家庭科教育コース - 国立大学法人鳴門教育大学

修士課程をめざす方へ

大学院をめざす方へ

鳴門教育大学大学院生活・健康系コース(家庭)では、家庭科教育についての幅広い知識と深い思考、そして豊かな実践力を身に付けたスペシャリストを養成しています。家庭科教育について幅広く、かつ深く学習ができるようにカリキュラムが構成されています。

家庭科教育法、家族関係、食物、被服、住居、家庭経済・消費者教育と、家庭科の全分野をカバーする専門家がそろっているのが、本学大学院 生活・健康系コース(家庭)の最大の強みです。大学院生はいずれかのゼミナールに所属し、少人数指導でそれぞれの分野の研究を深めることができます。教育現場をフィールドとした授業実践の機会もあり、専門性と実践力を同時に磨きます。

家庭科は社会の変化に応じて、内容もアップデートしてゆくことが求められます。生活技能が乏しい児童・生徒に対し、限られた授業時間の中で効果的な授業を行うには、高い専門性が求められます。実践の場に生きる知識・経験を身に付け深められるよう、ともに切磋琢磨していきましょう。

大学院で学んでいただくために

学部卒(予定)の方

教員免許をもっていなくても大丈夫!

学部で教員免許を取得していなくても大学院に入学でき、大学院で学びながら教員免許を取得できます。学校教員養成プログラムで3年間大学院に在籍し(学費は2年分です)、学部と大学院の授業を履修することによって、教員免許を取得することができます。学部では教育を学んでいないけど・・という方も、大学院から教員への道を目指すことができるのが鳴門教育大学の大きな特徴です。

学部で免許を取得している方は、大学院の授業を2年間履修することによって、専修免許を取得することができます。

社会人の方、主婦・主夫経験のある方など、学部卒業後に様々な経験をしている方も大歓迎です。様々な生活経験から生じた疑問、解決したいと思う社会問題に、人々の日常生活から具体的にアプローチできるのが家庭科という教科です。近年では、教員採用の年齢制限もゆるやかになり、教師への転職も選択肢の1つです。任期付きの講師として働く方法もあります。

短期大学・専門学校等を卒業されている方

短期大学、高等専門学校、専修大学、各種学校の卒業生も大学院を受験することができます。22歳に達した方で、鳴門教育大学大学院における個人の能力の個別審査により、大学を卒業した方と同等以上の学力があると認められれば受験が可能です。

修了後に取得できる専修免許状

現職の小学校・中学校・高校教員の先生方

現場を離れて学び直しませんか?

鳴門教育大学は、現職教員のリカレント教育、生涯を通じた学びを支援しています。現職教員は、大学院修学休業制度という無給の休業制度を利用して大学院で学び、2年後には元の職場に復帰することができます。本学には大学院修学休業制度を利用して修学する学生を対象とした授業料免除制度もあります。

ゆたかな自然に囲まれた本学は、充電期間を過ごすのに最適な場といえます。家族で住める寮もあるため、お子さん連れで一時的に鳴門市に引っ越し、大学近くの幼稚園や小学校にお子さんを通わせて大学院で学んでいる現職教員もいます。

修士課程での学びが、研究者の道への第一歩となった人もいます。多忙な教務から離れ、学び直しの期間をもつことは、長い職業キャリアを充実させる上で大きな意味を持つでしょう。


現職在学生のメッセージ

在学生から受験生へのメッセージ

  

本学は自然に囲まれ、設備も整い、落ち着いた環境で勉学に励むことができます。家庭科コースは少人数のため、授業を間近で受けることができます。また、本学はサポートがとても充実しており、不安・心配事があれば親身に相談に乗ってくださいます。本学の学生は学年・コースを問わず仲が良く、教師という同じ夢を持つ学生たちと出会い、学び、語り合うことでモチベーションを高め合い、様々な価値観を知り、視野を広げることができます。同じ夢を持つ友人はとても心強く、大切です。夢に向かって一緒に頑張りましょう!
<長期履修3年生>

本学は少人数で先生方との距離も近く、自分の学びたいことをしっかりと学ぶことができる環境が整っています。また、家庭科コースだけでなく、他のコースや現職の先生とも交流を持つことができるなどたくさんの人と出会うことができ、「教師になりたい」という同じ目標を持った仲間たちと、お互いを刺激し合い高め合いながら、自分の考えも深めていくことができます。同じ夢に向かってがんばっていきましょう!
<長期履修2年生>

家庭コースは、家庭科の分野が多岐にわたるように、それぞれの先生が個性豊かで楽しいコースだと思います。自分自身の目標にあった先生に出会い、勉強やゼミ、実習など充実した学生生活を過ごせることを願っています。無駄のない充実した日々になるよう一緒に頑張りましょう。
<修士2年生>


休業制度については、文部科学省HPのこちらに掲載されています。

鳴門市の情報はこちらに掲載されています。保育園幼稚園小学校・中学校鳴門市教育委員会など

研究テーマ

家庭科教育法、家族関係、食物、被服、住居、家庭経済・消費者教育と、家庭科教育全分野の専任教員がそろっていますので、家庭科教育や人々の日常生活に関わる多様なテーマでの研究が可能です。

詳しくは教員紹介のページをご覧ください。

年間スケジュール

4月 新入生オリエンテーション、新入生歓迎会
5月 修士論文中間発表会(2年生)
8月 夏期休業、集中講義
12月 冬期休業
2月 修士論文提出、修士論文口述審査、修士論文発表会
3月 学位記授与式

卒業生の進路

小学校教諭、中学校教諭、高校教諭、大学・短大・専門学校の教員、大学院博士課程への進学など。


家庭科コースで学んだ3年間 ―修了生の声

私は長期履修生として3年間大学院で学びました。家庭科コースに進学して良かった点を2つ紹介します。
 1つ目は、家庭科の先生方に手厚い指導をしていただけたことです。私は他学科からの進学であったため、はじめは分からないことが多く不安なこともありましたが、先生方に丁寧に指導して頂くことで、最初は分からなかった内容も徐々に理解できるようになりました。そして、無事に中学校家庭科の免許を取得することが出来ました。
 2つ目は、実践的な指導を多く行っていただけた点です。教育に関してはほとんど無知な状態で入学しましたが、家庭科の授業では指導案の書き方から丁寧に教えていただき、また模擬授業も多数行いました。その甲斐あって、修了時には授業力が確実に身に付いたと実感しています。これからは、大学院で学んだことを生かして、より良い教員になれるようにさらに努力していきます。<H28年度 生活・健康系コース(家庭)修了 広島県小学校教諭>



教員になるために、自分に足りないものは何だろうか、もっと家庭科のことを勉強したいと思い、大学院進学を決意しました。大学院の2年間は、勉強だけでなく、人として成長できた日々でした。先生方のご指導はいつも丁寧で、また先輩方はいつも優しく相談に乗ってくださいました。先生方や先輩、そしてともに教員を目指す仲間のおかげで充実した2年間を過ごすことができました。大学院の授業では、実験・実習をしたり、家庭科教育について学んだりして専門知識を深める以外にも、学生同士で意見を交換し合って自分の視野を広げられました。
 大学院での日々があったからこそ、教育や家庭科のおもしろさを改めて実感し、高等学校の教員になるという夢を叶えることができました。 <平成26年度 生活・健康系コース(家庭)修了 兵庫県高等学校教員>



 長期履修生として3年間大学院で学びました。家庭科コースへ進学して良かったことを3つ紹介致します。
 まずは、友達の幅が広がったことです。大学院には幅広い年齢層の方が学びに来られます。多くの方々との交流を通して、今まで興味がもてなかった分野にも関心が抱けるようになりました。
 次に、専門的な知識を得られたことです。講義だけではなく、実際に中学校で授業をする機会もあり、教師と生徒のお互いの立場を考えながら授業作りをすることができました。
 最後に、人の絆について感じたことです。親元を離れて改めて家族の有難さや友達の大切さについて見直すことができました。今後は、大学院で学んだことを子ども達にも伝えることができるように、努力していきたいです。
<平成26年度 生活・健康系コース(家庭)修了 広島県小学校教員>

選抜試験の概要

教職経験者(初等中等教育における3年以上の教職経験がある方)の場合

口述試験(面接)があります。実技試験はありません。教育実践記録(授業研究、学習指導、クラブ活動指導など学校内での教育研究活動など)の提出が求められます。

教職経験者以外

実技試験(口頭発表)と口述試験が行なわれます。推薦を受けた方は、口述試験(面接)のみです。

実技試験(口頭発表)

出願時に提出した小論文の内容に関する口頭発表です。あらかじめ準備した説明資料に基づき、大学院で取り組みたい研究課題について説明してください。これまでに作成した作品の持参も可能です。口頭発表の際、実物投影機能付きプロジェクタ(A4版までの普通紙のみに対応)を利用できます。

口述試験(面接)

専門に関する内容、研究テーマに関する問題意識および入学後の研究課題と研究内容に関して試問します。

選抜試験日

試験は前期(8月)と中期(10月下旬)、後期(3月)の年3回実施されます。 

選抜試験については、大学公式ページの [試験日程] および [学生募集要項] を必ずご確認ください。

学生募集要項(出願書類)の請求方法

入試課窓口で直接受け取る方法と、郵便で請求する方法があります。詳しくはこちらです。

その他学生生活等に関する照会先

本学入学案内に詳しい内容が掲載されています。ご覧下さい。

大学院入試関係の情報については、 入試情報サイト「鳴教攻略ネット」もご覧ください。