「つながルーム」研修会-ユニバーサルデザインの授業活用-を開催しました

2015年10月22日

 

1.研修内容

 

   ユニバーサルデザインの授業活用

   簡単・明瞭 あの子がわかる みんながわかる UD(ユニバーサルデザイン)

 

2.講師

 

   鳴門教育大学 准教授(教職大学院担当)

    末内 佳代

 

3.日時

 

   平成27年10月14日(水) 15:30~16:45

 

4.場所

 

   鳴門教育大学 地域連携センター2階 教授スキル演習室

   つながルーム」阿南

   「つながルーム」美馬

 

5.研修会の様子

   

   当日は,阿南市,美馬市の小中学校教員及び教育委員会職員(約80名)が参加して,

  ユニバーサルデザインの授業活用についての研修が行われました。

   研修では,ユニバーサルデザインの基本説明に始まり,ユニバーサルデザインを取り入れ

  授業組立のポイント等に至るまで講義行い,末内准教授から,ユニバーサルデザインを

  活用した教材や実践例の提示に対し,参加者はメモを取るなど,熱心に講義に聴き入っていました。   

   また,阿南会場では,末内准教授のゼミ生であった現職教員2名から,実際の教育現場で

  ユニバーサルデザインを取り入れた活動について,自作教材の提示を交えた発表も行なわれました。

   研修終了後の質疑応答では参加者から感謝の言葉もあり,有意義な研修となりました。

   

参加者の意見・感想(アンケート結果から抜粋)

  具体的にUDの写真を見せていただき,視覚的によくわかった

  たくさんの教材を紹介していただいたので実践に活用したい。

  時間が短かったので,実践例についての話をもっと伺いたかったが,たいへんわかりや

   ,自校でも実践してみようという意欲が高まる内容だった

  子どもが多様化する中で,授業の流れを視覚化することの重要性を再認識した。今後,

   展開をしっかり考えていきたい

 

sueuchi2.JPG
     
講義を行う末内准教授(鳴門教育大学)

阿南
     講義に聴き入る参加者(
「つながルーム」阿南)

お問い合わせ

経営企画部企画課改革プロジェクト
電話:088-687-6164