行動分析学の部屋

 

行動分析学の部屋へ、ようこそ。

 行動分析学は、人間や動物の行動を環境との関わり合いからとらえる、最新の学習心理学です。行動分析学では、見る、話す、持つ、感じる、考えるなど、生物にできることすべてを分析の対象としています。そして、どのような環境条件でこうした行動が学習されるのか研究しているのです。

 行動分析学には、学習に関する基礎的な法則を実験によって明らかにしようとする実験的行動分析学と、基礎的な法則を社会的に重要な問題の解決に応用する方法を開発する応用行動分析学があります。これまでに、学校教育、障害児教育、生徒指導、カウンセリング、スポーツのコーチング、企業コンサルティング、医療や福祉、交通安全など、さまざまな分野で成果を上げており、実践にも活かされています。

 学校や家庭、職場など、いろいろな場面での問題解決に、お役に立てるような部屋にしていきたいと思っています。

【案 内】

【掲示板】

【シリーズ】

【資 料】

 日本行動分析学会第18年次大会で行われたシンポジウムを、情報処理センターとのコラボレーションでインターネットライブ中継しました。発表資料やネットでの質疑応答については上からどうぞ。

 PHSとノートパソコン、RealProducerを使った低コストネット中継の技術的な資料は現在準備中です。今しばらくお待ち下さい。