スタッフ紹介

金 貞均 センター所長

 kim

 長期履修学生支援センターは、長期履修学生のみなさんの「教員になる」という夢の実現にむけて、全面的にサポートするところです。当センターは、講座や演習、行事を企画して行っています。また、センターには、教職関連の多くの書籍や資料が揃っています。そして何よりも、教員として現場の経験が豊富なベテランのアドバイザーの先生方が常駐しています。センターやアドバイザーの先生方と積極的に関わり、センターを大いに活用して下さい。そして、3年間という在籍期間を終える時に、「夢は叶った」と胸を張ることができますように!皆さんのチャレンジと実行に期待しています。

 

 

 

速水 多佳子 教授 

hayami

 私の高等学校教員の経験を生かして、学校現場ではどのような教員が求められていて、どのような資質が必要であるか等について、みなさんに伝えて行きたいと思っています。3年間の学生生活が、より豊かに充実したものとなるよう、お手伝いをします。

 

 

 

五寳 友哉 長期履修学生支援チーフアドバイザー

goho

 中学校の管理職(校長・教頭)として14年、教育委員会等で9年勤めてまいりました。
こうした経験をふまえて、長期履修学生のみなさんの「教員になる」という夢の実現にむけて、全面的にサポートしていきたいと思います。どうぞ気軽にセンターまでお越しください。 

 

 

 

池渕 隆義 長期履修学生支援アドバイザー

ikebuchi

 平成30年3月、鳴門中学校校長を最後に退職をいたしました。これまで、鳴門市内を中心に、中学校教員として取り組んできましたが、鳴門市教育委員会3年、徳島県教育委員会5年の経験もあります。これらの経験を生かし、教職を目指すみなさんの担任代わりとして、みなさんの成長に関わることができることを楽しみにしています。

 

 

 

岡本 弘子 長期履修学生支援アドバイザー

hokamoto.jpg

 平成31年3月、37年間の教員生活をとじました。徳島市教育研究所での勤務を含み、多くの年数を小学校教諭、管理職として子供たちの教育に携わってまいりました。本学大学院で学ぶ機会を得た2年間も大きな宝となりました。未来を担う子供たちを育てるというすばらしい夢をもつ皆様の役に立てるよう精一杯努力したいと思います。

 

 

 

小倉 信之 長期履修学生支援アドバイザー

nogura.jpg

 平成最後の年に公立小学校での勤務を終え,支援アドバイザーの仲間入りをさせていただきました。これまで小学校だけでなく,「山川少年自然の家」と「徳島県子ども科学館」という社会教育施設でも勤務をしましたが,その経験は学校教育を多面的にとらえる良いきっかけにもなりました。これからの学校教育を担う学生のみなさんに,これまでの経験が少しでもお役に立てばと思います。

 

 

 

杉本 千恵 長期履修学生支援アドバイザー

sugimoto

 様々な企業勤務や公立中学校教諭・管理職を経験し、退職。アドバイザー2年目です。教師をめざす皆さんの指導力や人間力の育成・増進を、少しでも支援できればと願っています。いつでも気軽に相談してください。 

 

 

 

中妻 克裕 長期履修学生支援アドバイザー

nakatsuma

 昭和・平成・令和の3つの時代にわたり,主に鳴門市内の小学校に教諭・教頭・校長として勤務しました。その間,時代や社会の移り変わりに伴い,子どもたちを取り巻く生活や教育環境も変わりました。そのような教員時代の経験が,教職をめざす皆さんのお役に立てばと思っています。

 

お問い合わせ

教務部教務課大学院教務係
電話:088-687-6692