保育者・教員志望学生及び現職保育者の絵本と紙芝居に対する認識に関する調査

( 最大 2000 件 )
URI http://www.naruto-u.ac.jp/repository/metadata/4112
ファイル
本文言語
日本語
区分
鳴門教育大学
掲載誌名
鳴門教育大学情報教育ジャーナル
出版物タイトル(別表記)
Journal of information education, Naruto University of Education
出版者
鳴門教育大学情報基盤センター
ISSN
1882-3661
NCID
AA12563855
15
開始ページ
15
終了ページ
23
並び順
3
発行日
2017-12
タイトル

保育者・教員志望学生及び現職保育者の絵本と紙芝居に対する認識に関する調査

タイトルよみ

ホゴシャ キョウイン シボウ ガクセイ オヨビ ゲンショク ホイクシャ ノ エホン ト カミシバイ ニ タイスル ニンシキ ニ カンスル チョウサ

著者
著者 伊音 星奈
チョシャ イオン セイナ
Author
所属 徳島県板野郡北島町立北島北幼稚園
Affiliate
著者 湯地 宏樹
チョシャ ユジ ヒロキ
Author
所属 鳴門教育大学 大学院 基礎・臨床系教育部
Affiliate
記事種別(日)
研究論文
抄録(日)

本研究は,保育者・教員志望学生と現職保育者を対象として調査を行い,絵本と紙芝居の絵本や紙芝居に対する認識の違いや読み方と演じ方の違いがあるのか。その結果,絵本と紙芝居の歴史や読み方,演じ方については,保育者・教員志望学生よりも現職保育者がよく認識していたが,昔は絵本と紙芝居が子どもに害があるといわれていたことについての認識には違いはみられなかった。しかし,絵本と紙芝居の読み方,演じ方においては,現職保育者は「間」と「子どもとのかかわり」を重視していた。絵本と紙芝居の経験を重ねるなかで,子どもとのかかわりや間の取り方を身につけていくと考えられる。しかし,紙芝居を演じる位置については有意差がみられなかった。保育現場において紙芝居の舞台の使用がされていないことが考えられる。また絵本と紙芝居の読み方と演じ方にはあまり差がないことから,絵本と紙芝居は同じように扱われていることがうかがえる。

キーワード(日)
絵本
紙芝居
読み方
演じ方
論文のバージョン
publisher
本文の有無
本文あり
資料タイプ
紀要論文
〒772-8502 徳島県鳴門市鳴門町高島字中島748番地
Copyright(C)2011- Naruto University of Education. All Rights Reserved.