学内に無い資料の入手方法

鳴教大の図書館に所蔵していない資料を他大学や他の学術機関から取り寄せることができます。

現物貸借依頼サービス

図書を現物貸借できます。送料などの実費は申込者の負担となります。

雑誌は現物貸借できませんので, 必要な箇所のコピーを取り寄せることになります。

相手先の図書館のご厚意で借用させてもらいますので, 図書は大切に扱ってください。

文献複写依頼サービス

図書, 雑誌の必要な一部分のコピーを取り寄せることができます。

図書館での複写は著作権法の範囲でしか行えませんので, ご注意ください。

  • 他大学大学附属図書館, 国立国会図書館, 専門図書館などからの取り寄せになります。
    各機関によって複写料金が異なります。

申込み方法&注意点

  1. 始めにOPACで鳴教大図書館での所蔵の有無を確認してください。
  2. マイライブラリから申し込む事ができます。(カウンターに置いてある「文献複写申込書」での申し込みもできます。)
    <注意点>
    • 雑誌論文や図書の一部分のコピーを取り寄せる場合は「文献の複写」,図書そのものを貸借する場合は, 「借用を依頼」を選択してください。
    • 雑誌は現物貸借できませんので, 一部分のコピーを取り寄せることになります。
    • 書誌事項はできるだけ記入してください。もし, 巻号などがわからないときは「CiNii」などのデータベースで調べてください。
    • 「CiNii」や「EBSCOhost」 などの文献データベースの検索結果を取り込んで依頼することができます。検索結果画面から「他大学等からのコピーの取り寄せ」等のリンクをクリックしてください。
    • 雑誌名は省略せず, できるだけ正確に記入してください。(似たような誌名のものが多く間違う事があります。)
    • 書誌事項が不確かな場合は, 出典・典拠の欄も記入してください。
  3. 他大学から資料が届きましたら, メールでお知らせします。カウンターに引き取りに来てください。
    文献複写の場合,代金と引き換えで複写物をお渡しします。(引き渡し時間 平日9:00-12:00, 13:00-16:30) 申込機関によっては,先に郵便振替や切手で支払いをお願いする場合があります。 いずれの場合も,お早めに受取りにお越しください。
    現物貸借の場合は,まず図書をお渡しします。(引き渡し時間 平日9:00-閉館時間の30分前, 土・日・祝日10:00-閉館時間の30分前) 返却時に現金と切手,あるいは郵便振込等で郵送料をお支払いいただきます。 他の図書館の本ですので, よりいっそう取り扱いに注意し, 返却期限を厳守してください。 (返却受付時間 平日9:00-12:00, 13:00-16:30)