開発途上国の学校教育や教員養成の現状を把握し, より適確な教育協力を実施する上での資料を得るために、センター所員は途上国において各種調査を実施しています。これまでに、ラオス人民民主共和国、南アフリカ共和国、ケニア共和国、インドネシア、エチオピア連邦民主共和国、フィジー諸島共和国、バヌアツ共和国、サモア独立国などの南太平洋諸国などで実施しています。