長期履修学生制度(学校教員養成プログラム)とは

学校教員養成プログラムとは?

学校教員養成プログラムとは,長期履修学生制度を活用し,大学院に3年間在学し,教員免許状と修士の学位を取得できるプログラムです。
言い換えれば,本学大学院学校教育研究科(修士課程)の入学志願者の中で,新たに教員免許状を取得し,学校教員(幼稚園教諭,小学校教諭,中学校教諭)の職に就きたいという熱くて強い志をもつ人たちへ,その道を開くプログラムです。
3年間大学院に在学し,学部及び大学院(修士課程)の授業科目を同時に履修することにより,教育実践力のある学校教員としての資質を磨き,かつ,教職に関する高度で専門的な知識を修得することを目指します。

 

プログラムの特徴は?

3年間で学部及び大学院(修士課程)の授業科目を同時に履修して教員免許を取得

1年次で学部の教員免許関連科目を履修し,2年次からは主に大学院修士課程の科目を履修します。出身大学で教職科目を取得していない学生でも3年間の在籍で教員免許と修士の学位を取得し「専修免許状」を得られる,欲張った履修を可能にしています。

 

「長期履修学生支援センター」によるきめ細かい修学支援

長期履修学生支援センターでは,「長期履修学生支援講座」,「長期履修学生支援演習」,「教育実習」,「履修指導」等の学生支援を行っています。

 

教育実践力を身につける体系的な教育実習を実施

1年次に「ふれあい実習」,2年次に「観察実習」と「主免教育実習」を実施し,教員となるために不可欠な実践力の養成に力を注いでいます。

 

経済的な授業料

授業料は,学費2年分を3年間で分割納入していただくことになります。

 

プログラムに申し込むには?

プログラム受講申請手続き

大学院出願手続書類と併せて「学校教員養成プログラム受講申請書」を提出します。
なお,臨床心理士養成コースへの出願者は,このプログラムを受講することはできません。

 

選抜試験と選考

大学院の入学者選抜試験(筆記・口述)と学校教員養成プログラム受講可否の選考(面接)の2つを受けることになります なお,本プログラムの面接は,大学院の口述試験と併せて行いますが,口述試験の評価に影響しません。

 

選考結果の発表

大学院入学者選抜試験の合格発表とともに,学校教員養成プログラム受講の適否を発表します。プログラム受講不可の場合でも入学者選抜試験に合格していれば通常の2年間のコースに入学することは可能です。

 

注意事項

  • 1年次は原則として免許に係る学部授業科目を履修します(履修登録の上限は,前期・後期それぞれ26単位まで,1年間で52単位まで)。
  • 2年次,3年次は学部授業科目と大学院開設科目を履修します(学部授業科目の履修登録の上限は,1年間で26単位まで)。
  • 取得できる教員免許は,原則として出願時に提出した「学校教員養成プログラム受講申請書」に○を付した校種の免許1種類とします。なお,授業履修計画に余裕がある場合には,他の免許に係る授業を履修することは可能とします。ただし,教育実習は1つしか認められません。
  • 特別支援学校教諭免許状については,特別支援教育専攻に入学した学生に限ることとします。
  • 昼夜開講制では受講できません。
  • 受講の可否に関する問い合わせにはお答えできません。

 

教員になる(パンフレット).pdf(803KBytes)

お問い合わせ

教務企画部教務企画課教職・長期履修支援係
電話:088-687-6692