2019年度・第8回全国教育実践活動コンテストの審査結果について

2019年9月3日

  2019年度・第8回全国教育実践活動コンテストの審査結果について

 

                                                                 国立大学法人鳴門教育大学
                            鳴門教育大学同窓会

 

2019年2月に募集しました標記コンテストには、11件の応募をいただきました。
応募者の内訳は、小学校2件、中学校2件、高等学校4件、特別支援学校3件でした。
厳正な審査の結果、次の方々が選考されましたので実践記録のテーマを発表します。
なお、2020年度も引き続きコンテストを開催しますので、多数の方々の応募をお待ち
しています。

 

〇最優秀賞(教育支援金10万円)   
   つくば市立竹園西小学校 奥沢 忍 教諭
 テーマ  特別支援学級の特性に対応したICT活用の試み
     ~一人一人の学習の見通しと学びやすさを支えることを目指して~
 

〇優秀賞(教育支援金7万円)
 長崎県立対馬高等学校 上村 洸貴 教諭
 テーマ 遠隔教育システムを用いた国内外の大学等との連携
     -離島における教育の質の向上に向けた取組-
 

〇奨励賞(教育支援金5万円) 
 石川県立明和特別支援学校 竹川 久美子 教諭  
 テーマ 知的障害児が「主体的に遊ぶ」ことを目指した遊びの指導方法の確立
    -教師の児童の内面の読み取りと支援、学習環境の設定-
 

〇奨励賞(教育支援金5万円) 
 三重県立稲葉特別支援学校 西井 孝明 主幹教諭 
 テーマ 校内資源を活用した小集団で行う自立活動の授業改善
     -身近な人との関りを通して育むキャリア発達-


 

■お問い合わせ■

   鳴門教育大学同窓会

   電話:090-5279-1466

   E-Mail:nueaa@naruto-u.ac.jp