平成30年度の研究

研究テーマ

教育活動全体で取り組む自立活動の指導

平成30年度の取組

 わたしたちは,「教育活動全体で取り組む自立活動の指導」のテーマに基づき,新学習指導要領の視点を踏まえた「自立活動における指導内容設定表」の作成を通して,児童生徒の教育的ニーズとしての「中心的課題」を明確にし,その課題解決に向けた授業改善を行いながら,教育活動全体で取り組む自立活動の方向性の検討に取り組んで参りました。研究全体の助言者として,鳴門教育大学特別支援教育専攻井上とも子先生に指導助言を頂きながら取り組んでいるところです。各学部単位で,「自立活動における指導内容設定表」を作成し,児童生徒の実態を共通理解することを通して,児童生徒が「何ができるようになるか」という視点を持った上で,「自立活動」を踏まえた授業に教育活動全体で取り組むために,授業研究や研究協議を通じて検討を重ねて参りました。また,平成26年度から平成29年度に取り組んだ前研究である「児童生徒の自立と社会参加を高める一貫性・系統性のある教育の実現のために」の成果である系統性のある授業作りや過去の研究成果も踏まえ,児童生徒が「何を学ぶか」「どのように学ぶか」についても検討に取り組んでいるところです。

 公開授業研究会(平成31年2月2日実施)

全体発表資料(3MB)

資料1(604KB)

資料2(371KB)

資料3(164KB)

資料4(452KB)