研究生について

研究生

本学において特定の専門事項について研究することを志願する方に,大学の教育に支障のない場合に限り,選考の上,入学を許可する制度です。

入学の時期

原則として
前期:4月1日
後期:10月1日

入学資格

学校教育学部研究生

  1. 短期大学又は高等専門学校を卒業した者
  2. 大学に2年以上在籍し62単位以上を修得した者
  3. 外国において学校教育における14年の課程を修了した者
  4. その他前各号に掲げる者と同等以上の学力がある者として文部科学大臣が別に定める者

大学院学校教育研究科研究生

  1. 大学を卒業した者
  2. 学校教育法第104条第4項の規定により学士の学位を授与された者
  3. 外国において,学校教育における16年の課程を修了した者
  4. 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者
  5. 我が国において,外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって,文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者
  6. 外国の大学その他の外国の学校(その教育研究活動等の総合的な状況について,当該外国の政府又は関係機関の認証を受けた者による評価を受けたもの又はこれに準ずるものとして文部科学大臣が別に指定するものに限る。)において,修業年限が3年以上である課程を修了すること(当該外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該課程を修了すること及び当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であつて前号の指定を受けたものにおいて課程を修了することを含む。)により,学士の学位に相当する学位を授与された者
  7. 専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以降に修了した者
  8. 文部科学大臣の指定した者
  9. 本学の大学院において,個別の入学資格審査により,大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で,22歳に達した者

研究期間等

  1. 研究期間は,入学を許可された年度内とする。
  2. 引き続き研究を希望する者は,通算2年の範囲内で許可を得て研究期間を延長することができる。
  3. 指導教員及び授業担当教員の承認を得て,当該研究に関連のある授業科目を聴講することができる。
  4. 上記の聴講することができる授業科目は,学校教育学部研究生は学部の授業科目,大学院学校教育研究科研究生は学部又は大学院の授業科目とする。

出願期間

前期:2月10日~3月10日17時15分まで (ただし,土日祝日を除く)
後期:8月1日~8月31日17時15分まで (ただし,土日祝日を除く)

なお,大学院の研究生で個別の入学資格審査が必要な者については,審査の都合上,それぞれ締切の10日前までに出願してください。

※研究生(外国人留学生)の出願時期については,こちらをご参照ください。

出願に必要な書類

  1. 研究生入学願書(指導教員の認印が必要)
  2. 最終出身学校の卒業(修了)証明書
  3. 健康診断書
  4. 勤務先を有する者は,入学の同意書
  5. その他本学が必要と認める書類

  ※ 現職教育のため任命権者の命により派遣される者については,2及び4までの書類に代えて,

   任命権者の推薦書を提出してください。

費用

検定料   9,800円
入学料  84,600円
授業料 173,400円(半期)

※費用の改定が行われた場合は,改定後の費用が適用されます。
※現職教育のため,任命権者の命により派遣される者については,上記費用は徴収しません。

 

※ その他詳細については,下記までお問い合わせください。

検定料・入学料・授業料納付に関すること
     財務課出納係(088-687-6060)
上記以外のこと
     教務企画課学部教務係(088-687-6093) 大学院教務係(088-687-6097)
 
 
最終更新日:2016年12月14日