本学では,アフリカ,大洋州,アジア,中南米などの地域・各国の教育関係者を対象とした国際協力機構(JICA)の研修の受け入れや短期専門家としての現地業務,日本語教育の指導者育成,多様な言語文化的知識と能力を持った英語教師の養成,大学間協定に基づく研究・教育交流などを通して,これまで教師教育分野で多様な国際教育協力・国際交流の経験を蓄積してきました。グローバル教育コースでは,これらの経験をフルに活用し,文化的多様性への対応と日本文化の発信力に優れ,主体性をもって教育課題に取り組むことができる人材の育成を目指しています。さらに教育系大学大学院の持つリソースを利用し,教育現場に限らずあらゆる人材育成の場で基礎となるスキルを育成する大学院教育を推進していきます。「世界から学び,世界とともに考え,世界で教える人材」を育成することが我々の理想です。

国際教育協力分野

国際協力機構(JICA)の技術協力プロジェクトの計画・実施・モニタリング・評価の技法に関する演習,実例研究,国際的な動向の分析などを行い,専門家やボランティアとして国際教育協力に参画する人材の育成を目指します。また,語学実習や現地演習などを通して,国際教育協力に必要な実践的指導力と調整力を身につけた人材の育成を目指します。

日本語教育・日本文化分野

日本語および日本文化の特質,それらの教授・学習の方法,カリキュラム開発などを研究し,外国語あるいは第二言語としての日本語教育を担う人材の育成を目指します。特に日本文化を深く理解し,日本語を通じて世界に伝えることができる修了生を輩出します。

英語コミュニケ-ション・異文化理解分野

英語を表現媒体とするコミュニケーション, 言語学, 文化, 文学, ライティングおよびプレゼンテーションを研究と実践の両面から学ぶことを通して,多様な文化を理解し, コミュニケーションを図る英語力を供えた人材の育成を目指します。

国際理数科教育分野

数学および理科の諸分野に関する専門性を深めるとともに,数学教育および理科教育について教科内容,教育理論,教育実践の3方向から総合的に指導します。学ぶことを通して,特に国際教育協力の場において,専門性を発揮して活躍できる人材の育成を目指します。

グローバル教育コースで学ぶメリットとしては主に以下のことが挙げられます。

  1. 教員免許が取得可能です。(小中高の1種・2種免許,専修免許)
  2. 「日本語教師養成プログラム修了証明書」が取得可能です。
    日本語教育・日本文化分野の学生はもちろん,それ以外の分野の学生でも,「日本語教師養成プログラム」所定の単位をすべて取得すると,修了時に「日本語教師養成プログラム修了証明書」を取得することができます。
  3. 修士号(修士(教育学))が修得できます。
  4. 海外での研究調査・ボランティア活動などに自由に参加できます。
  5. 留学生や海外経験の豊富な教員・学生と切磋琢磨できます。
  6. 日本語・英語だけでなくフランス語・スペイン語・アラビア語など多言語に対応した研究調査・活動ができます。
  7. 大学で年間に6回ほど実施されるJICA短期研修や様々なプロジェクトの活動に参加することで,海外の教員と交流する機会を持てます。
  8. 海外の日本語教育機関で日本語を教えるチャンスがあります。
    「日本語教師養成プログラム」の必修授業である「日本語教育実習」では,国内外の日本語教育機関で日本語を教える機会がえられます。先輩の中には,タイやキルギスといった外国の学校(大学,高校,中学校,小学校)で日本語の授業を行った人も多数います。
  9. 授業料免除・日本学生支援機構の奨学金などを受けられる可能性があります。
川村幹さん
kawamura1.png
私は日本の公立保育園で5年間勤務した後、青年海外協力隊としてエチオピアの幼稚園で活動しました。活動の中で日本の教育や、国際教育協力について興味を持ったのが、大学院に進学した動機です。グローバル教育コースでは、留学生と過ごす時間もあり日常の中で国際交流を楽しむことができます。もちろん、その中で英語力を磨くこともできます。交流の中から海外のことを知ったり、改めて日本を見つめたりし、大学院の勉強だけでなく様々なことを学ぶきっかけがあります。協力隊の経験を軸に、学内の活動や海外でのフィールドワークを通し、実際の現場から教育課題に触れることができるのも魅力です。
シーナ・スコーさん
sheena1.png
I am so passionate and honoured to be able to extend my roles as an educator through research and higher knowledge offered here at the Naruto University of Education in collaboration with Japan International Cooperation Agency (JICA). I am learning so much already and I’m anticipating with excitement what is to come as my sensei Hiroki Ishizaka guides me on this learning journey. Jamaica kara kimashita. I seek to investigate the implications of Inquiry-Based Learning (IBL) instruction on Mathematics and to gather an understanding of how Japan utilizes IBL instruction in their educational system. My aim is to adopt this model for the Jamaican education system in order to optimize learning and improve the poor performance that we currently see in Mathematics. I am falling in love with Japan already and I am so eager to experience this beautiful place and make lifelong memories and great friendship. Arigato gozaimasu!
フランシスコ・ラモスさん
francisco1.jpeg
I feel really grateful with the opportunity that JICA has given me to study in the Naruto University of Education. I want to do my best and learn as much as I can. I would like to help my country, El Salvador, by using all the knowledges and capabilities that I can develop during the master. The improvement of the mathematic learning of Salvadoran students and support the mathematic education policies from the Ministry of Education of El Salvador are my aims. I hope I can contribute, at least a little, in the improvement of education for our Salvadoran students, and invest what JICA and this University valuably provide me in my professional and academic training.
渡辺楓さん
みなさん,こんにちは!私は大学学部時代,カンボジアでのボランティアをきっかけに開発途上国での教育について関心を寄せ,学部の卒業論文では「開発教育の現状と課題」について執筆しました。様々な開発途上国での諸課題を研究していくにつれ,女子の就学率の低さに特に関心を持ち,研究を深めたい,世界の子供たちが平等に教育を受けられる世の中にできるような人材になりたいと強く思うようになり,国際教育コースへの進学を希望しました。入学後は,留学生や個性豊かな多くの仲間と共に国際協力や国際教育について学んでいます。修了後は,国際理解や開発教育について教えることのできる教員になりたいと思っています。この素晴らしい環境で,共に国際教育について考えてみませんか。
商延梅さん
shou1.png
小さい頃からずっと教師という職業にあこがれてきました。大学時代は日本語専攻でした。卒業したあと、教師の夢がどうしても捨てられなくて、鳴門教育大学大学院の日本語教育・日本文化分野へ進学することを決めました。日本語教育関係の授業だけではなく、実習活動もとても充実しています。また、留学生のための日本語補講が毎週あって、教育現場を見たい時に、先生に許可を得て、見せてもらうこともできます。ベテランの先生の授業を見学することができるのは、私にとって、とてもありがたいです。親切な先生方のおかげで、日本語教育についての知識が得られ、心温まる日々を送っています。将来日本語教育に携わりたい人、鳴門教育大学大学院で私たちと一緒に勉強しませんか。
野口慎太朗さん
noguchi1.png
私は大学で国語教育を専攻し、主に国語教育学について学んできましたが、日本語学のゼミだったこともあり、学校の先生ではなく日本語教師の道に進むことを決意し、鳴門教育大学大学院に進学しました。入学してすぐは、国語教育と日本語教育の違いに戸惑うことも多かったですが、日本語教育学研究や言語習得・発達論などさまざまな授業を受けることで第2言語として日本語を学習する外国人に教えることの面白さと難しさを実感してきました。鳴門教育大学大学院の良いところは留学生と同じ学科で一緒に勉強や研究ができるところにあると思います。より実践的な場で、どのように話せばうまく伝わるかなどを考え、試行錯誤していくことで、授業以外での様々な場面で新たな学びを得ることができます。
楊蓓蓓さん(2015年3月修了:空港グランドスタッフ)
beibei1.png
皆さん、私は2015年に国際教育コースから修士課程を修了した留学生の楊蓓蓓です。今は旅客運送係員として北京のANAで働いています。私が在籍した時、国、職業、年齢の様々な方々が集まっていたのは国際教育コースでした。この様な「多様性」があるコースで2年間勉強したお陰で、異文化コミュニケーションへの理解もできるようになりました。今の仕事では、様々な旅客と出逢い、まさに異文化コミュニケーションをとっている毎日です。興味がある方は是非このコースでいい思い出を作り、将来の職場で活躍して下さい。
山田智英さん(2018年3月修了:国際協力機構(JICA)企画調査員)
yamada1.png
大学院卒業後、JICAミクロネシア支所で企画調査員として、主にボランティア業務を担当しながら働いています。大学院で学んだ国際教育協力の知識を活かして、教育分野の新規要請開拓を行ったり、活動中のボランティアに現地教員対象の研究授業会やワークショップのアドバイスをしたりしています。現在は教育分野だけでなく、様々な分野のボランティアも担当しながら、JICAでの仕事の仕方を学んでいます。将来的には、教育協力分野のJICA専門家としてプロジェクトに携わることを目指しています。
ヘレン・ワミンギさん(2019年3月修了:教員養成校教員)
I am privileged and honored to be a recipient of the JICA scholarship to be in Naruto University of Education from the country Papua New Guinea. The university has a world class education and research facilities with very supportive professors and tutors. I am willing to make to golden and a life time opportunity to learn the unique Japan history, culture and education that will help me to improve the so called many problems my country is facing in terms of education particularly in the teacher training section of the ministry of education.
板垣暁歩さん(2020年3月修了:国際協力機構(JICA)草の根技術協力・プロジェクトリーダー)
itagaki.jpg

私は、青年海外協力隊としてサモアで活動し、帰国後は日本の高校で教員として勤務しましたが、再び国際協力の分野で挑戦したいと思い、鳴門教育大学大学院への入学を決めました。グローバル教育コースは、授業で国際協力の専門的知識を学ぶだけでなく、実際に途上国に足を運び、先生方の専門家としての仕事を間近で見ることで、実践的に学べることが最大の魅力です。入学前は不安があった語学力も、日々の授業や留学生たちとの生活を通して大きく向上させることができました。修了後は、教育の専門家としての第一歩を踏み出し、様々な国の教育の発展に貢献できるような専門家を目指します。

加美梓さん(2019年3月修了:小学校教員)
「日本語教育について学びたい!」と思い始めたのは、学部時代でした。留学生に日本語を教えたことがきっかけです。その中で、自分の母語である日本語を上手く教えることが出来ないという場面に何度も遭遇し、とても悔しい思いをしていました。それと同時に、日本語教育について興味を持ち始め、専門的に学びたいと考えるようになり、大学院への進学を決めました。大学院へ進学してからは、日本語教育に関する授業を履修しながら、徳島県の外国人児童生徒の日本語サポーターとして活動したり、鳴門に住む外国人に日本語を教えるサークルに所属したり、キルギス共和国での日本語教育実習に参加したりして、学部時代に経験したことや大学院の授業で学んだことを生かすべく、日々努力しています。鳴門教育大学大学院には、魅力ある先生方による充実した授業はもちろんのこと、日本語教育に関する活動機会が数多くあります。日本語教育について学びたいと考えている人にとっては、この上なく魅力的な場所ではないでしょうか。

日本語教育・日本文化分野

  • 私は外国人ですが,日本語教育・日本文化分野を受験することができますか。
  • はい,日本語能力試験N1に合格しているなど,出願のための資格をすべて満たしていれば,外国人の方でも日本語教育・日本文化分野を受験することができます。
  • 私はグローバル教育コースの他の分野(たとえば国際教育協力分野)に所属したいのですが,それでも「日本語教師養成プログラム修了証明書」を取得することができますか。
  • はい,「日本語教師養成プログラム」所定の単位をすべて取得すれば,他分野の方でも「日本語教師養成プログラム修了証明書」を取得することができます。(ただし,必修授業の中には,「留学生の場合は,日本語能力試験N1に合格していること」という履修条件を設けているものがあるので,留学生が「日本語教師養成プログラム修了証明書」を取得するためには,日本語能力試験N1に合格している必要があります。)

日本語教育・日本文化分野以外の分野

  • 授業はすべて英語で行われますか?
  • 留学生の人数によりますが,英語だけでなく日本語で行われる授業もあります。英語にあまり自信がない方でも授業を通じて能力強化ができるようになっていますので心配ありません。他言語での研究・活動ももちろん可能ですし,英語に自信のある方でもそのレベルに合わせた授業・活動に参加できるようになっています。

すべての分野共通

  • 海外に行く機会が多いですか?
  • 学生の希望と教員の持つフィールドとの間で調整することになりますので,あくまでも学生の主体性によって場所や期間が決まってきます。また,JICAの短期ボランティア派遣制度など,学内の海外派遣制度により旅費が支給される可能性もあります。また,「日本語教育実習」を履修すれば,海外で日本語を教える機会もあります。
  • 免許は複数取得できますか?
  • はい,できます。数多くの授業を履修する必要があるので大変ですが,可能です。コースに所属する学生の多くが複数の免許の取得を目指しています。また,免許の専修化も可能です。
  • 「モザンビークにおける教育観」
  • 「ザンビア農村部の理科授業に関する研究」
  • 「Students’ attitude toward gender equality at secondary school level in Rwanda」
  • 「カメルーンと日本の健康教育の比較」
  • 「ボリビアの初等算数教育におけるドリルの導入及び活用」
  • 「外国人児童生徒の母語保持とアイデンティティの確立」
  • 「国際理解教育の再考」
  • 「中学生のいじめ問題に対する学校の対処と役割の日中比較」
  • 「中国における高等教育の改革と発展」
  • 「日本語の授受補助動詞の習得に関する研究」
  • 「日本語学習者によるテキストチャットと口頭発話の談話比較」
  • 「Racism and the Price of Assimilation in John Okada's No-No Boy」
  • 「Double Vision in The Great Gatsby: From Nick Carraway’s Narrative Point of View」
  • 「All I Asking for Is My Body and Nisei Acculturation」

お問い合わせ

グローバル教育コース
電話:088-687-6429