お知らせ

当領域を紹介する

  NEW Website が完成しました!

   

    Website 2nd pages  は こちら


        

領域の魅力・Q&A
 〜心理・教育科学領域の魅力をご紹介します!〜
    詳しくはこちら


・なぜ、一から学校の先生を
 目指す
のによいの?      

・なぜ、留学生にとってよいの?

・なせ、学校の先生にとって、
 学びの場
としてよいの?


本領域の教員が「不登校の解決方法」など       詳しくはこちら  
 発達上の問題について、オンライン講演をします。
 どなたでも参加できます。

・11月7日(土)14〜16時
・オンライン(Zoom)にて
・参加費 無料



学外特別選抜試験(オンライン入試)ならびに    詳しくはこちら
 中期選抜試験が始まります。              (募集要項)

・出願期間:10月21日(水)〜29日(木) (必着)           こちら
・試験日 :学外特別選抜(オンライン)11月21日(土)      (学外選抜の変更点)
      中期選抜試験       11月28日(土)
・合格発表:12月11日(金)


大学ならびに大学院における「公認心理師養成」の  詳しくはこちら
 グランドデザインを論文として公表しました。


「予防教育科学センター」を見学しませんか      詳しくはこちら
  未来型の教育実践しています                              


◆季節ごよみと活動の道のり                                              詳しくはこちら 


・10月5日 
後期授業が始まりました/スタッフ・大学院生

・8月12日 
修士課程の前期授業が終了しました/スタッフ・大学院生 

・6月22日 
対面での授業が始まりました/スタッフ・大学院生 

5月18日 
オンラインでの授業が始まりました/スタッフ・大学院生 

5月16日 
心理・教育科学領域「中間発表会」をオンラインで行いました/スタッフ・大学院生 
2年生が研究の進捗状況を発表し、全員で質疑応答を行いました。新入生にとっても先輩の研究を知る良い機会になりました。

5月1日
新入生を対象としたオリエンテーションを開催しました/スタッフ・大学院生

・3月2日 
日本発達心理学会第31回大会で発表しました(不参加発表)/大学院生
ポスター発表
・教師の存在が児童の共感と向社会的行動に及ぼす影響

・2月7日 
心理・教育科学領域合同ゼミ・最終全体発表会を開催しました/スタッフ・大学院生

・2月4, 5日 
予防教育模擬授業発表会を実施しました/大学院生

12月
International Academic Conference on Social Sciencesで発表しました/スタッフ
Poster Session

・Effectiveness of a School-Based Universal Prevention Program for Enhancing Autonomous Self-Esteem: Utilizing a Tablet PC Version of the Implicit Association Test as an Assessment Tool.

・Development of School-Based Prevention Programs for Health and Adjustment: Considering Easy Implementation and High Attractiveness for Teachers and Children.

・10月31日
徳島県内の小学校で実施された予防教育の授業を参観しました/スタッフ・大学院生

・10月28日
予防教育コーディネーター認定プログラムの効果評価発表会を行いました/大学院生

・9月末日
教育実習生の評価授業を参観しました/教員・大学院生

・9月14-16日
日本教育心理学会第61回総会で発表しました/スタッフ

自主企画シンポジウム
・ここまできた!「学校予防教育」進化の全貌
 ー子どもたちが待ち焦がれ、教師への負担ニアゼロの教育ー

ポスター発表
・学校予防教育「TOP SELF」の最新第3世代の特徴
 ー教員の実施負担を軽減した新しい予防教育の授業スタイルについてー

・児童の他律的セルフ・エスティームとストレスの関連
 ー全体およびコンピテンス領域別の他律的セルフ・エスティームに着目した横断的検討ー

・本当の自己肯定感を育成する学校予防教育の実践
 ー徳島県藍住町での実践ー

・9月11-13日
日本心理学会第63回大会で発表しました/スタッフ

公募シンポジウム
・パーソナリティ研究の迷い道―何を,どう測り,どう役立てるのか?―

ポスター発表
・仮想ストレス状況下におけるインプリシットとエクスプリシット感情の変動が情動焦点型コーピングに与える影響の予備的研究

・児童用の自律的ならびに他律的セルフ・エスティーム潜在連合テストの開発
 ータブレットPCを用いた自律的および他律的SEの同時測定

・児童の他律的セルフ・エスティームとストレスの関連
 ー全体およびコンピテンス領域別の他律的セルフ・エスティームに着目した短期予測的研究ー

・9月6日
パナソニック株式会社のみなさまが、予防教育科学センターを視察されました。

・8月8日
徳島県教育委員会主催「予防教育研修会」を開催しました/スタッフ・大学院生

・7月31日
三菱UFJ銀行のみなさまが、予防教育科学センターを視察されました。

・7月27日
心理・教育科学領域恒例 夏期BBQ大会を開催しました/スタッフ・大学院生

・5月16日  
心理・教育科学領域「特別教員採用試験対策セミナー」(2019年度)が始まりました/大学院生・スタッフ

5月11日 
心理・教育科学領域「全体セミナー」と「新入生歓迎会」を行いました/スタッフ・大学院生 
全員の研究と教育活動を共有し、新入生と在学生の親睦を深める良い機会になりました。

・4月4日 
新入生を対象としたオリエンテーションを開催しました/スタッフ・大学院生

・3月17日 
日本発達心理学会第30回大会で発表しました/大学院生
ポスター発表
・大学生におけるマインドワンダリングの生起が潜在的感情の変化と創造性に及ぼす影響

・3月 
予防教育公開模擬授業を実施しました/大学院生

12月
International Academic Conference on Social Sciencesで発表しました/スタッフ
Poster Session
・Effectiveness of a school-based universal prevention program for enhancing autonomous self-esteem at elementary schools: Utilizing a newly developed implicit association test and questionnaire.

・Effects of implicit and explicit affect and emotion-focused coping on depression: Utilizing a short-term longitudinal design. 


教育心理学会 公開シンポジウムへ参加しました/山崎先生

本物の自尊心を育むために (12月2日 東京大学)

話題提供:本当の「自己肯定感」とは?:測定から教育まで抜本的に見直す

https://www.edupsych.jp/open-symposium2018/



・11
徳島少年鑑別所で予防教育に関する職員研修を行いました/内田先生

・9月
日本
心理学会第82回大会で発表しました/スタッフ
公募シンポジウム
・心理学は因果関係を究明できるのか?
 -心理的測定と介入に潜む難題と解決への糸口-

小講演
・「自尊感情」神話への問い
 -非意識レベルで行う適応的なSEの測定と教育による変化の検討-

ポスター発表
・日本語版Emotional Approach Coping Scales(状況版)の作成


日本教育心理学会第60回総会で発表しました/スタッフ・大学院生
自主企画シンポジウム
・「セルフ・エスティーム(SE)」研究の抜本的再考(4)
 ローゼンバーグ尺度ならびに常態化するSE教育からの脱却

ポスター発表
・タブレット版の児童用セルフ・エスティーム(SE)潜在連合テストの開発
 ー適応的なSEをクラス集団で測定するための予備的研究ー

・児童用のコンピテンス領域別の他律的セルフ・エスティーム尺度の開発
 ー尺度の信頼性と妥当性の検討ー

・児童における他者のポジティブ感情への共感性と主観的幸福感の関連

© Field of Psychology and Educational Science, Naruto University of Education. All Rights Reserved.