鳴門教育大学の求める学生像(アドミッション・ポリシー)

 鳴門教育大学は,21世紀に生きる人間として豊かな教養を培い,地球的視野に立って総合的に判断できる力量の形成に努めるとともに,教育者として子どもに対する愛情と教育に対する使命感を醸成し,教育に関する専門的知識を深め,教育実践力を身につけることによって,専門職としての教員を育成することを目指しています。
  この目的に沿って本学では,次のような学生を求めます。

○新時代を築くにふさわしい卓越した洞察力と豊かな個性・行動力を持った有能な学生

教員を目指すのに十分な基礎的学力を身につけ,高等学校等における教科・科目を幅広く学習し,入学後の修学に必要な知識を有する学生

 

幼児教育専修

  現代社会の乳幼児や保護者・保育者が抱える現実的かつ具体的な問題状況,教育問題に対するおう盛な好奇心を有する者の入学を期待します。特に,学習によって得られた知識を体系化する論理的構築力と表現力を実践の場で創造的に活用しようとする意欲あふれる学生を求めます。

小学校教育専修

  子どもと心を交流させ,熱意と使命感をもって教育に取り組むことができるとともに,幅広い基礎学力とおう盛な問題意識を有し,小学校教員として十分な教育実践力を身につけようとする意欲あふれる学生を求めます。

中学校教育専修

  子どもと心を交流させ,熱意と使命感をもって教育に取り組むことができるとともに,おう盛な知的探究心と志望する教科の基礎学力を有し,中学校教員となる者にとって欠かすことのできない教育実践力を身につけようとする意欲あふれる学生を求めます。

特別支援教育専修

  現代の学校教育の現場では,障害や発達上の問題をかかえている多くの子どもたちが学んでいます。教員としてこうした子どもたちを支援することに深い関心を示し,愛情をもって積極的にかかわろうとする意欲あふれる学生を求めます。

 本学は,上記のような学生を求めるため,一般入試(前期日程及び後期日程)と推薦入試(Ⅰ型及びⅡ型)により,各専修・コースごとに入学者の選抜を行います。
  一般入試(前期日程及び後期日程)と推薦入試(Ⅰ型及びⅡ型)の入学者選抜においては,以下のような具体的な評価方法によって本学の学生にふさわしいかどうかを判定します。

一般入試(前期日程)では,大学入試センター試験及び個別学力検査等の成績,調査書の内容等を総合して,入学者を

選抜します。

一般入試(後期日程)では,大学入試センター試験及び面接の成績,調査書の内容等を総合して,入学者を選抜します。

推薦入試Ⅰ型では,出身学校長の推薦に基づき,大学入試センター試験及び個別学力検査を免除し,推薦書,自己推薦

書,自分をアピールできる客観的資料(該当するものがある場合)及び調査書の内容,面接,実技検査の成績等を総合

して,入学者を選抜します。

推薦入試Ⅱ型では,出身学校長の推薦に基づき,個別学力検査を免除し,大学入試センター試験の成績,推薦書及び

調査書の内容,面接,小論文又は実技検査の成績等を総合して,入学者を選抜します。