芸術系コース(音楽)は、音楽科教育学、演奏表現の2分野に分かれています。学生は志望する分野の中で、各自が課題とするテーマをより深く追求できるようになっています。指導教員は研究テーマの内容に応じて決定します。

音楽科教育学

学校教育における音楽科教育の多様な諸問題を明らかにし、それらを解決するための理論的・実践的研究を行い、その成果を修士論文としてまとめ発表します。

演奏表現

演奏実践に関わる多様なテクニック上の諸問題を明らかにし、演奏実践や作品解釈などを通してその 解決のための研究を行い、その成果を公開による修了 演奏として発表し、併せてその演奏に関する解説 書を提出します。また、修了演奏に代えて研究の成果を修士論文としてまとめ発表することもできます。 演奏表現分野には、声楽、ピアノ、管楽器、指揮の教員がいます。それ以外の専門(弦楽器、打楽器、 作曲、邦楽等)に関して研究を行いたい場合は、上記のいずれかの教員のゼミで研究を進めることにな ります。

※本学には3年間で教員免許を取得できる、長期履修学生制度(学校教員養成プログラム)があります。詳しくは、長期履修学生支援センターのページをご覧下さい。

開設授業科目

以下の科目は分野にかかわらず履修することができます。その他の履修科目の詳細は本学大学院ガイドブック等をご覧下さい。

  • 音楽教育史研究
  • 音楽科教育研究
  • 音楽科授業研究
  • 音楽科授業演習
  • 声楽発声法
  • 歌唱表現演習
  • 声楽アンサンブル
  • ピアノ演奏基礎演習
  • ピアノ演奏法
  • 学校教材ピアノ伴奏法
  • 管弦打楽器演奏基礎
  • 管弦打楽器総合演習
  • 室内楽(器楽)
  • 指揮法基礎演習
  • ソルフェージュ研究
  • 教育実践フィールド研究
  • 課題研究Ⅰ・Ⅱ

 

入学者選抜方法

(詳しくは本学トップページから訪問者別メニュー「大学院入学希望の皆さまへ」をご覧下さい。)

 

現職の小学校、中学校,高等学校教員や,教職経験のある方は、口述試験のみとなります。出願時に「教育実践記録」を提出して下さい。

教職経験のない方については、口述試験に加えて志望分野別に試験を行ないます。

 

音楽科教育学
 音楽科教育学に関する小論文を課します。

演奏表現
 声楽,ピアノ,管楽器などにより、任意の曲を演奏します。(器楽の場合、反復は省略) なお,伴奏が必要な場合は伴奏者の同伴も可能です。

 

 

修了生からのメッセージ

河野 真紀
平成27年度芸術系コース(音楽)修了
徳島県小学校教諭
河野 真紀 さん

「音楽についてもっと学びたい。」と思っている教職員のみなさん! 音楽コースでは、各分野の専門の先生方に、実践に生かせる新しい知識や技術を教えていただくことができます。教師と生徒、両方の立場で講義を受けることによって気づくことは多く、今までの実践を見つめ直す貴重な機会になると思います。

また、様々な経歴、目的をもった人たちとの出会いがあり、一緒に学んだり、演奏したりできるのも大きな魅力です。音楽コースで一緒に学んでみませんか?