奈川県 公立小学校 副校長

    学んだ知識を学校改善に繋げることができます!

        

     私は「教職大学院遠隔教育プログラム」を利用して,現職のまま大学院で学んでいます。教師としての本来の職務を続けながら,多岐にわたる最新の理論を学べるところが,このプログラムの最大の魅力です。そして,学んだ知識や方策を,校内の状況に合わせて,すぐに実践へと繋げることもできます。私は,「地域学校連携活動」を研究テーマにしていますが,勤務校の様々なミッションや課題について,ゼミの先生に相談し,アドバイスをいただきながら学校改善と研究に取り組んでいます。親身になって話を聞いてくださり,適切なご指導をいただける大学院の先生方には,感謝の気持ちでいっぱいです。対面での授業しか想像できなかった私ですが,コロナ禍の中で,所属校の児童達や自分の子どもが,オンラインで学んでいる姿を見て,私自身も十分に学ぶことができると確信し,プログラムの申請を決意しました。前期を終えての感想ですが,働きながら学ぶことは容易ではありません。どうしても時間が限られていますので,仕事上の急な対応や家庭での小さなトラブルが予定していた授業への参加を妨げることもあります。それでも,オンデマンドで授業を繰り返し視聴できることや,代替講義(課題)等,柔軟な体制のおかげで,無事に学修を続けることができています。全国の院生さんと意見交換や交流ができる機会も多く,「オンライン」でありながら,まるで「オフライン」の環境で学んでいるような感じがしています。

    (2022年9月掲載)

  • 大久保 光弘さん

    大久保 光弘さん

    令和4年度入学生
    生徒指導コース
    埼玉県 公立小学校 教諭

    教師の「プロフェッショナル」を目指したい

        

     先端技術と社会との高度な融合は,教育の世界でも大きな変革をもたらすと言われている「Society5.0」の時代をこれから迎えようとしています。子ども達はこの時代を生き抜くために必要な資質や能力を活用できることが必要と言われています。教師はそれに対応できる専門性を身に付けるために,学び続けていくことが必要だと考えていました。そこで出会ったのが,鳴門教育大学の「教職大学院遠隔教育プログラム」でした。本プログラムは,現職教員にとって働きながら学べる教育環境の最適化を実現したものです。日々教育活動をしながら,学校や実践自体を俯瞰的・客観的に考察し,実践課題に即して教育や学校に関する本質的・理論的理解に到達する「理論と実践の融合・一本化」ができるプログラムになっています。授業では,働きながら学修ができるように,音声付きのパワーポイントによる授業,双方向型のオンライン授業,オンデマンドによる動画配信,集中ゼミ,スクーリングなど様々な工夫が取り入られています。オンラインで繋がるので,他県や異校種の学修者ともクロスオーバーして協働的な学びもできます。大学院で確かな理論と様々な実践事例を修得し,教職の魅力と奥深さを探究し,教師の「プロフェッショナル」を目指していきたいと思います。

    (2022年9月掲載)

  • 粂谷 健一郎さん

    粂谷 健一郎さん

    令和4年度入学生
    学習指導力・ICT教育実践力開発コース
    大阪府 公立高等学校 教諭

    学びの深化を目指して

        

     公立学校で7年間,「生徒の学びを深める」ことを一番の使命だと考え,国語の授業実践をしてきました。そこで出会った生徒たちは,今も日本のどこかで活躍しているのだとの思いを馳せながら,1年目より2年目,2年目より3年目という思いで,より良い授業実践を模索していました。しかし,より良い授業とは何か,果たして生徒の学びを深めることができているのかと自問自答することもありました。そのような中で,現在の勤務校での実践を深めたいと考え,鳴門教育大学の「教職大学院遠隔教育プログラム」での学びを選びました。大学院では,「理論と実践の融合・一体化」をキーワードにして学修に取り組んでいます。勤務校での教育活動を理論と照らし合わせ,理論から学んだことを勤務校に還元することが自分の使命であると考えています。日々の勤務校での多忙感もあり,日常に埋没してしまうこともありますが,勤務を終えた後,日本全国で活躍している他教科・他校種の先生方と学び合うことが,新たな学びを更に促してくれています。また,教授陣から様々な知見を取り入れ,多面的・多角的な視野で教育を考えることができます。現在の勤務校を離れることなく大学院で学ぶことは,学んだ理論を即座に実践に移すことができるという大きな利点があります。「生徒の学びを深める」ために,一教師として自らも学びを深めていく大学院生活はかけがえのない時間です。出会うはずのなかった全国から集まった仲間達(先生方),そして理論と実践を兼ね備えた教授陣との学びを,自己研鑽へと繋げていきたいと思います。

    (2022年9月掲載)

教職大学院遠隔教育プログラムについてのお問い合わせは
こちらで受付しております。
鳴門教育大学 教務課 大学院教務係
TEL:088-687-6692
E-mail: daigakuin@naruto-u.ac.jp