プリンタ

端末室オンラインプリンタについて

次の端末室および附属図書館に設置しています。
・人文棟特殊端末室
・自然棟特殊端末室
・教育用端末室
・マルチメディア教育実習室
・附属図書館

利用方法

印刷には,ユーザID(学籍番号)が必要です。
ユーザIDごとに付与されるポイントを利用して印刷します。

【利用方法 : PCから印刷を実行する】

1 端末室および附属図書館のPCから印刷を実行します。
このとき,プリンタに,prn_kiban を指定してください。

2 プリンタのオンデマンド端末を操作して出力します。
ユーザID(学籍番号)とパスワードを入力,または,学生証をかざして,ログインします。
表示された印刷ジョブから,選択して印刷します。

オンデマンド端末にUSBメモリを直接接続して印刷する機能はありません。パソコンにUSBメモリを接続し,印刷して下さい。

【印刷ポイントについて】

印刷は,各ユーザごとに付与されるポイントを利用して行います。
年度毎に設定するポイントで換算される制限枚数までは,課金を必要とせずに利用できます。
教育研究用に限り,有償で印刷制限枚数を増加させることができます。

年度初めに一人あたり1200ポイントが付与されます。
ポイントがなくなった場合には,教育研究のための利用に限り,1000ポイント単位での追加購入もできます。
情報基盤センター利用支援室へご相談ください。
プリンタ印刷利用ポイント追加申請書(利用者負担)
プリンタ印刷利用ポイント追加申請書(コース等経費負担)

利用ポイント数/付与ポイント数 は,プリンタのオンデマンド端末で確認できます。
白黒/カラーの設定は,パソコン側のプリンタのプロパティにて設定して下さい。オンデマンド端末よりの切換はできなくなりました。

【ポイント換算について】

白 黒 : 4ポイント / 1面 (全サイズ)
カラー:12ポイント / 1面 (全サイズ)

【用紙サイズ】

A4,A3,B4 の用紙に対応しています。
B5,Letter sizeには対応しておりません。
(用紙の持ち込みはできません)
ラベル用紙(タックシール用紙)は故障の原因となりますので,使用しないで下さい。

【故障などが起こったとき】

紙詰まり,用紙切れ,トナー切れなどの場合は,情報基盤センター 利用支援室までお知らせください。
備え付けの内線電話をご利用ください(内線番号:6710) ☆端末室の場所もご連絡下さい。
(附属図書館の場合は,図書館職員にお知らせ下さい)

出力サービスの利用方法

情報基盤センター2階の共同端末室に,大判プリンタおよびレーザーカッター,3Dプリンタを設置しています。

令和3年3月に大判プリンタが新しくなりました。
従来機種より高速になりました。高精度で高品質な大判印刷が可能となりましたので,ポスターなどの印刷に,ご利用ください。
平成29年11月にレーザーカッターのサービスを開始しました。
様々な材料を切断・彫刻できますので,教材・教具・模型などの加工にご利用下さい。
令和元年5月に3Dプリンタのサービスを開始しました。
様々な立体を造形できますので,教材・教具・模型などの作成にご利用下さい。


large-printer laser-cutter 3D_printer


大判プリンタ利用方法:

情報基盤センター利用支援室で,予約してください。
大判プリンタ利用申請書
学生または学生団体の方は,指導教員またはコース長・専攻長等に事前に許可をもらってください。
印刷には時間がかかりますので,スケジュールに余裕を持ってお越し下さい。

型式:

EPSON SC-P8050 B0プラス 8色プリンター

用紙サイズ:

用紙幅 111.8cm まで(B0ノビ)
PowerPointの場合,A0の規格まで可能。

データ形式:

Microsoft PowerPoint
Adobe Illustrator
Adobe Photoshop
など ※PostScript非対応
(Wordや一太郎, PDF, 画像ファイルなども可能です。ご相談ください。)

ご注意
標準フォント以外のフォントを使用されている場合,正常に印刷できない場合がございます。
その際は「フォント埋め込み」を行ったPDFファイルに保存して下さい。

用紙:

本センターが用意している次の用紙をご利用ください。
(用紙の持ち込みはできません)
光沢フォト用紙 -------------------(写真,CG等のデザイン向け)
半光沢フォト用紙 -----------------(一般のポスター,写真を含んだポスターセッション向け)
コート紙または厚手コート紙 -----(費用をかけたくない,印刷画質(色)にこだわらない場合)
ソフトクロス ---------------------(折りたたんで持ち運びが可能で,学会ポスターなどに最適)
キャンバス -----------------------(デジタルファインアートや写真の出力に最適)
耐久バナー -----------------------(耐久性,耐水性に優れており屋外バナーなどに最適)

参考:

PowerPointでの大型ポスター作成の手引き
PowerPoint A0テンプレート

印刷料金:

ご利用の経費は,コース等の配分経費から差し引かせていただきます。


レーザーカッター利用方法:

情報基盤センター利用支援室で,ご希望の日時を予約してください。
施設利用申請書

火災など,事故防止のため当センター職員が立ち会わせていただきます。

材料について:

加工する材料は各自お持ちになってください。
試し加工を推奨しておりますので,材料は余裕を持ってご用意ください。
当センターでは,材料をご用意しておりません。

加工可能な素材:

木材・アクリル・プラスチック(塩化ビニール製は不可)・紙・ゴム
など
※ただし,曲面を加工することはできません。

加工不可能な素材:

塩化ビニール製の素材・金属など
(その他,加工時に有毒ガスを発生する素材)


加工最大サイズ:

457mm×305mm

(高さ・厚さは約150mmまで加工用テーブルに入りますが,
 切断・加工できる厚さ・深さは素材によりますが,5mm程度です)

データ形式:

Adobe Illustrator
CorelDraw
Inkscape
各種CAD
など

参考:

レーザーカッター作業の流れ
レーザーカッター加工データ作成の手引き
レーザーカッター実寸テンプレート(Illustratorの形式)


3Dプリンタ利用方法:

情報基盤センター利用支援室で,ご希望の日時を予約してください。
施設利用申請書
作成には時間がかかりますので,スケジュールに余裕を持ってお越し下さい。

火傷など,事故防止のため当センター職員が立ち会わせていただきます。

型式:

 Qholia 3Dプリンター


材料について:

・使用可能素材: PLA, ABS など
 
 3Dプリンタ用フィラメント(1.75mm)は,各自ご購入ください。
 事前に,情報基盤センター利用支援室へご相談ください。

造形可能範囲:

 X 210mm × Y 205mm × Z 205mm

データ形式:

STL形式
 STLデータを KISSlicer でスライスし,Gコードデータを作成します。

 ※データ保存用の SDカード(SDHC) をご用意下さい。

STL形式とは
 STL(STereoLithography)データ形式
 3D CADソフト用のファイルフォーマットの一つで,3Dプリンタでは最も使用されているファイルフォーマット

参考:

Qholiaについて
Qholia 活用記録

KISSlicer
3Dプリンタ用フィラメント

ページのトップへ