教員情報

基本情報

たけぐち こうじ 竹口 幸志 TAKEGUCHI Koji
  • 職名
    准教授
  • 所属教育部
    高度学校教育実践専攻(教職系)
  • 所属コース
    学習指導力・ICT教育実践力開発コース
  • 所属センター
    遠隔教育推進センター
  • E-mail
    ktakeguchi@naruto-u.ac.jp
  • 個人サイトURL

学位

2010年3月 修士(教育学)(鳴門教育大学)
2014年3月 博士(学校教育学)(兵庫教育大学)

学位論文題目

行動と精神活動の方向性に基づいた情報倫理教育の枠組みの構築 (博士論文)

経歴

鳴門教育大学大学院 学校教育研究科 講師 (2014.1 ~ 2022.3まで)
大学連携e-Learning 教育支援センター四国 鳴門教育大学分室 (2014.1 ~ 現在に至る)
鳴門教育大学遠隔教育プログラム推進室 兼務(2014.1 ~ 現在に至る)
学校教育研究科 人間教育専攻 現代教育課題総合コース 専任教員(2018.4 ~ 2022.3まで)
地域連携センター 兼務教員(2018.4 ~ 2022.3まで)
鳴門教育大学 知的財産室相談員(2018.4~現在に至る)
鳴門教育大学大学院 学校教育研究科 准教授(2022.4 ~ 現在に至る)
学校教育研究科 高度学校教育実践専攻 学習指導力・ICT教育実践力開発コース 専任教員 (2022.4 ~ 現在に至る)
鳴門教育大学 遠隔教育推進センター兼務(2022.4 ~ 現在に至る)

現在の研究分野

キーワード

学校教育学,社会情報学,情報教育

概要

所属学会

情報処理学会,教育システム情報学会,社会情報学会,日本産業技術教育学会,日本教育心理学会,日本教育方法学会

学会及び社会における主な活動

日本産業技術教育学会Web編集担当(2018年4月~現在に至る)
四国におけるe-Knowledgeを基盤とした大学間連携による大学教育の共同実施 企画委員(2014年1月~現在に至る)
『四国の知』の集積を基盤とした四国の地域づくりを担う人材育成 企画委員(2014年2月~2017年3月)

学術関係の受賞状況

2012年 2月 e-とくしま推進財団表彰(個人部門)受賞 公共財団法人e-とくしま推進財団

主要研究業績

著書

  1. イノベーション力育成を図る中学校技術科の授業デザイン - 子どもが小さなエンジニアになる教室 - (2016/03/30) (共著・分担(編著・編集を含む))
    発行所:ジアース教育新社
    掲載箇所等: 人間の行動と精神活動の方向性に着目した情報倫理学習

プロシーディング

  1. Time-Invariant Framework of Information Ethics Education (2011/11/28) (共著)
    掲載誌名:Proc. of ICCE2011
    巻・号・頁: pp.777-779
  2. Time-Invariant Framework of Information Ethics Education in Technology Education (2011/11/03) (共著)
    掲載誌名:Proc. of ITCE2011
    巻・号・頁: p.88
  3. Framework of Information Ethics Education Applicable to Developing Information Society (2009/11/30) (共著)
    掲載誌名:Proc. of ICCE2009
    巻・号・頁: pp.480-483

紀要等

  1. 竹口幸志・スマートシティ構築における市民参加の必要性 (2022/03/31) (単著)
    掲載誌名:鳴門教育大学研究紀要
    巻・号・頁: 第37巻,pp.392 - 402
  2. 竹口幸志・情報活用能力の育成における情報モラルの位置づけとその課題 (2022/02/01) (単著)
    掲載誌名:鳴門教育大学学校教育研究紀要
    巻・号・頁: 36巻,pp.163 - 171
  3. 竹口幸志・スマートシティ施策の比較 - 「個別分野注力型」と「共創型まちづくり」の分析 - (2021/03/01) (単著)
    掲載誌名:鳴門教育大学研究紀要
  4. 竹口幸志・K-12 Computer Science of Frameworkの構成概念と情報活用能力の比較 - Impacts of Computingと情報モラル - (2021/03/01) (単著)
    掲載誌名:鳴門教育大学学校教育研究紀要
  5. 竹口幸志・阪根健二・藤野雅幸・地域連携センターにおける「テレビ会議システム」の取り組み (2021/03/01) (共著)
    掲載誌名:鳴門教育大学学校教育研究紀要
  6. 竹口幸志・情報技術の進展に伴う情報モラル教育内容の再考 ―初等教育段階における情報モラル教育実施体系の分析を通して― (2020/03/01) (単著)
    掲載誌名:鳴門教育大学学校教育研究紀要
    巻・号・頁: 34巻
  7. 竹口幸志・情報政策にみるデータ利活用の現状と教育分野への応用 (2019/03/01) (単著)
    掲載誌名:鳴門教育大学研究紀要
  8. 竹口幸志・少子化の分析から観た阿波の教育 ― 徳島県を事例として ― (2018/03/01) (単著)
    掲載誌名:鳴門教育大学研究紀要
  9. 長江徹子,森篤之,北島孝昭,阪根健二,曽根直人,泰山裕,竹口幸志,藤原伸彦/「テレビ会議システム」を活用した現職教員研修の構築 (2018/03/01) (共著)
    掲載誌名:鳴門教育大学学校教育研究紀要
  10. 竹口幸志・学習経験および学習観が学習に及ぼす影響 (2018/03/01) (単著)
    掲載誌名:鳴門教育大学学校教育研究紀要
  11. システム思考に基づく授業思考の再構成 (2017/03/28) (単著)
    掲載誌名:鳴門教育大学情報教育ジャーナル
    巻・号・頁: 14巻,pp.29-35
  12. 指導力向上のための地域連携研修システム (2017/03/28) (単著)
    掲載誌名:鳴門教育大学情報教育ジャーナル
    巻・号・頁: 14巻,pp.37-40
  13. 遠隔間同期型学習環境の検討 (2016/03/17) (単著)
    掲載誌名:鳴門教育大学情報教育ジャーナル
    巻・号・頁: 第13号,pp.15-22.
  14. 教育利用を目的とした動画の分析と制作 (2016/03/17) (単著)
    掲載誌名:鳴門教育大学情報教育ジャーナル
    巻・号・頁: 第13号,pp.23-29.
  15. 曽根直人・竹口幸志, サテライト研修用テレビ会議システムの構築 (2016/03/17) (共著)
    掲載誌名:鳴門教育大学情報教育ジャーナル
    巻・号・頁: 第13巻,pp.43-47.
  16. インターネット学習環境下における学習者支援方策 (2016/03/16) (単著)
    掲載誌名:鳴門教育大学研究紀要
    巻・号・頁: 31巻,pp.321-330
  17. 小学校英語教育担当者養成のためのコンテンツ構成 (2016/03/01) (単著)
    掲載誌名:鳴門教育大学小学校英語教育センター紀要
    巻・号・頁: 第6巻,pp.37-46.
  18. インターネットにおける学びとその問題の考察 (2016/02/08) (単著)
    掲載誌名:鳴門教育大学学校教育研究紀要
    巻・号・頁: 30巻,pp.35-43.

その他

  1. 金児,皆川,西村,竹口・ICT 教育実践を含めた学習指導力開発の提言 : 教職大学院改革における新コースのカリキュラムデザインを踏まえて (2022/03/31) (共著)
    掲載誌名:鳴門教育大学研究紀要
    巻・号・頁: 第37巻,pp.421 - 433

学会発表

  1. 竹口幸志・情報モラルの育成を考慮した数学Ⅰにおける教科等横断的な授業の提案 (2022/08/21) (発表)
    種別: 国内学会(全国)
    学会名:日本産業技術教育学会 第65回全国大会(広島)
    場所: オンライン開催
  2. 竹口幸志・共通教科情報科「情報Ⅰ」と公民科及び数学科など 教科等横断的な情報モラル育成方策の検討 (2022/03/19) (発表)
    種別: 国内学会(全国)
    学会名:一般社団法人 日本産業技術教育学会 第37回情報分科会(大阪)研究発表会
    場所: オンライン開催
  3. 新科目「情報Ⅱ」における科学的な理解に基づく情報モラル育成の検討 (2021/03/14) (発表)
    種別: 国内学会(全国)
    学会名:一般社団法人 日本産業技術教育学会  第36回情報分科会(高知)研究発表会
    場所: オンライン開催
  4. 竹口幸志・K–12 Computer Science Frameworkにおける情報倫理の概念 (2020/09/06) (発表)
    種別: 国内学会(全国)
    学会名:一般社団法人 日本産業技術教育学会 第 63 回全国大会(千葉)
    場所: オンライン開催
  5. 竹口幸志・新科目「情報I」における情報モラル教育の考察 (2019/08/25) (発表)
    種別: 国内学会(全国)
    学会名:一般社団法人 日本産業技術教育学会
    場所: 静岡大学
  6. 竹口幸志・オンライン学習における学習志向性の分析 (2019/03/17) (発表)
    種別: 国内学会(全国)
    学会名:一般社団法人 日本産業技術教育学会
    場所: 宇都宮大学
  7. 竹口幸志・学習者の学習方略認知がオンライン学習に与える影響 (2018/08/26) (発表)
    種別: 国内学会(全国)
    学会名:日本産業技術教育学会第61回全国大会 
    場所: 信州大学
  8. 竹口幸志・オンライン学習における学習者特性 (2018/03/18) (発表)
    種別: 国内学会(全国)
    学会名:日本産業技術教育学会第33回情報分科会 
    場所: 岡山大学
  9. 竹口幸志・インターネットを活用した能動的学習の評価 (2017/08/27) (発表)
    種別: 国内学会(全国)
    学会名:日本産業技術教育学会第60回全国大会
    場所: 弘前大学
  10. 竹口幸志・教員養成段階における能動的学習を促進するための方策 (2017/02/19) (発表)
    種別: 国内学会(全国)
    学会名:日本産業技術教育学会第32回情報分科会
    場所: 上越市ミュゼ雪子町
  11. 竹口幸志・個人による学習を考慮したインタフェース機能の検討 (2016/12/03) (発表)
    種別: 国内学会(地区ブロック)
    学会名:日本産業技術教育学会 第32回四国支部大会
    場所: 香川大学
  12. 竹口幸志・非同期型遠隔学習環境における学習支援 (2016/08/27) (発表)
    種別: 国内学会(全国)
    学会名:日本産業技術教育学会 第59回全国大会
    場所: 京都教育大学
  13. 非同期型遠隔学習環境における学習考察 (2015/12/05) (発表)
    種別: 国内学会(地区ブロック)
    学会名:日本産業技術教育学会第31回四国支部大会
    場所: 鳴門教育大学
  14. e-Learningにおける学習を深めるためのコンテンツの検討 (2015/08/22) (発表)
    種別: 国内学会(全国)
    学会名:日本産業技術教育学会第58回全国大会
    場所: 愛媛大学
  15. 視聴持続性を考慮したe-Learning学習支援環境の構築 (2015/03/15) (発表)
    種別: 国内学会(全国)
    学会名:日本産業技術教育学会第30回情報分科会
    場所: 埼玉大学
  16. 視聴を持続させるためのe-Learningコンテンツの検討 (2014/03/15) (発表)
    種別: 国内学会(全国)
    学会名:日本産業技術教育学会 第29回情報分科会(大阪)
    場所: 大阪芸術大学
  17. 情報倫理教育Webコンテンツの授業利用方策 (2013/12/07) (発表)
    種別: 国内学会(地区ブロック)
    学会名:日本産業技術教育学会第29回四国支部大会
    場所: 愛媛大学
  18. 情報教育を意図したWebコンテンツ検索システムの授業利用方策 (2013/08/24) (発表)
    種別: 国内学会(全国)
    学会名:日本産業技術教育学会第56回全国大会
    場所: 山口大学
  19. 情報倫理教育の枠組みに対応させたコンテンツ並び替えアルゴリズムの実装 (2013/03/17) (発表)
    種別: 国内学会(全国)
    学会名:日本産業技術教育学会第28回情報分科会
    場所: 新潟青陵大学
  20. 情報モラル教育コンテンツの特徴の抽出 (2012/12/08) (発表)
    種別: 国内学会(地区ブロック)
    学会名:日本産業技術教育学会第28回四国支部大会
    場所: 香川大学
  21. 情報倫理教育用Webコンテンツの特徴分析 (2012/09/02) (発表)
    種別: 国内学会(全国)
    学会名:日本産業技術教育学会第55回全国大会
    場所: 北海道教育大学旭川校
  22. 行動と精神活動の方向性を考慮した情報倫理教育コンテンツ検索における絞り込み検索 (2012/03/18) (発表)
    種別: 国内学会(全国)
    学会名:日本産業技術教育学会第27回情報分科会
    場所: 鳴門教育大学
  23. 情報倫理教育コンテンツの検索システム構築のためのキーワード選定 (2011/12/08) (発表)
    種別: 国内学会(地区ブロック)
    学会名:日本産業技術教育学会第27回四国支部大会
    場所: 鳴門教育大学
  24. 情報教育授業利用のためのWebコンテンツ検索システムの構築 (2011/08/28) (発表)
    種別: 国内学会(全国)
    学会名:日本産業技術教育学会第54回全国大会
    場所: 宇都宮大学
  25. 行動と精神活動の方向性を組み込んだ情報倫理教育の枠組みの構築 (2011/03/06) (発表)
    種別: 国内学会(全国)
    学会名:日本産業技術教育学会第26回情報分科会
    場所: 山梨大学

過去5年間の研究業績

紀要等

  1. 竹口幸志・スマートシティ構築における市民参加の必要性 (2022/03/31) (単著)
    掲載誌名:鳴門教育大学研究紀要
    巻・号・頁: 第37巻,pp.392 - 402
  2. 竹口幸志・情報活用能力の育成における情報モラルの位置づけとその課題 (2022/02/01) (単著)
    掲載誌名:鳴門教育大学学校教育研究紀要
    巻・号・頁: 36巻,pp.163 - 171
  3. 竹口幸志・スマートシティ施策の比較 - 「個別分野注力型」と「共創型まちづくり」の分析 - (2021/03/01) (単著)
    掲載誌名:鳴門教育大学研究紀要
  4. 竹口幸志・K-12 Computer Science of Frameworkの構成概念と情報活用能力の比較 - Impacts of Computingと情報モラル - (2021/03/01) (単著)
    掲載誌名:鳴門教育大学学校教育研究紀要
  5. 竹口幸志・阪根健二・藤野雅幸・地域連携センターにおける「テレビ会議システム」の取り組み (2021/03/01) (共著)
    掲載誌名:鳴門教育大学学校教育研究紀要
  6. 竹口幸志・情報技術の進展に伴う情報モラル教育内容の再考 ―初等教育段階における情報モラル教育実施体系の分析を通して― (2020/03/01) (単著)
    掲載誌名:鳴門教育大学学校教育研究紀要
    巻・号・頁: 34巻
  7. 竹口幸志・情報政策にみるデータ利活用の現状と教育分野への応用 (2019/03/01) (単著)
    掲載誌名:鳴門教育大学研究紀要
  8. 竹口幸志・少子化の分析から観た阿波の教育 ― 徳島県を事例として ― (2018/03/01) (単著)
    掲載誌名:鳴門教育大学研究紀要
  9. 長江徹子,森篤之,北島孝昭,阪根健二,曽根直人,泰山裕,竹口幸志,藤原伸彦/「テレビ会議システム」を活用した現職教員研修の構築 (2018/03/01) (共著)
    掲載誌名:鳴門教育大学学校教育研究紀要
  10. 竹口幸志・学習経験および学習観が学習に及ぼす影響 (2018/03/01) (単著)
    掲載誌名:鳴門教育大学学校教育研究紀要

その他

  1. 金児,皆川,西村,竹口・ICT 教育実践を含めた学習指導力開発の提言 : 教職大学院改革における新コースのカリキュラムデザインを踏まえて (2022/03/31) (共著)
    掲載誌名:鳴門教育大学研究紀要
    巻・号・頁: 第37巻,pp.421 - 433

学会発表

  1. 竹口幸志・情報モラルの育成を考慮した数学Ⅰにおける教科等横断的な授業の提案 (2022/08/21) (発表)
    種別: 国内学会(全国)
    学会名:日本産業技術教育学会 第65回全国大会(広島)
    場所: オンライン開催
  2. 竹口幸志・共通教科情報科「情報Ⅰ」と公民科及び数学科など 教科等横断的な情報モラル育成方策の検討 (2022/03/19) (発表)
    種別: 国内学会(全国)
    学会名:一般社団法人 日本産業技術教育学会 第37回情報分科会(大阪)研究発表会
    場所: オンライン開催
  3. 新科目「情報Ⅱ」における科学的な理解に基づく情報モラル育成の検討 (2021/03/14) (発表)
    種別: 国内学会(全国)
    学会名:一般社団法人 日本産業技術教育学会  第36回情報分科会(高知)研究発表会
    場所: オンライン開催
  4. 竹口幸志・K–12 Computer Science Frameworkにおける情報倫理の概念 (2020/09/06) (発表)
    種別: 国内学会(全国)
    学会名:一般社団法人 日本産業技術教育学会 第 63 回全国大会(千葉)
    場所: オンライン開催
  5. 竹口幸志・新科目「情報I」における情報モラル教育の考察 (2019/08/25) (発表)
    種別: 国内学会(全国)
    学会名:一般社団法人 日本産業技術教育学会
    場所: 静岡大学
  6. 竹口幸志・オンライン学習における学習志向性の分析 (2019/03/17) (発表)
    種別: 国内学会(全国)
    学会名:一般社団法人 日本産業技術教育学会
    場所: 宇都宮大学
  7. 竹口幸志・学習者の学習方略認知がオンライン学習に与える影響 (2018/08/26) (発表)
    種別: 国内学会(全国)
    学会名:日本産業技術教育学会第61回全国大会 
    場所: 信州大学
  8. 竹口幸志・オンライン学習における学習者特性 (2018/03/18) (発表)
    種別: 国内学会(全国)
    学会名:日本産業技術教育学会第33回情報分科会 
    場所: 岡山大学