生活・健康系コース(家庭)紹介

おすすめメニュー
院生による専攻・コース紹介を、インタビュー形式で紹介しています。                     
 

 

H28_015_kt.jpg

教科・領域教育専攻
生活・健康系コース(家庭)

楠瀬 千晶さん
平成28年度入学 (学校教員養成プログラム受講生)

 

 

卒業後は自分が学んで感心したことや実践してきたことを子どもたちに伝えるために社会で働きたいと考えています。

平成29年3月収録

 
楠瀬さんの合格のための秘訣を教えてください。
 私は説明会等で先輩方に分からないことを質問し、合格するためにどんなことを備えればいいのかを聞きました。また、入学試験で私は一般試験を受けましたが、学長等の推薦を受けて試験免除等になる制度もあります。ただし、出願には期限があるので前もってどれだけ準備しておくかによって結果も左右されると思います。一番は〈基本〉をしっかりとしておくことが合格の秘訣だと思います。

 

生活・健康系コース(家庭)の魅力を教えてください。
 他のコースと比較したときに学生数に対する教員数が多く、様々な分野について学ぶことができると思います。授業では学部生と一緒になることも多く、アットホームな雰囲気で行えることが魅力だと思います。また、頭で理解して終わりではなく、自分で実践することで身に付けていくものが大半なので、人に教える立場になる前にまず「自分の生活」も省みることができるのがこのコースの良いところであると思います。

 

生活・健康系コース(家庭)に進学した動機・きっかけは?
 大学4年の4月に、お世話になっていた大学の先生に鳴門教育大学大学院を紹介されたことがきっかけです。①教員免許が取得できる、②私の通っていた大学と同じ県にあるという意味で距離的にも近い、③学校教員養成プログラムを活用することで、3年間を2年分の授業料で通うことができる、という点に惹かれました。また、知り合いの先輩方も多くいたため、話を聞いたり、実際にキャンパスでの説明会に参加し、最終的に決定しました。

 

入学しての本学の印象はどうでしたか?
 先生方は学校現場で教員をされていた方が大半で、各コースの人数も多くないので先生方との距離が近いと感じます。また、いつも気にかけてくださり、手厚くご指導してくださいます。「大学」というより「学校」の延長線と言った方が近いかもしれません。大学の時と比べると様々な経験をしている方や海外の留学生と話すことが多いと思います。

 

おすすめ授業科目について教えてください。
 私が授業を受けてみて楽しいなと特に感じたのは特別活動論です。ただ授業の話を聞くだけでなく、グループになりアイスブレーキング(初対面の人同士が出会う時、その緊張をほぐすための手法)なども考え、授業の発表は実際に子どもたちに紹介をするように行いました。他コースの院生も授業を受けているのでコースを越えて話すきっかけにもなりますし、教師を目指す仲間と共に行うことにより、どうすれば子どもたち同士でも交流が深まり、人との関わりが上手くできるのかを考えることができます。

 

大学院修了後のことなど。
 私は管理栄養士の免許も取得しており、この大学院では中学校家庭科・国語、小学校(2種)の免許を取得中です。卒業後は自分が学んで感心したことや実践してきたことを子どもたちに伝えるために社会で働きたいと考えています。子どもに多くのものを与えられる人になれるよう、この3年間でいかに自分自身を成長させ、備えるべき実力を備えられるかが社会人になってからを左右すると思っています。

 

 
楠瀬さんの1年次前期の時間割(平成28年度)
時限
    初等中等教育実践基礎演習    
教職論   初等理科教育論 体育科教育論 家族論
人間形成原論 教育課程論   初等家庭 カウンセリング論
被服学概論(被服製作実習を含む)    長期履修生ホームルーム 食物学概論  
特別活動指導論        

 

大学院授業科目
学部授業科目

 

お問い合わせ

教務企画部入試課入試広報係
電話:088-687-6135