自己学習の館

ようこそ、自己学習の館へ。

ワークショップでは、教育実践や教育研究における様々な問題の解決に役立つ方法論を、特定のテーマについてまとめて紹介しています。

学問の部屋では、どうしてそういった方法論が有効なのかを、教育工学分野のスタッフがそれぞれの専門分野から考えています。

ワークショップ
人間関係をよくするためのコミュニケーション
崩壊を起こさない学級経営
教育実践研究のための一事例研究法
ビギナーのための知的生産性を高めるあの手この手
コミュニケーションは思考を誘導する−納得を生む情報呈示−(SCS 特別講義「教育実践と情報科学」資料)1999.1.25 SCS 特別講義「教育実践と情報科学」資料
パフォーマンス・マネジメント:組織における行動分析学(98年度行動分析学会公開講座「ヒューマンサービス領域における応用行動分析:プロフェッショナルの共通言語として」資料
創造的思考力を高めるには
問題行動に学校全体で取り組むために
コミュニケーションで思考を促進する −創造的な問題解決をめざして−(SCS 教育工学特講2 資料) 2000.2.4
学習の法則を学ぶプログラム− 基礎編 −
日常的な問題の原因推定における創造性:Creativity training in causal inference: The effects of instruction type and presenting examples.(Thinking 2000発表資料)注:Microsoft Internet Exploreの最新版でないとうまく表示されないことがあります。
    
学問の部屋
認知心理学
行動分析学
知識工学