(全学生対象(新入生含む))【重要・必読】新型コロナウイルス感染症に対応した学生の修学上の取扱について(第3報)

2020年7月9日

 徳島県における新型コロナウイルス感染症については,5月14日付で緊急事態宣言が解除され,本学においても対面授業が6月22日から実施されるようになりました。しかしながら,完全な収束とはいかず,再び,関東地方で増加傾向にあり,徳島県においても,感染源が特定できない初めてのケースがこの度発生しました。

 このように身近な場所で発生し,危機感もあろうかと思いますが,学生のみなさんは,以下の内容に沿って,これまでと同様に,慎重に行動するよう心がけてください。

 

2020年6月22日からの対面授業実施に伴い下記のとおり学生の修学等の取扱いを変更しましたのでお知らせします。

 

1.時間割について

 対面授業開始後の時間割については,昼休みの「3密」を防ぐため,6月22日より午後の時間割を以下のとおり変更しています。この時間を各自でうまく活用して感染予防に努めてください。

3限目:13時20分~14時50分
4限目:15時00分~16時30分
5限目:16時40分~18時10分

 

2.体調管理について

 外出の際や授業時のマスク着用(手作りマスク可),咳エチケット,石けんによる手洗い,アルコールによる手指消毒などの一般的な感染症対策を行うとともに,十分な睡眠をとる等の健康管理を心がけてください。

 また,毎日の検温を行い,記録してください。

 

3.以下に該当する場合は,「登校停止」とし大学への登校を禁止します。

(1)発熱,咳,喉の痛み等の風邪症状がある者

 ※原則として倦怠感が少なければ自宅療養ですが(但し,寮生は実家療養を考慮の上,学生課への相談要),体調不良であれば,かかりつけ医や滞在地域の帰国者・接触者相談センターに電話相談してください。

(2)新型コロナウイルスに感染していると診断された者

(3)新型コロナウイルス感染者と濃厚接触があった者

(濃厚接触者とは,保健所から特定された者:原則として14日間の自宅待機)

新型コロナウィルスに感染又は感染が疑われる場合は,徳島又は滞在地域の保健所に電話相談し,相談結果について,大学の心身健康センター及び学生課にメールにて連絡することとしています。

<帰国者・接触者相談センター等に相談いただく目安>

☆ 息苦しさ(呼吸困難),強いだるさ(倦怠感),高熱等の強い症状のいずれかがある場合

☆ 重症化しやすい方(※)で,発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

(※)高齢者,糖尿病,心不全,呼吸器疾患(COPD 等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方,免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

☆ 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

(症状が4日以上続く場合は必ず相談ください。症状には個人差がありますので,強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

 

4.新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)の活用について

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止に資するよう,厚生労働省が開発を進めてきた「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA:COVID-19 Contact Confirming Application)」が6月19日にリリースされました。本アプリは,利用者本人の同意を前提に,スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して,お互いにわからないよう,新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について,通知を受けることができるアプリとなります。  

 本アプリを利用することにより,感染防止の効果が高くなることが期待されていますので,ご利用等検討してください。(詳細は,以下のURL(厚生労働省HP)参照) 

URL:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

 

登校停止又は自宅待機により欠席した授業等への取扱について

(1)登校停止等により欠席した授業等については,学生の不利益にならないよう,レポート・追 試験等の代替措置を講じるなど適切な配慮を行います。

 登校を再開した際は,授業担当教員へ「新型コロナウイルス感染予防による欠席」である旨の連絡をし,代替措置等の指示を受けてください。

(2)新型コロナウイルス感染症対策に伴う臨時休校等により,保護者として子の養育を行うため,やむを得ず授業等を欠席する学生については,教務課に事前に欠席の連絡をした場合は,上記(1)と同様に取り扱うこととします。

 

6.就職活動に参加した学生の授業等の取扱について

 就職活動により,県内外を往来した場合,各自で十分に健康観察に留意した上であれば,授業を受けて差し支えありません。

 なお,就職支援室においては,クラスターによる感染拡大を防ぐため,県内外を問わず,就職活動終了後,7日間が経過するまでは就職支援室への入室や就職支援行事への参加を禁止しています。ただし,その間は電話及びメールでの対応を行っていますので,お問い合わせください。

 

座席の配置について

 座席の配置については,座席番号のある席に着席し,着席した講義室名,座席番号を指定の様式(別紙参照)に記載すること。様式についてはweb上に掲載するが、自宅等で印刷できない学生については、教務課窓口で配布します。

 別紙:座席番号記録表.pdf(56KB)

 また,授業終了後は,各講義室に配置してある消毒液で各自の机等の清掃を行ってください。

 

遠隔授業(オンライン授業)の受講について

 引き続き,遠隔授業(オンライン授業)を実施する授業科目については,時間割に記載している講義室で受講することを可とします。

 

新型コロナウイルスの影響により日本に入国できない学生等への取扱について

 新型コロナウイルスの影響により,現在も対面授業の開始日までに入国できていない学生については,遠隔授業(オンライン授業)の実施やない場合は,上記(1)と同様,学生の不利益にならないよう,レポート・追試験等の代替措置を講じるなど適切な配慮を行います。

 なお,大学では,現在海外渡航(外国との往来)を禁止しています。日本に入国できず外国に滞在する学生は,大学の指示及び許可があるまで待機してください。

 

10外国からの帰国者について

 外国から帰国した学生は,速やかに学生課に電話あるいは,メールで報告してください。

 また,帰国後2週間は健康観察(体調と体温の記録)を行い,他の人との接触を避けるために    外出を控え,自宅での滞在をお願いします。健康観察の状況は,毎日メール等で学生課まで報告してください。発熱や咳等呼吸器症状,体調不良等があった場合,「帰国者・接触者相談センター」に相談するとともに大学(心身健康センター)に報告してください。なお,本欠席期間については,上記2(1)と同様,学生の不利益にならないよう,レポート・追試験等の代替措置を講じるなど適切な配慮を行います。

 

◎修学上等の取扱において,ご不明な点がある場合は下記にお問い合わせください。

事 項

担 当 窓 口

授業に関すること

学部

教務課

学部教務係

088-687-6093

gakubu@naruto-u.ac.jp

大学院

教務課

大学院教務係

088-687-6097

daigakuin@naruto-u.ac.jp

実習に関すること

学部・大学院

教務課

教育実習係

088-687-6598

jissyuu@naruto-u.ac.jp

学生生活及び

健康に関すること

学生課学生係(学生対応窓口)

088-687-6119

taiou@naruto-u.ac.jp

心身健康センター

※メールで連絡願います。

088-687-6631

hito@naruto-u.ac.jp

就職支援に関すること

学部・大学院

学生課

就職支援係

088-687-6112

syusyoku@naruto-u.ac.jp

 

お問い合わせ

教務部教務課大学院教務係
電話:088-687-6097