鳴門教育大学教職大学院について

鳴門教育大学教職大学院

 学校教育研究科高度学校教育実践専攻(教職大学院)では,幅広い視点からの問題分析力・対応力・解決力を有し、学校や地域で指導力を発揮できる教員と,実践的対応力に優れた新人教員を養成します。設置するコースは,主として現職教員を対象とする「教職実践力高度化コース(定員35人)」,学卒者を対象とする「教員養成特別コース(定員15人)」の2コースです。

 本学の教職大学院では,現職教員学生,学卒学生,それぞれのキャリアに応じたきめ細かい教育を行います。また,実務家教員と研究者教員がチームワークを発揮して指導を行うのが,特徴です。
  教職大学院修了者には,教職修士(専門職)の学位が授与されます。また,専修免許状の取得が可能です。

 

  

 

カリキュラムの魅力ある5つの特色

 幅広く、体系化されたカリキュラムで学びます

 3つの力(教育実践力,自己教育力,教職協働力)からなる教職実践力を磨きます

 クロス・キャリア・ラーニングで学びを深めます

 

  

充実した教育体制で質の高い教育を保障

 学校現場の教育活動や学校経営等の改善に連動

 実務家教員と研究者教員をバランスよく配置

 学校のニーズに応える4つの教職実践プログラム

  

カリキュラムの編成

 教職大学院では,実習科目を中心にカリキュラムが編成されます。共通科目や専門科目で学んだことを実習科目で活用・検証し,2年間の学修の成果と課題を「最終成果報告書」にまとめます。

 

教職実践力高度化コース

   1年次前期に共通科目,後期に専門科目を履修しながら,自己の教職経験を省察したり,勤務学校の課題を

  アセスメントします。

    2年次は,実習科目を中心に専門科目と連動させて,勤務学校での実習に取り組みます。

 

修了要件 共通科目18単位、専門科目18単位、実習科目10単位、計46単位以上

 

教員養成特別コース

     1年次は,共通科目と専門科目を履修しながら,特に後期から連携協力校(小中学校)での実習に取り組みま

  す。

     2年次は,実習科目を中心に専門科目と連動させて,連携協力校での実習に取り組みます。

 

修了要件 共通科目18単位、専門科目16単位、実習科目12単位、計46単位以上

    

   【小学校教員養成長期プログラム】

      出身大学で教職科目を修得していない学生でも,3年間の在籍で教職修士(専門職)の学位を取得し「専修免

   許状」を得られる,充実したプログラムです。

    1年次は,学部の授業科目を中心に履修します。

       2年次,3年次は学部授業科目と大学院開設科目を履修します。

 

            修了要件 教員養成特別コース修了要件 + 小学校教諭免許状の取得

 

 

   各コースの履修モデル

2016履修モデル.jpg

 

 

 

教職大学院のコース

  教職実践力高度化コース

 教員養成特別コース

 

修了した先輩からの声

  
 
最終更新日:2016年8月5日

お問い合わせ

教務企画部教務企画課教職・長期履修支援係
電話:088-687-6678
ファクシミリ:088-687-6694