小学校教育専修家庭科教育コース

生活・健康系コース(家庭)のオリジナルページへ

学校教育のなかで指導的な力を発揮することができる家庭科教員を養成

子どもを主体的・自律的な生活者として育成するためには,その基盤である「家庭生活」を、衣・食・住・家庭経営などの幅広い観点から総合的に捉える能力が必要です。小学校の家庭科は,家庭生活を教育の立場から対象化し,その本質や役割を考えつつ,知識・技能の習得を通して,そこに生起する諸問題を発見・改善していくことができる実践的な態度の育成をめざしています。

本コースは,これらの課題に応えるために,学校教育のなかで指導的な力を発揮することができる家庭科教員の養成を目的としており,専門諸科学の先進的な研究成果に基づいた独創的な講義・実験・演習にその特徴があります。

 

 

教員紹介(平成29年4月1日現在)

氏名職名専門分野
金 貞均
教授
住居学
黒川 衣代
教授
家庭経営学
西川 和孝
教授
食物学
福井 典代
教授
被服学
坂本 有芳
准教授
生活経営学,消費者教育
速水 多佳子
准教授
家庭科教育学

 

お問い合わせ

経営企画部企画課企画広報係
電話:088-687-6012