附属図書館

  附属図書館学内の別サイトへリンクは,教科書,指導書,教育関係資料ほか約35万冊の資料を所蔵している。利用者の教育・研究環境を充実させるため,平日は21時まで開館しており,土曜日,日曜日,祝日(学生休業期間中を除く)も開館し,一般市民にも広く開放している。
  図書館ウェブページでは,蔵書検索(OPAC), CiNii,PsycINFO,医中誌Webや約9,000タイトルに上る電子ジャーナルを提供している。
  教育関係資料では,国語・教育学分野を中心とした図書(約2万5千冊)を集めた「野地潤家文庫」(野地元学長寄贈)及び著名な教育実践家であった大村はま氏寄贈の学習記録,文献等(約1万冊)を集めた「大村はま文庫」があり,学内外の研究者の利用に供している。

 ラーニング・コモンズ室は,アクティブ・ラーニング(能動的学修)などの新しい学びや,より実際に近い形で授業等が行えるスペースである。小学校の教室を再現した模擬授業エリアは,電子黒板やデジタル教科書を備えており,教員採用試験対策や模擬授業等に利用されている。
  大学図書館では珍しい児童図書室学内の別サイトへリンクは,学生・子ども・市民の交流の場として広く地域に開かれ,学生ボランティア等による子育て支援活動が行われている。学生にとっては実地教育を通じた学びの場となっている。この活動によって平成24年に全国学校図書館協議会より「学校図書館賞奨励賞」を受賞した。これは大学図書館で初の受賞である。

 

最終更新日:2017年5月10日

お問い合わせ

教務企画部教務企画課附属図書館事務室学術情報サービス係
電話:088-687-6156
ファクシミリ:088-687-6171