鳴門教育大学(学士課程)ディプロマ・ポリシー

 鳴門教育大学は,「教育は国の基である」という理念のもと,学校教育学部において,「教員として必要な基礎的な資質や能力を養うとともに,広い視野に立って教育活動を行い,地域の教育課題に応え,教育の改善に役立つことのできる教員の養成を行う。」ことを目的としています。

 この目標を達成するために,修学の成果の評価と認定に係る基準として学士課程における学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)を次のように定めます。

 学生は,本学の教育課程において,所定の単位を修得し,以下に示す教員として必要とされる資質・能力の基礎を身につけていると判定されることが求められます。

 

(1)教育者としての人間性

    使命感・倫理観・教育的愛情・探究心・教養からなる,教職の基盤となる人間性を有している。

 

(2)協働力

    対人関係能力・協調性・社会性を有し,教員としての職務を自覚し,多様な価値観が競合する社会集団の中で,リーダーシップを発揮しながら良好な人間関係を築くためのコミュニケーションを遂行できる。

 

(3)子ども支援力・指導力

    公正な判断力と態度を基盤にした個人指導力・集団指導力を有し,子どもの実態を把握した円滑な支援・指導ができる。

 

(4)保育・授業実践力

    深遠な学問的知識や探究方法の理解に基づき,教科・領域内容の理解力と,保育・授業の構想・展開・評価の能力を有し,適切な学習計画・指導・評価を実践できる。

 

(5)省察力

    変化する社会状況の中で,自己の教育実践を絶えず反省・評価し,改善していくことができる。

 

 

お問い合わせ

教務企画部教務企画課学部教務係
電話:088-687-6093
ファクシミリ:088-687-6107