中学校教育専修音楽科教育コース

専門的知識と技能を兼ね備え、授業を通して生徒の生きる力を伸ばせる音楽科教員をめざす

 中学校教育専修・音楽科教育コースでは、小学校および中学校と高等学校の音楽科教員免許に加えて、履修する単位によっては幼稚園や他の教科の中学校免許を取得できます。


 入学後は専門分野である声楽、器楽、音楽理論、ソルフェージュ、作曲、指揮、音楽科教育などを学びながら音楽への理解を深めるとともに、教材研究や模擬授業などを通して音楽科教員としての資質の向上をめざします。


 3年次生になると声楽、器楽、指揮および音楽科教育の各分野から専攻を決めて、指導教員の下でより高度な研究を行い、卒業研究を論文あるいは公開演奏のいずれかで発表します。以上は小学校教育専修と同様ですが、中学校教育専修の場合は、音楽科教員としての専門性を高めるために、音楽の各分野の授業を履修することで、さらに深く学びます。

 

 

教員紹介(令和4年4月1日現在)      

氏名 職名 専門分野
森 正
教授
ピアノ
頃安 利秀 特命教授 声楽 詳細データ
山根 秀憲 特命教授 管楽器 詳細データ
鉄口 真理子
准教授
音楽科教育,教育実践学,身体表現
山田 啓明
准教授
指揮

 

お問い合わせ

教務部入試課広報係
電話:088-687-6460