学校経営

教育の目的

児童生徒一人ひとりの特性や発達段階に即し、その可能性を最大限に伸ばすとともに、主体的に社会参加するなかで、他者を大切にしながら、健康で豊かな生活を送ることができるような児童生徒の育成をめざす。

教育の目的

各学部の教育目標

小学部

  1. 豊かな心、じょうぶな身体を育てる。
  2. 基本的な生活習慣を身につける。
  3. 興味関心を広げ、自ら取り組む態度を育てる。
  4. 人とかかわる基礎的な力を育て、集団での活動に参加できる態度を養う。

中学部

  1. こころとからだの調和のとれた人間力を育てる。
  2. 自他共に大切にできる態度を養う。
  3. 生活に生かすことのできる知識や技術の向上を図る。
  4. 個々の「参加」の質を高めて,生活を豊かにする態度を育てる。

高等部

  1. 心理的な安定を図るとともに、働くための健康な身体と青年期の豊かな心情を育てる。
  2. 主体的に働く意欲や態度、集中力を養う。
  3. 将来の社会生活に必要な言語・数量に関する基礎的学力および生活技能を養う。
  4. 人とかかわる中で社会性を身につけ、自ら生活を楽しむことができる力を養う。

令和3年度の重点目標

  1. 学習指導要領改訂の趣旨を踏まえた教育課程の編成,実施及び研究を推進し,児童生徒の障がい特性や発達の状態を考慮した指導の個別化,学習の個性化により適切な指導と必要な支援を充実し,主体的・自立的な児童生徒の育成に努める。
  2. 学校HP,一斉メール,文書,対話等を通して情報を共有し,学校・家庭・地域や関係諸機関等との連携を深め,切れ目のない支援を充実させるとともに,キャリア教育等の充実を図るなど社会に開かれた教育課程の実現に向けて取り組む。
  3. 特別支援教育のセンター的機能を地域のニーズに即して実践的に発揮し,教育相談や研修等の機会及び内容を充実させ,地域や徳島県における特別支援教育への貢献度を高める。
  4. 危機管理マニュアルの見直しや教室等学校施設の点検整備の推進,充実を図り,家庭や地域,関係機関等と連携した安全・安心な教育環境を整備するとともに,児童生徒が様々な変化に向き合い,複雑な状況変化の中で他者と協働して課題を解決したり,目的を再構築したりしようとする態度を育てる。