BPプロジェクトとは

 BPプロジェクトとはキャライラスト

趣旨

いじめ問題の克服のため,国は,平成25年9月28日から新たに「いじめ防止対策推進法」を施行し,学校,教育委員会等の学校関係者に一層の努力を促していますが,それらに加えて,社会全体としても,これまでにない学校関係者への支援を行うことが重要です。

そのような中,教育大学は,いじめ問題に適切に対応していける教員養成にさらに力を入れるだけでなく, その専門的な知識と情報を駆使して,現在,教育委員会や学校が行っている教員研修や教育活動等にも,これまでより一歩進んだ支援をしていくことが,その社会的使命であると考えます。

これまでも個々の大学教員レベルでは,教育委員会等からの要請に応じて,会議の委員や個別ケースのアドバイスなどの対応は行ってきたところです。 しかし,依然として解決困難なこの問題を今後改善の方向に導くためには,より組織的に,さらには学内外のネットワークを駆使して支援していくことが必要となってきています。

そこで,教員養成大学の中で,地域の中核的な位置にあり,いじめ問題に関して特色ある取組を行っている4大学(宮城教育大学,上越教育大学,福岡教育大学及び鳴門教育大学)が,平成27年度に 「BPプロジェクト(いじめ防止支援プロジェクト)」を立ち上げ,国立教育政策研究所,日本生徒指導学会及び公益社団法人日本PTA全国協議会等の関係機関・組織の協力を得て,教育委員会や学校の教育力向上のために, 各種支援事業,教育研究事業,研修事業等を協働参加型プロジェクトとして展開しています。

また,本プロジェクトは,平成27年度文部科学省特別経費(プロジェクト分)・平成28年度文部科学省機能強化経費として認められた事業です。

さらに,本プロジェクトの内容は,「いじめ防止対策推進法」が求めている,関係者の連携による克服(第3条)並びに教員の資質の向上,教育相談者助言者の充実, 教職員の研修の実施等(第18条)に寄与するものとなっています。

この取組が,今後他の大学や地域に広がっていき,いじめ問題の改善の一助になればと願います。

BP(Bullying Prevention:いじめ防止)

 

構成大学

宮城教育大学

上越教育大学

鳴門教育大学

福岡教育大学

 

協力団体

国立教育政策研究所

日本生徒指導学会

公益社団法人日本PTA全国協議会

BPプロジェクト概要図

 

事業

詳細はこちらをご覧下さい

 

スケジュール

平成28年度

 6月 第1回学長会議・代表者会議・協議会
 8月 第2回協議会
 夏~秋 各4地区で教育委員会研修担当者等を対象とした研修会を実施
 研修会に合わせて適宜,協議会を開催
 2月 シンポジウムを開催(東京)

 

参考 いじめ防止対策推進法(抄)

(基本理念)

第3条 いじめの防止等のための対策は、いじめが全ての児童等に関係する問題であることに鑑み、児童等が安心して学習その他の活動に取り組むことができるよう、学校の内外を問わずいじめが行われなくなるようにすることを旨として行われなければならない。

2 学校の設置者及びその設置する学校は,当該学校の教職員に対し,いじめの防止等のための対策に関する研修の実施その他のいじめの防止等のための対策に関する資質の向上に必要な措置を計画的に行わなければならない。

3 いじめの防止等のための対策は、いじめを受けた児童等の生命及び心身を保護することが特に重要であることを認識しつつ、国、地方公共団体、学校、地域住民、家庭その他の関係者の連携の下、いじめの問題を克服することを目指して行われなければならない。

(いじめの防止等のための対策に従事する人材の確保及び資質の向上)

第18条 国及び地方公共団体は,いじめを受けた児童等又はその保護者に対する支援,いじめを行った児童等に対する指導又はその保護者に対する助言その他のいじめの防止等のための対策が専門的知識に基づき適切に行われるよう,教員の養成及び研修の充実を通じた教員の資質の向上,生徒指導に係る体制等の充実のための教諭,養護教諭その他の教員の配置,心理,福祉等に関する専門的知識を有する者であっていじめの防止を含む教育相談に応じるものの確保,いじめへの対処に関し助言を行うために学校の求めに応じて派遣される者の確保等必要な措置を講ずるものとする。

2 学校の設置者及びその設置する学校は,当該学校の教職員に対し,いじめの防止等のための対策に関する研修の実施その他のいじめの防止等のための対策に関する資質の向上に必要な措置を計画的に行わなければならない。

H28ポンチ絵.png

上記資料ダウンロード(239KBytes)