教員情報データベース

TOP 検索結果
氏名 松井 敦典
写真
氏名(ふりがな) まつい あつのり
ローマ字表記 MATSUI Atsunori
職名 教授
所属教育部 芸術・健康系教育部
所属コース 生活・健康系コース(保健体育)
所属センター 教職キャリア支援センター
TEL 088-687-6520
FAX 088-687-6028
E-mail matsui@naruto-u.ac.jp
個人サイトURL http://spbio.naruto-u.ac.jp/
学位 昭和60年3月 体育学修士(筑波大学)()
学位論文題目 水球のボールハンドリングにおける力学的研究(修士論文)(修士論文)
経歴 東京成徳短期大学付属高等学校講師
筑波大学体育センター文部技官(準研究員)
鳴門教育大学学校教育学部助手
鳴門教育大学学校教育学部助教授
鳴門教育大学学校教育学部准教授
現在の研究分野(キーワード) スポーツ・バイオメカニクス,水泳教育
現在の研究分野(概要) 身体運動しくみを明らかにし、運動技術を物理的な指標で記述することにより、安全で効率的な学習方法の確立や学習環境の整備をめざす。VTR画像や各種センサーによる力学量の測定を基にする各種スポーツ動作の技術分析・指導法の開発。コンピュータやネットワークを用いた各種スポーツ情報システムの設計と実用化。
主要担当授業科目 (学部) 運動方法Ⅵ
(学部) 教職実践演習(幼・小・中・高)
(学部) バイオメカニクス
(学部) 初等中等教科教育実践Ⅲ
(大学院) スポーツ・バイオメカニクス研究
(大学院) スポーツ・バイオメカニクス演習 
所属学会 日本体育学会、日本バイオメカニクス学会、日本体力医学会、日本水泳・水中運動学会、日本体育科教育学会、日本武道学会、International Society of Biomechanics
学会及び社会における主な活動 徳島県 徳島育ち競技力向上推進委員会委員(平成21年〜現在)
徳島県教育委員会 競技力向上スポーツ指定校ステップアップ事業指定校選考委員会委員長(平成22年〜現在)
徳島県教育委員会 競技力向上スポーツ指定校ステップアップ事業評価委員会委員(平成22年〜現在)
徳島県体育協会スポーツ科学委員(平成7年〜現在)
徳島県体育協会競技力向上委員(平成21年〜現在)
鳴門市スポーツ推進審議会会長(平成25年〜現在)
京都市立養徳小学校プール事故第三者調査委員会委員(平成25年〜平成26年)
徳島県水泳連盟理事(平成3年〜平成4年)、常務理事(平成5年〜現在)
徳島県水泳連盟科学委員会委員長(平成20年〜現在)
学術関係の受賞状況
1992 , バイオメカニクス学会奨励賞
2010, 体育功労者表彰(徳島県体育協会)
2014、有功章受賞(日本水泳連盟)
主要研究業績 体育・スポーツ指導者のためのスポーツ便覧, 「ルール(水泳)」pp.158-167, 「記録(水泳)」pp.444-477, 共著・分担(編著・編集を含む), 共栄出版, 1986

水泳の指導, p.21-25「生きるための泳ぎの技術」、p.66-70「水中での浮き沈みとボディーポジション」、p.124-133「背泳ぎ」、p.162-169「横泳ぎ」、p.170-175「立ち泳ぎ」、編集幹事, 共著・分担(編著・編集を含む), 杏林書院, 1990

スイミングクラブ指導教本, 「水泳運動論」pp.39-50, 共著・分担(編著・編集を含む), 日本スイミングクラブ協会, 1991

中学校体育実践指導全集(第5巻 水泳), 全8章のうち第2章、p.43-71「クロール」, 共著・分担(編著・編集を含む), 日本教育図書センター, 1992

ウォーキング研究II, ウォーキングの生活化をめざして -瀬戸内倉敷ツーデーマーチから、中央構造線踏査行まで-」, 共著・分担(編著・編集を含む), 不昧堂出版, 1997

くらしの中の健康運動, 「水泳」pp.41-46, 共著・分担(編著・編集を含む), 大学教育出版, 2000

新版 くらしの中の健康運動, 「水泳」pp.42-47, 共著・分担(編著・編集を含む), 大学教育出版, 2004
スクールサイエンス, 学校水泳研究会の活動について, 単著, 346,45-50, 2004

近代日本の学校教育における水泳の取り扱いの歴史と変遷 第10回学校水泳研究会, 発表, 国内学会(地区ブロック), 鳴門教育大学 , 2010

WCDP Program and Proceedings, World Conference on Drowning Prevention 2011, History of Swimming Education at School in Japan which Influenced Japanese Swimming Ability, 共著, 230., 2011
WCDP Program and Proceedings, World Conference on Drowning Prevention 2011, Real and Perceived Swimming Ability, Perceptions of Drowning Risk among Japanese University Students, 共著, 212., 2011
安心・安全につながる水泳学習の考え方とその動向 〜WCDP2011(国際溺水防止学会)参加報告 第11回学校水泳研究会, 発表, 国内学会(地区ブロック), 鳴門教育大学 , 2011

応用物理教育, アクアリウムを用いた潮流発電の可能性を学ぶ実験教材の開発 : 鳴門海峡の自然環境を活かした総合的研究, 共著, 37(1),pp.5-10, 2013
学習指導要領にみる学校水泳の内容の変遷 第13回学校水泳研究会, 連名, 国内学会(地区ブロック), 鳴門教育大学 , 2013
「かなづちバイバイ/サバイバル水泳術」実践報告 小学校各学年で活用できる安全水泳のためのドリル 第13回学校水泳研究会, 発表, 国内学会(地区ブロック), 鳴門教育大学 , 2013

IPEIC2014 Keynote Speaker's Paper, Ministry of Tourism & Sports Institute of Physical Education, Thailand., Application of the scientific support to the sports competition using the normal video equipment and PC, 単著, 56-60., 2014
日本水泳・水中運動学会 2014年次大会 論文集, 水泳教育における着衣泳の普及と取り扱いの展望, 共著, 46-49, 2014 プロシーディング
日本水泳・水中運動学会 2014年次大会論文集, 水泳指導の系統性・順序性と水泳水中安全文化, 共著, 50-53., 2014
国際武道大学研究紀要, 学校水泳教育の位置づけに関する実態調査と将来展望, 共著, 29, 63-70, 2014
事故事例に学ぶ 水泳指導の安全管理と事故対応 第14回学校水泳研究会, 発表, 国内学会(地区ブロック), 鳴門教育大学 , 2014
学校水泳に潜在するリスクとその管理 安全水泳コンセプト導入の提案 日本体育学会第64回大会, 発表, 国内学会(全国), 岩手大学, 2014
水泳水中運動の系統性, 順序性を考える 有用性と目的の観点から 日本体育学会第64回大会, 連名, 国内学会(全国), 岩手大学, 2014
The Point of view of Physical Education, Sport Science, Health and Recreation in the future of each countries 4th Institute of Physical Education International Conference 2014, シンポジウム・招待講演, 国際学会, The Twin Towers Hotel, Bangkok, 2014
Application of the scientific support to the sports competition using the normal video equipment and PC IPEIC2014 : 4th Institute of Physical Education International Conference, シンポジウム・招待講演, 国際学会, The Twin Towers Hotel, Bangkok, Thailand., 2014
松井敦典 : 水泳教育における着衣泳の普及と取り扱いの展望 2014年日本水泳・水中運動学会年次大会, 発表, 国内学会(全国), 愛知学院大学日進キャンパス(1日目)・名城公園キャンパス(2日目), 2014 論文集松井分
合屋十四秋 :水泳指導の系統性・順序性と水中安全文化 2014年日本水泳・水中運動学会年次大会, 連名, 国内学会(全国), 愛知学院大学日進キャンパス(1日目)・名城公園キャンパス(2日目), 2014

教科内容学に基づく小学校教科専門科目テキスト 体育, 「5水泳系」pp29-44, 共著・分担(編著・編集を含む), 徳島県教育印刷, 2015
体育科教育, 学校水泳に潜在するリスクと「安全水泳」導入の提案, 単著, 63(6)  pp.18-21., 2015
学校水泳における着衣泳の普及と取り扱いの展望 第15回学校水泳研究会, 発表, 国内学会(地区ブロック), 鳴門教育大学 , 2015
学校水泳に潜在するリスクとWater Safetyをめざした水泳指導の提案 第15回学校水泳研究会, 発表, 国内学会(地区ブロック), 鳴門教育大学 , 2015

健康・スポーツ科学における 運動処方としての水泳・水中運動, 第8章 安全な水泳・水中運動のために 2.ウォーター・セーフティー・リテラシー, 共著・分担(編著・編集を含む), 杏林書院, 2016
水泳水中運動科学, 日本の水泳教育における着衣泳の普及と取り扱いに関する論考, 共著, 19(1), 6-15, 2016 水泳水中運動科学19(1)松井
体育科教育, 安全水泳の観点から「飛込み」を問い直す, 単著, 64(7)、20-23., 2016

体育科教育, 「安全確保につながる運動」の授業を構想する, 単著, 65(8),24-27., 2017
過去5年間の研究業績 応用物理教育, アクアリウムを用いた潮流発電の可能性を学ぶ実験教材の開発 : 鳴門海峡の自然環境を活かした総合的研究, 共著, 37(1),pp.5-10, 2013
鳴門教育大学学校教育研究紀要, 水泳未熟練者のスキル獲得過程 〜200m個人メドレー完泳を事例として〜, 共著, 27, 13-22., 2013
「かなづちバイバイ/サバイバル水泳術」実践報告 小学校各学年で活用できる安全水泳のためのドリル 第13回学校水泳研究会, 発表, 教育関連研修会, 鳴門教育大学, 2013
学習指導要領にみる学校水泳の内容の変遷 第13回学校水泳研究会, 連名, 教育関連研修会, 鳴門教育大学, 2013
学習指導要領にみる学校水泳の内容の変遷 第13回学校水泳研究会, 連名, 国内学会(地区ブロック), 鳴門教育大学 , 2013
「かなづちバイバイ/サバイバル水泳術」実践報告 小学校各学年で活用できる安全水泳のためのドリル 第13回学校水泳研究会, 発表, 国内学会(地区ブロック), 鳴門教育大学 , 2013
雪上実習における友人間でのコミュニケーションの多面的な検討 日本野外教育学会第16回大会, 連名, 国内学会(全国), 京都教育大学, 2013
鳴門海峡プロジェクト:鳴門公園教材化計画 日本環境教育学会, 連名, 国内学会(全国), びわこ成蹊スポーツ大学(滋賀県), 2013
水球国際試合における男女選手の泳距離・泳速度 日本水泳・水中運動学会2013年次大会, 連名, 国内学会(全国), 早稲田大学所沢キャンパス(所沢市), 2013

IPEIC2014 Keynote Speaker's Paper, Ministry of Tourism & Sports Institute of Physical Education, Thailand., Application of the scientific support to the sports competition using the normal video equipment and PC, 単著, 56-60., 2014
日本水泳・水中運動学会 2014年次大会 論文集, 水泳教育における着衣泳の普及と取り扱いの展望, 共著, 46-49, 2014 プロシーディング
日本水泳・水中運動学会 2014年次大会論文集, 水泳指導の系統性・順序性と水泳水中安全文化, 共著, 50-53., 2014
国際武道大学研究紀要, 学校水泳教育の位置づけに関する実態調査と将来展望, 共著, 29, 63-70, 2014
事故事例に学ぶ 水泳指導の安全管理と事故対応 第14回学校水泳研究会, 発表, 国内学会(地区ブロック), 鳴門教育大学 , 2014
学校水泳に潜在するリスクとその管理 安全水泳コンセプト導入の提案 日本体育学会第64回大会, 発表, 国内学会(全国), 岩手大学, 2014
水泳水中運動の系統性, 順序性を考える 有用性と目的の観点から 日本体育学会第64回大会, 連名, 国内学会(全国), 岩手大学, 2014
The Point of view of Physical Education, Sport Science, Health and Recreation in the future of each countries 4th Institute of Physical Education International Conference 2014, シンポジウム・招待講演, 国際学会, The Twin Towers Hotel, Bangkok, 2014
Application of the scientific support to the sports competition using the normal video equipment and PC IPEIC2014 : 4th Institute of Physical Education International Conference, シンポジウム・招待講演, 国際学会, The Twin Towers Hotel, Bangkok, Thailand., 2014
松井敦典 : 水泳教育における着衣泳の普及と取り扱いの展望 2014年日本水泳・水中運動学会年次大会, 発表, 国内学会(全国), 愛知学院大学日進キャンパス(1日目)・名城公園キャンパス(2日目), 2014 論文集松井分
合屋十四秋 :水泳指導の系統性・順序性と水中安全文化 2014年日本水泳・水中運動学会年次大会, 連名, 国内学会(全国), 愛知学院大学日進キャンパス(1日目)・名城公園キャンパス(2日目), 2014

教科内容学に基づく小学校教科専門科目テキスト 体育, 「5水泳系」pp29-44, 共著・分担(編著・編集を含む), 徳島県教育印刷, 2015
体育科教育, 学校水泳に潜在するリスクと「安全水泳」導入の提案, 単著, 63(6)  pp.18-21., 2015
学校水泳における着衣泳の普及と取り扱いの展望 第15回学校水泳研究会, 発表, 国内学会(地区ブロック), 鳴門教育大学 , 2015
学校水泳に潜在するリスクとWater Safetyをめざした水泳指導の提案 第15回学校水泳研究会, 発表, 国内学会(地区ブロック), 鳴門教育大学 , 2015

健康・スポーツ科学における 運動処方としての水泳・水中運動, 第8章 安全な水泳・水中運動のために 2.ウォーター・セーフティー・リテラシー, 共著・分担(編著・編集を含む), 杏林書院, 2016
水泳水中運動科学, 日本の水泳教育における着衣泳の普及と取り扱いに関する論考, 共著, 19(1), 6-15, 2016 水泳水中運動科学19(1)松井
体育科教育, 安全水泳の観点から「飛込み」を問い直す, 単著, 64(7)、20-23., 2016

体育科教育, 「安全確保につながる運動」の授業を構想する, 単著, 65(8),24-27., 2017