心理臨床コース

コース概要

 心理臨床コースは,児童生徒だけでなく,乳幼児から高齢者までのすべてのライフステージの方々が抱える生活上の諸問題について,臨床心理学,心理・教育科学,障害科学の視点からの支援を考えます。本コースには,臨床心理学領域,心理・教育科学領域,障害科学領域という3つの領域があります。それぞれの領域では,専門的知識と実践方法を学ぶことを通して,現代社会における諸課題について様々な側面からアプローチします。3つの領域は,それぞれ入試方法や指導体制が異なります。

 

 

 臨床心理学領域においては,カウンセリング・心理療法に関する専門的知識と技術を通して,個人個人の心の問題・課題に対応するとともに,社会の中での一人ひとりの個性豊かな人間的成長を支援する高度な実践的力量を有する心理職(公認心理師・臨床心理士)の養成を行います。また,現職教員で臨床心理学を実践的に学び,教育相談力を高めたい方にも適しています。

 

 心理・教育科学領域においては,ストレス,暴力(いじめ含む),無気力や抑うつ,低い自己肯定感,低い共感性や道徳性など,心理的な問題に「心理学」から迫ります。問題の原因を推測する研究と,学校教育や日常生活上の心理的な問題について予防教育プログラムの開発と実践を行います。現職教員等で学校教育力を高めたい方,カウンセラー,学校教員志望の方,長期履修の制度を利用して教員資格を取りたい方,留学生,博士課程進学希望者に適した領域になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 障害科学領域においては,病理・生理を含む基礎研究,心理学,福祉学,教育学,特別な教育的ニーズに係る歴史や国際比較研究などの学際的なアプローチと教育・実践を有機的に融合することにより,「実践力」「研究力」「エンパワメント力」といった専門性を高めます。特別支援教育の基礎知識に基づき,コミュニティをエンパワメントする心理・臨床・教育・福祉の専門家及び障害科学に関連する臨床的,実践的知見,技能を備え,自立的に学校教育臨床場面の研究活動を行うことができる研究者の養成を目指しています。

 

 

 

 

特色

  • 心理・教育科学領域では,心理学における多くの分野をカバーします。発達心理学,健康心理学,教育心理学などです。問題の原因を探る研究はもちろん,問題を未然に防ぐ教育や介入方法を開発して子どもや成人に実施します。実験あり,調査あり,教育実践あり。多様な教育・研究方法でアプローチします。
  • 障害科学領域では,動物介在療法(アニマルセラピー),スクールソーシャルワーク,スヌーズレンなどの多重感覚環境の研究も最近行っています。

 

担当教員紹介(令和2年4月1日現在)

臨床心理学領域

氏名 職名 専門分野
今田 雄三 教授 精神医学・臨床心理学 詳細データ
葛西 真記子 教授 カウンセリング心理学・臨床心理学 詳細データ
吉井 健治 教授 臨床心理学 詳細データ
粟飯原 良造 特命教授 教育臨床心理学 詳細データ
小倉 正義 准教授 発達臨床心理学 詳細データ
久米 禎子 准教授 臨床心理学 詳細データ
川西 智也 講師 老年臨床心理学・地域臨床心理学 詳細データ
古川 洋和 講師 行動療法・認知療法・認知行動療法 詳細データ

 

心理・教育科学領域

氏名 職名 専門分野
山崎 勝之 特命教授 発達健康心理学 詳細データ
内田 香奈子 准教授 学校心理学,感情教育 詳細データ

 

障害科学領域

氏名 職名 専門分野
髙橋 眞琴 教授 質的心理学,インクルーシブ教育,コミュニティ発達支援 詳細データ
田中 淳一 教授 生理心理学,神経科学,動物介在療法 詳細データ

 

お問い合わせ

教務部入試課広報係
電話:088-687-6460