【新入生対象】入学式等延期に伴う授業開始前学習について(4月15日更新)

2020年4月16日

 ご承知のとおり、新型コロナウイルス感染症の国内感染者拡大への対応として、鳴門教育大学でも学事日程を変更し、授業開始日を遅らせています。このことによって皆さんの学修機会が失われることがないように、本学では、授業開始前に行う課題学修を課すこととしました。新入生については、開始後の授業内容につながる課題を設定をしましたので、以下の要領に沿ってレポートを作成してください。
 なお、授業科目によっては、本課題の提出をもって授業開始日までの授業に出席したものとみなすことがあります。

 

 

学校教育学部


◆以下の3点の課題について、それぞれ1,200字程度のレポートを作成してください。
◆各課題の1行目には、課題番号(【課題1】【課題3】には視聴した講座の番号)、専修・コース、氏名を記載してください。

例 【課題1】(No8) ******コース 鳴門太郎

◆提出締切:5月29日(金)午後5時
 提出先  :教務課

 

【課題1】
    独立行政法人教職員支援機構オンライン講座「校内研修シリーズ」(https://www.nits.go.jp/materials/intramural/)の、以下の番号の講座から1本を視聴し、「学校は現代社会の諸問題にどのように対応できると考えるか」を述べてください。

講座番号   No8,No14,No26,No30,No42,No50,No55,No56,No61,No62

【課題2】
    「これから大学生また社会人として生きていく上で、健康・スポーツ、情報リテラシー、英語(外国語)が、あなたにとってどのような意味を持つと考えるか、また、どのように取り組んでいきたいか」を述べてください。

 

【課題3】
    独立行政法人教職員支援機構オンライン講座「新学習指導要領編(校内研修シリーズ)」(https://www.nits.go.jp/materials/youryou/)の、「No1~No31」の中から2本(No1~No6からは必ず1本)を視聴し、「教員としてこれからあなたが身に付けていかなければならない力(資質・能力)とその方略」を述べてください。

 

 

修士課程


◆各コース等からの課題に沿って,対応してください。
    〇心理臨床コース
      ・臨床心理学領域課題
       河合隼雄著『カウンセリングの実際』(岩波現代文庫)の第一章~第五章までを読んでおいてください。
    *章ごとに概要をまとめ,それぞれの章について,疑問点や考えたことを書き出しておくことが望ましい。
      ・心理・教育科学領域
          既に領域担当教員から,個別に事前課題が出されています。
          領域担当教員の指示に従ってください。
      ・障害科学領域
       既に領域担当教員から,課題が郵送で送られています。
         案内文に沿って対応してください。
   
    〇現代教育課題総合コース
       以下のアドレスを参照の上,対応してください。
      (https://www.naruto-u.ac.jp/course/sougou/2020_Welcom_letter_20200409.pdf

    〇グローバル教育コース
        コース担当教員から連絡がありますので,指示に従ってください。

 

 

専門職学位課程(教職大学院)


◆以下の2点の課題について、それぞれ1,200字程度のレポートを作成してください。
◆各課題の1行目には、課題番号(視聴した講座の番号)、コース(分野)、氏名を記載してください。

例 【課題1】(No1) ***コース(**分野) 鳴門太郎

◆提出締切:5月29日(金)午後5時
      提出先 :教務課

 

【課題1】
    独立行政法人教職員支援機構オンライン講座「新学習指導要領編(校内研修シリーズ)」(https://www.nits.go.jp/materials/youryou/)の、「No1~No35」の中から1本以上を視聴し、「新学習指導要領に対するあなたの見解」を述べてください。
【課題2】
    独立行政法人教職員支援機構オンライン講座「校内研修シリーズ」(https://www.nits.go.jp/materials/intramural/)から,教職に関する課題意識に近いもの1本を視聴し,「テーマに関するあなたの見解」を述べてください。

お問い合わせ

教務部教務課大学院教務係
電話:088-687-6097