グローバル教育コース

コース概要

世界から学び,世界とともに考え,世界で教える人材となる!

 

 本学では,アフリカ,大洋州,アジア,中南米などの地域・各国の教育関係者を対象とした国際協力機構(JICA)の研修の受け入れや短期専門家としての現地業務,日本語教育の指導者育成,多様な言語文化的知識と能力を持った英語教師の養成,大学間協定に基づく研究・教育交流などを通して,これまで教師教育分野で多様な国際教育協力・国際交流の経験を蓄積してきました。グローバル教育コースでは,これらの経験をフルに活用し,文化的多様性への対応能力に優れ,主体性をもって教育課題に取り組むような,「世界から学び,世界とともに考え,世界で教える人材」を育てたいと考えています。

 

<国際教育協力分野>
 この分野では,専門家やボランティアとして国際教育協力に参画できる人材を育成することを目指し,国際協力機構(JICA)の技術協力プロジェクトの計画・実施・モニタリング・評価の技法に関する演習,実例研究,国際的な動向の分析などを行います。また,語学実習や現地演習などを通して,国際教育協力に必要な実践的指導力と調整力を身につけます。

 

<日本語教育・日本文化分野>
 この分野では,外国語あるいは第二言語としての日本語教育を担う人材の育成を目指し,日本語および日本文化の特質,それらの教授・学習の方法,カリキュラム開発などを研究します。「日本語教師養成プログラム」所定の単位をすべて取得した学生には,修了時に「日本語教師養成プログラム修了証明書」を発行しています。

 

<英語コミュニケーション・異文化理解分野>
 英語力はもとよりコミュニケーション力と文化理解力を兼ね備えた専門家の養成を目的とします。多様なプレゼンテーションおよびライティングのスキルを駆使できる英語コミュニケーション能力を育成します。その上で,英語文化と英語文学,さらにその他の言語文化への理解を深め,異文化理解を推進し,実践できる人材を育成します。

 

<国際理数科教育分野>
 国際教育協力の中で,理数科教育分野の強化は重点的な支援の一つです。数学・理科で扱う事物・現象は万国共通であるため,異文化間でも共有できる内容です。この分野では数学・理科の基礎的内容の理解を深め,より専門的な教育研究を修めた上で,世界の子ども達に豊かな知識と科学的な態度が育まれるような教材開発や教授法の開発を行います。

 

 

特色

グローバル教育コースで学ぶメリットとしては主に以下のことが挙げられます。
(1)各種資格(日本語教師や各種免許が取得できる)
(2)教育学修士号が取得できる
(3)海外での研究調査・ボランティア活動などに自由に参加できる
(4)留学生や海外経験の豊富な教員・学生と切磋琢磨できる
(5)英語だけでなくフランス語・スペイン語・アラビア語など多言語に対応した研究調査・活動ができる
(6)大学で年間に6回ほど実施されるJICA短期研修に参加し海外の教員との交流ができる
 

 

担当教員紹介(令和2年4月1日現在)

氏名 職名 専門分野
小澤 大成 教授 岩石学,国際教育協力 詳細データ
武田 清 教授 化学 詳細データ
前田 一平 特命教授 アメリカ文学 詳細データ
石坂 広樹 准教授 教育政策,国際教育協力(算数・学校運営),教育調査 詳細データ
石村 雅雄 准教授 教育制度・教育行政学,学校経営学 詳細データ
鎌田 スザーン 准教授 教師教育,修辞学 詳細データ
Gerard Marchesseau 准教授 教師教育,修辞学,評価法 詳細データ
田中 大輝 准教授 日本語教育学(日本語学・言語学) 詳細データ
寺島 幸生 准教授 理科教育,物理学 詳細データ
早田 透 講師 数学教育学 詳細データ
廣田 知子 講師 日本語教育学,日本語教育法 詳細データ
香西 武 客員教授 理科教育,地学

 

お問い合わせ

教務部入試課広報係
電話:088-687-6460