教員免許更新制の概要

 平成19年6月の教育職員免許法の改正により,平成21年4月1日から教員免許更新制が導入されることになりました。
 教員免許更新制は,その時々で教員として必要な資質能力が保持されるよう,定期的に最新の知識技能を身に付けることで,教員が自信と誇りを持って教壇に立ち,社会の尊敬と信頼を得ることを目指しています。

 教員免許状の更新に当たっては,修了確認期限の2ヶ月前までの2年間に,大学などが開設する30時間(必修領域6時間,選択必修領域6時間,選択領域18時間)以上の免許状更新講習を受講・修了した後,免許管理者に申請して修了確認を受けることが必要です。

 

教員免許更新制の基本的な流れ

〈各自が最初に行うこと〉
文部科学省HP学外のサイトへ移動しますで,最初の修了確認期限の確認をします。(受講対象者であることの確認)

〈各自の修了確認期限の2ヶ月前までの2年間のうちに行うこと〉
各自が文部科学省や大学のホームページ等を確認して,受講したい免許状更新講習を選択します。

各自が各大学等に受講申込みを行います。(受講申込書で各学校長(園長)等から教員であることの証明をしていただきます。)
※開設大学等により受講申込みの方法が違うことがありますので,ご注意下さい。

大学等が開設する免許状更新講習を受講します。(教諭の職にある方は「教諭」,養護教諭の職にある方は「養護教諭」,栄養教諭の職にある方は「栄養教諭」を対象職種とする講習を受講することが必要です。)

30時間以上の講習の課程を修了(課程の一部である場合は履修)した場合は,各大学等から修了証明書(履修証明書)が発行されます。

〈各自の修了確認期限の2ヶ月前までに行うこと〉
各自が修了証明書(30時間以上の履修証明書のセット)を添付し,勤務する幼稚園,学校が所在する各都道府県(免許管理者)に更新講習修了確認の申請をします。

免許管理者が更新講習修了確認を行い,更新講習修了確認証明書が発行されます。

次の修了確認期限(10年後)まで,持っているすべての教員免許状が有効です。

※校長(園長),副校長(副園長),教頭,主幹教諭,指導教諭その他免許管理者が定める職にある方は,講習の受講を免除される可能性があります。受講免除を受けるためには,免許管理者に免許状更新講習の受講免除の認定申請が必要です。
※免許管理者とは,幼稚園,学校に勤務されている教職員の場合,幼稚園,学校が所在する都道府県の教育委員会となります。免許状を授与された都道府県ではないことにご注意ください。

 

 教員免許更新制についての詳細は文部科学省HPをご覧ください。

最終更新日:2017年03月02日