設立目的

鳴門教育大学の児童図書室は昭和62年(1987年)5月に開室しました。
その設立趣旨・目的は
  • 「生涯学習の基盤整備」の一環として, 開かれた大学が幼児・児童のためにその施設と情報・機能を有効活用する方策(インテリジェント化)を地域の状況に応じて進めていく。
  • 地域に広く開放することにより, 将来教員になろうとする学部生, 現職教員である大学院生に実践的な教育・研究の機会を与える。
のふたつに分けることができます。 このため当室では地域の住民の方々にも広く開放し, ご利用いただいています。また, 当大学の学生や地域のボランティアの方によるストーリーテリング・絵本や紙芝居の読み聞かせ, 人形劇などを行っています。