鳴門教育大学
 
スタッフ紹介 −生活・健康系コース(保健体育)
乾 信之
INUI
Nobuyuki
教授    人間の運動の制御と学習を実験的に研究し(動作タイミング,力の微調整,ボディーシェーマ),マクロな動作の枠組み作りを目指している。さらに体育の教授ー学習過程を知覚ー運動スキル学習論から検討している。
梅野 圭史
UMENO
Keiji
教授    体育授業に対する学習者の愛好的態度の変容に視点をあて,すぐれた体育授業の創造に関する実践理論の構築とともに,反省的実践者の育成に向けた教師教育論展開を志向している。
 また,身体教育としての体育学の本質的性格についても考究している。
木原 資裕
KIHARA
Motohiro
教授    スポーツは複雑な社会現象として,現代の生活に様々な影響を与えている。
 その実態を明らかにしつつ,日本独特の伝統的運動文化である武道の現代的意義を究明することを目指している。
田中 弘之
TANAKA
Hiroyuki
教授  安全で効果的な運動処方の究明を目的とし,主として持久的運動時の血液・尿生化学成分の消長,水中運動時の心機能評価,脳血流に及ぼす運動負荷強度の影響などを研究課題とし,体力医学・運動生理学領域からの解析について模索している。
藤田 雅文
FUJITA
Masafumi
教授 学校の体育経営(運動部活動,体育的行事など),地域のスポーツ経営(小学生の組織的スポーツ活動など)における現代的諸課題の解明と改善の方策,器械運動を主な対象とした学習成果の高い体育授業のあり方について継続的に研究している。
松井 敦典
MATSUI
Atsunori
教授  身体運動しくみを明らかにし、運動技術を物理的な指標で記述することにより、安全で効率的な学習方法の確立や学習環境の整備をめざす。画像や各種センサーによる力学量の測定を基にする各種スポーツ動作の技術分析や指導法の開発。学校水泳・水泳教育の内容とその歴史的変遷。人々が身につけるべき安全水泳能力について。
綿引 勝美
WATAHIKI
Katsumi
教授   主にドイツ語圏のトレーニング科学の哲学的原理的な問題を研究している。
南 隆尚
MINAMI
Takahisa
准教授  水泳・野外運動を専門とする。水泳では,水球競技のスポーツ傷害やトレーニング,競技力評価,スカウティング等の研究を行う。
 野外運動においては,スキーやウォーターフロントスポ-ツの指導法,プログラム開発と野外教育の効果と実践について研究を進めている。
湯口 雅史
YUGUCHI
Masafumi
准教授

 小学校体育で行うスポーツ・運動の教材・教具,子どもの見取り,評価等,社会構成主義の視点から探求している。

 
生活・健康系コース(保健体育)に関するご質問等はこちらへ
Copyright(c)2009 Naruto University of Education:Course of Health and Living Sciences Education(Health and Physical). All rights reserved.