教員情報データベース

TOP 検索結果
氏名 金野 誠志
氏名(ふりがな) かのう せいし
ローマ字表記 KANO Seishi
職名 准教授
所属教育部 人間教育専攻
所属コース 02現代教育課題総合コース
TEL 088-687-6488
FAX 088-687-6488
E-mail skanou@naruto-u.ac.jp
学位 教育学(鳴門教育大学)
学位論文題目 多文化主義における相対性と普遍性(修士論文)
経歴 尾道市立日比崎小学校教諭(1991年3月まで)
シンガポール日本人学校小学部教諭(1994年3月まで)
尾道市立日比崎小学校教諭(1995年3月まで)
尾道市立久保小学校教諭(2003年3月まで)
尾道市立長江小学校教諭(2009年3月まで)
国立大学法人三重大学教育学部非常勤講師(現在に至る)
尾道市立日比崎小学校教諭(2010年3月まで)
尾道市立日比崎小学校主幹教諭(2011年6月19日まで)
尾道市立土堂小学校教頭(2013年3月まで)
現在の研究分野(キーワード) 文化間教育,シティズンシップ教育,価値観形成
主要担当授業科目 (大学院) 人間とコミュニケーションⅠ(基礎研究)
(大学院) 課題研究Ⅱ
(大学院) 課題研究Ⅰ
(大学院) 文化とコミュニケーション
(学部) 主免教育実習事前事後指導
(学部) 生活科教育論
(大学院) コミュニケーションと環境
(大学院) 教育実践フィールド研究(総合)
(大学院) 人間とコミュニケーションⅢ(実践研究B)
(大学院) 人間とコミュニケーションⅡ(実践研究A) 
所属学会 国際異文化学会
日本国際理解教育学会
日本グローバル教育学会
日本道徳教育学会
日本道徳性発達実践学会
全国地理教育学会
鳴門社会科教育学会
社会系教科教育学会
日本社会科教育学会
全国社会科教育学会
和文化教育学会
学会及び社会における主な活動 2019年度和文化教育学会全国大会(於:鳴門教育大学10月19日20日)大会実行副委員長
国際異文化学会編集局(2019年4月~)
主要研究業績 地理教育研究, 国土空間認知に関する教材論的一考察-小学校社会科における教材化の視点と検証-, 単著, No.14 pp19-26, 2014
どうとくのひろば, 自らを見つめ、自らに問いかけるために, 単著, No.13 pp.0-3, 2014
地球市民になるための留保条件-他者との関係性に着目して- 日本国際理解教育学会, 発表, 国内学会(全国), 奈良教育大学, 2014
地球市民としての自己認識-その可能性をめぐって- 日本国際文化学会, 発表, 国内学会(全国), 山口県立大学, 2014
地球市民の育成と国際理解 日本道徳性発達実践学会, 発表, 国内学会(全国), 立命館大学衣笠キャンパス, 2014

新社会科授業づくりハンドブック, 持続可能な社会を考える社会科教育内容の授業づくり、pp.106-115, 共著・分担(編著・編集を含む), 明治図書, 2015
グローバル教育, コスモポリタンなシティズンシップの育成のために-相互転換論からの示唆-, 単著, VOL.17 pp.17-32, 2015
異文化研究, 「地球市民」としての自己認識-その可能性をめぐって-, 単著, 11号・pp.91-105, 2015
社会認識教育学研究, 小学校社会科におけるメディア・リテラシーの育成に関する教材化の視点と検証-新聞にみる情報の構築性に着目して-, 単著, 第30号記念論叢、pp.141-150, 2015
国際理解教育における多元的シティズンシップの可能性-生活への着目から- 日本国際理解教育学会, 発表, 国内学会(全国), 中央大学多摩キャンパス, 2015
「特別の教科 道徳」における「国際理解」の可能性 日本グローバル教育学会, 発表, 国内学会(全国), 皇學館大学, 2015
広領域総合的科目としての小学校社会科の実践的検討-<国土>に対する理解と愛情の関係性に着目して- 全国地理教育学会, シンポジウム・招待講演, 国内学会(全国), 文京学院大学, 2015

『地理教育研究の新展開』, 「広領域総合科目小学校社会としての国土学習の改善-<国土>に対する理解と愛情の関係性に着目して-」pp.219-229, 共著・分担(編著・編集を含む), 古今書院, 2016
異文化研究, 「礼儀正しさ」の回復と「個の代替不可能性」の実感-国際理解教育と道徳教育とが直面する危機からの脱却をめざして-, 単著, 12号・pp.13-26, 2016
社会科教育, 情報を基に考察する力や表現する力, 単著, No.681 pp.4-5, 2016
小学校どうとく, 新 いきるちから1, 共著, 全120頁, 2016
小学校どうとく, 新 生きる力2, 共著, 全138頁, 2016
小学校どうとく, 新 生きる力3, 共著, 全152頁, 2016
小学校どうとく, 新 生きる力4, 共著, 全168頁, 2016
小学校道徳, 新 生きる力5, 共著, 全176頁, 2016
小学校道徳, 新 生きる力6, 共著, 全184頁, 2016
魅力ある授業と子ども理解・子どもの思考を促す発問と板書の工夫-第5学年社会科の産業学習における指導- 徳島県内の大学と徳島県教育委員会との連携に関する連絡協議会, シンポジウム・招待講演, 教育関連研修会, 徳島県立総合教育センター, 2016
国際理解教育を意識した小学校社会科国土学習の可能性-境界と境界意識の変容に注目して- 日本国際理解教育学会, 発表, 国内学会(全国), 上越教育大学, 2016
道徳科における多様な指導方法の検討-資料分析と中心発問を視点として- 徳島県小中学校連合道徳教育研修会(第50回), シンポジウム・招待講演, 教育関連研修会, 徳島県教育会館, 2016
世界遺産教育の可能性-日本とシンガポールにおける「普遍的」価値をめぐる視点から- 全国地理教育学会, 発表, 国内学会(全国), 文京学院大学本郷キャンパス, 2016
諸地域の世界遺産の伝達を通して異文化理解を深めるESD授業モデルの開発, 2016

『小学校 新モラルジレンマ教材と授業展開』, 「ニホンザルを守るということ」及び「ソメイヨシノとむかえる春」pp.125-137, 共著・分担(編著・編集を含む), 明治図書出版株式会社, 2017
社会認識教育学研究 , 社会系教科において世界文化遺産を取り上げる意義, 単著, 第32号 pp.19-28, 2017
鳴門教育大学国際教育協力研究紀要, Report on Class Observations at Singapore Primary Schools in August 2016, 共著, 第10号, pp139-146, 2017
世界遺産教育の再検討-世界文化遺産にまつわる「顕著な普遍的価値」に着目して- 日本グローバル教育学会, 発表, 国内学会(全国), 国際医療福祉大学小田原キャンパス, 2017
「特別の教科 道徳」の特質を生かした 学習と指導の展開 徳島県小学校道徳教育研究大会, シンポジウム・招待講演, 教育関連研修会, 徳島県小松島市南小松島小学校, 2017
文化遺産を扱う世界遺産教育の再検討-世界遺産一覧表への登録に関する賛否に着目して- 全国地理教育学会, 発表, 国内学会(全国), 香川大学教育学部, 2017
諸地域の世界遺産の伝達を通して異文化理解を深めるESD授業モデルの開発, 2017

グローバル教育, 世界遺産として文化遺産を保存する意味や意義を考える世界遺産学習-「顕著な普遍的価値」の解釈や適用に視点を当てて-, 単著, 第20号・pp.31-47, 2018
地理教育研究, 文化遺産の「顕著な普遍的価値」を相対化する世界遺産教育の試み-「紀伊山地の霊場と参詣道」八鬼山問題を事例として-, 単著, No.22 pp.20-29, 2018
地理教育研究 , シンガポール植物園における「世界遺産教育」の特色と意義-シンガポール教育省の世界文化遺産を扱う教育との比較を通して-, 単著, 第23号 pp.1-10, 2018
しょうがくどうとく いきるちから 1, , 共著, 全143頁, 2018
小学どうとく 生きる力 2, , 共著, 全163頁, 2018
小学どうとく 生きる力 3, , 共著, 全175頁, 2018
小学どうとく 生きる力 4, , 共著, 全183頁, 2018
小学どうとく 生きる力 5, , 共著, 全183頁, 2018
小学どうとく 生きる力 6, , 共著, 全183頁, 2018
シンガポールの「世界遺産教育」-MOEと NPBの思惑から- 日本国際理解教育学会, 発表, 国内学会(全国), 宮城教育大学, 2018
世界文化遺産における「顕著な普遍的価値」に関する生徒の理解と実践の方向性 全国地理教育学会, 発表, 国内学会(全国), 専修大学神田キャンパス, 2018
諸地域の世界遺産の伝達を通して異文化理解を深めるESD授業モデルの開発, 2018

地理教育研究 第24号, 問われ続ける「顕著な普遍的価値」の理解を促す世界遺産学習の試み-文化遺産に関する知識と価値観の形成過程に着目して-, 単著, pp.1-10, 2019
中学道徳 あすを生きる1, , 共著, 全191頁, 2019
中学道徳 あすを生きる2, , 共著, 全191頁, 2019
中学道徳 あすを生きる3, , 共著, 全191頁, 2019
徳島教育7月号, 道徳科でもすべきこと、道徳科でこそすべきこと, 単著, 通巻第1188号、pp.6-8, 2019
検定教科書を使っての授業づくり 道徳教育パワーアップ研究協議会, シンポジウム・招待講演, 教育関連研修会, 鳴門教育大学、徳島県立教育センター、美馬市役所、阿南市ひまわり会館, 2019
文化遺産の価値を相対化する地域遺産学習 -世界遺産と台湾の文化遺産との関係性から- 日本国際理解教育学会, 発表, 国内学会(全国), 椙山女学園大学星ヶ丘キャンパス, 2019
文化遺産が有する多様な価値に着目した学習の必要性-臺灣世界遺產潛力點を取り上げて- 日本グローバル教育学会, 発表, 国内学会(全国), 東北大学, 2019
地域遺産・世界遺産の価値を伝え合い自他の文化理解を深めるESD授業モデルの開発, 2019
観光資源の再発見・再認識を基に地域活性化を考え合う地理ESD授業の開発, 2019

地理教育研究, 中学校社会科で台湾の文化遺産を扱う意義-地理的見方・考え方の視点を活用して-, 単著, No.26 pp.1-10, 2020
グローバル教育 , 文化遺産が有する多様な価値の再検討―台湾「世界遺產潛力點」を取り上げた中学校地域学習を基にして―, 単著, 第22号 2-16頁, 2020
東書Eネット資料室 授業に役立つ資料-小学校 社会・地図の広場-東京書籍、pp1-16, 社会的事象の「見方・考え方」を働かせるための術, 単著, , 2020
世界遺産学習の再検討-所有と保護に視点を当てて- 社会系教科開発実践学会, シンポジウム・招待講演, 国内学会(地区ブロック), 香川大学教育学部, 2020
地域遺産・世界遺産の価値を伝え合い自他の文化理解を深めるESD授業モデルの開発, 2020
観光資源の再発見・再認識を基に地域活性化を考え合う地理ESD授業の開発, 2020
過去5年間の研究業績 『地理教育研究の新展開』, 「広領域総合科目小学校社会としての国土学習の改善-<国土>に対する理解と愛情の関係性に着目して-」pp.219-229, 共著・分担(編著・編集を含む), 古今書院, 2016
異文化研究, 「礼儀正しさ」の回復と「個の代替不可能性」の実感-国際理解教育と道徳教育とが直面する危機からの脱却をめざして-, 単著, 12号・pp.13-26, 2016
社会科教育, 情報を基に考察する力や表現する力, 単著, No.681 pp.4-5, 2016
小学校どうとく, 新 いきるちから1, 共著, 全120頁, 2016
小学校どうとく, 新 生きる力2, 共著, 全138頁, 2016
小学校どうとく, 新 生きる力3, 共著, 全152頁, 2016
小学校どうとく, 新 生きる力4, 共著, 全168頁, 2016
小学校道徳, 新 生きる力5, 共著, 全176頁, 2016
小学校道徳, 新 生きる力6, 共著, 全184頁, 2016
魅力ある授業と子ども理解・子どもの思考を促す発問と板書の工夫-第5学年社会科の産業学習における指導- 徳島県内の大学と徳島県教育委員会との連携に関する連絡協議会, シンポジウム・招待講演, 教育関連研修会, 徳島県立総合教育センター, 2016
国際理解教育を意識した小学校社会科国土学習の可能性-境界と境界意識の変容に注目して- 日本国際理解教育学会, 発表, 国内学会(全国), 上越教育大学, 2016
道徳科における多様な指導方法の検討-資料分析と中心発問を視点として- 徳島県小中学校連合道徳教育研修会(第50回), シンポジウム・招待講演, 教育関連研修会, 徳島県教育会館, 2016
世界遺産教育の可能性-日本とシンガポールにおける「普遍的」価値をめぐる視点から- 全国地理教育学会, 発表, 国内学会(全国), 文京学院大学本郷キャンパス, 2016
諸地域の世界遺産の伝達を通して異文化理解を深めるESD授業モデルの開発, 2016

『小学校 新モラルジレンマ教材と授業展開』, 「ニホンザルを守るということ」及び「ソメイヨシノとむかえる春」pp.125-137, 共著・分担(編著・編集を含む), 明治図書出版株式会社, 2017
社会認識教育学研究 , 社会系教科において世界文化遺産を取り上げる意義, 単著, 第32号 pp.19-28, 2017
鳴門教育大学国際教育協力研究紀要, Report on Class Observations at Singapore Primary Schools in August 2016, 共著, 第10号, pp139-146, 2017
世界遺産教育の再検討-世界文化遺産にまつわる「顕著な普遍的価値」に着目して- 日本グローバル教育学会, 発表, 国内学会(全国), 国際医療福祉大学小田原キャンパス, 2017
「特別の教科 道徳」の特質を生かした 学習と指導の展開 徳島県小学校道徳教育研究大会, シンポジウム・招待講演, 教育関連研修会, 徳島県小松島市南小松島小学校, 2017
文化遺産を扱う世界遺産教育の再検討-世界遺産一覧表への登録に関する賛否に着目して- 全国地理教育学会, 発表, 国内学会(全国), 香川大学教育学部, 2017
諸地域の世界遺産の伝達を通して異文化理解を深めるESD授業モデルの開発, 2017

グローバル教育, 世界遺産として文化遺産を保存する意味や意義を考える世界遺産学習-「顕著な普遍的価値」の解釈や適用に視点を当てて-, 単著, 第20号・pp.31-47, 2018
地理教育研究, 文化遺産の「顕著な普遍的価値」を相対化する世界遺産教育の試み-「紀伊山地の霊場と参詣道」八鬼山問題を事例として-, 単著, No.22 pp.20-29, 2018
地理教育研究 , シンガポール植物園における「世界遺産教育」の特色と意義-シンガポール教育省の世界文化遺産を扱う教育との比較を通して-, 単著, 第23号 pp.1-10, 2018
しょうがくどうとく いきるちから 1, , 共著, 全143頁, 2018
小学どうとく 生きる力 2, , 共著, 全163頁, 2018
小学どうとく 生きる力 3, , 共著, 全175頁, 2018
小学どうとく 生きる力 4, , 共著, 全183頁, 2018
小学どうとく 生きる力 5, , 共著, 全183頁, 2018
小学どうとく 生きる力 6, , 共著, 全183頁, 2018
シンガポールの「世界遺産教育」-MOEと NPBの思惑から- 日本国際理解教育学会, 発表, 国内学会(全国), 宮城教育大学, 2018
世界文化遺産における「顕著な普遍的価値」に関する生徒の理解と実践の方向性 全国地理教育学会, 発表, 国内学会(全国), 専修大学神田キャンパス, 2018
諸地域の世界遺産の伝達を通して異文化理解を深めるESD授業モデルの開発, 2018

地理教育研究 第24号, 問われ続ける「顕著な普遍的価値」の理解を促す世界遺産学習の試み-文化遺産に関する知識と価値観の形成過程に着目して-, 単著, pp.1-10, 2019
中学道徳 あすを生きる1, , 共著, 全191頁, 2019
中学道徳 あすを生きる2, , 共著, 全191頁, 2019
中学道徳 あすを生きる3, , 共著, 全191頁, 2019
徳島教育7月号, 道徳科でもすべきこと、道徳科でこそすべきこと, 単著, 通巻第1188号、pp.6-8, 2019
検定教科書を使っての授業づくり 道徳教育パワーアップ研究協議会, シンポジウム・招待講演, 教育関連研修会, 鳴門教育大学、徳島県立教育センター、美馬市役所、阿南市ひまわり会館, 2019
文化遺産の価値を相対化する地域遺産学習 -世界遺産と台湾の文化遺産との関係性から- 日本国際理解教育学会, 発表, 国内学会(全国), 椙山女学園大学星ヶ丘キャンパス, 2019
文化遺産が有する多様な価値に着目した学習の必要性-臺灣世界遺產潛力點を取り上げて- 日本グローバル教育学会, 発表, 国内学会(全国), 東北大学, 2019
地域遺産・世界遺産の価値を伝え合い自他の文化理解を深めるESD授業モデルの開発, 2019
観光資源の再発見・再認識を基に地域活性化を考え合う地理ESD授業の開発, 2019

地理教育研究, 中学校社会科で台湾の文化遺産を扱う意義-地理的見方・考え方の視点を活用して-, 単著, No.26 pp.1-10, 2020
グローバル教育 , 文化遺産が有する多様な価値の再検討―台湾「世界遺產潛力點」を取り上げた中学校地域学習を基にして―, 単著, 第22号 2-16頁, 2020
東書Eネット資料室 授業に役立つ資料-小学校 社会・地図の広場-東京書籍、pp1-16, 社会的事象の「見方・考え方」を働かせるための術, 単著, , 2020
世界遺産学習の再検討-所有と保護に視点を当てて- 社会系教科開発実践学会, シンポジウム・招待講演, 国内学会(地区ブロック), 香川大学教育学部, 2020
地域遺産・世界遺産の価値を伝え合い自他の文化理解を深めるESD授業モデルの開発, 2020
観光資源の再発見・再認識を基に地域活性化を考え合う地理ESD授業の開発, 2020