サテライトによる「美馬市立江原南小学校6年生を対象とした出前講座 「ゲーム依存を防ごう!」」を実施しました

2020年2月21日

1 事業目的

児童に「ゲーム依存症」についてわかりやすく解説し,さらに,ゲーム依存の予防について学習してもらうことを目的とする。

2 日時

令和2年1月21日(火)9:30~10:25

3 場所

美馬市立江原南小学校

 

4 学習の内容

 

四国新聞社が制作した『子どもニュース特別号-ほっとけないゲーム依存-』を教材として,「ゲーム依存症」について

鳴門教育大学阪根健二教授から児童に分かりやすく解説していただいた。

児童は,長時間のゲーム使用による心身への悪影響を学ぶとともに,教材のチェックリストを使ってインターネットの依存度を一人一人が振り返った。

授業後には,ゲーム依存にならないための手立てを考えていきたい等の児童からの感想があり,

ゲームの使用について考えるきっかけとなったようである。 (参加者数:32名)

 

【参加者の感想(アンケート結果から抜粋。講座実施数日後に実施。)】

○ゲームをやりすぎると自分だけでなく,他の人にも迷惑をかけるということがわかりました。
ゲーム依存にならないようにゲームやインターネットを使用する時は,時間を気にしながらしたいです。

○ゲーム依存について学習するまでは,ゲーム依存は自分には関係のないことだと思っていました。
でも,ゲーム依存のチェックをするといくつか当てはまるものがあったので,意外と身近にひそんでいるとても危険なものだと思いました。
今まで,あまり考えたことがなかったので,これからは深くゲーム依存について考えたいなと思いました。

お問い合わせ

教務部学術情報推進課地域連携係
電話:088-687-6101