大好きな音楽を通して子どもたちとふれあいたい、中学校の音楽科教員を目指したい。現職だけど、実技を磨きなおしたい、今までの教育実践を振り返りたい。そんな仲間達が一緒に学んでいます。

学部の音楽科教育コース、そして大学院修士課程の芸術系コース(音楽)は、静かな環境にある少人数制の教員養成と教師教育の場です。実地教育(教育実習)や大学院の教育実践フィールド研究など、教育における実践力を磨く授業はもちろん、その実践力を支える理論を学ぶ音楽科教育学をはじめ、声楽、器楽、ピアノや指揮など、演奏を通して音楽をより深く探究する授業やゼミも充実しています。

お知らせ

コース長からのメッセージ

H28森コース長.jpg
教授
 森 正(ピアノ)

芸術系コース(音楽)のホームページへようこそ !!!

芸術系コース(音楽)は、皆さんが得意とする音楽という領域において高度な専門的知識・技術・能力等を身につけ、教員として学ばなければならない一般的、並びに専門的な教養や知識を修得し、小・中・高等学校等の教員として将来にわたって学び続けることができるように、高度な理論的・実践的能力を持った教員の育成を目指しています。

芸術系コース(音楽)では、将来、小・中・高等学校等の教員になろうと考えている皆さんの立場に立って、少人数によるきめ細やかな授業が行われています。そして音楽が社会や教育に果たせる役割は何なのかという視点をもって、コースの全教員が協力し、互いに連携をとりながら実践的な授業を進めていきます。また教員採用試験に向けた充実した実技指導や論作文指導も行われています。

芸術系コース(音楽)には、教員と学生との間に音楽を通した生き生きとした人間関係があり、コース全体がひとつのハーモニーの中にあります。卒業・修了演奏試験のほかに、年2回の『学内演奏会』、また学生による自発的な演奏会である『音楽の芽』等を通して、音楽の素晴らしさを分かち合う喜びが溢れています。

あなたが、音楽が大好きで、将来学校教員として子どもたちに音楽を教えたい、また音楽と関わりを持った仕事に就きたいと考えておられるなら、是非、鳴門教育大学芸術系コース(音楽)を訪ねてみてください。私たちはいつでもあなたを大歓迎します。

(平成28年度コース長 森 正)