「そのもの」の用法と意味

( 最大 2000 件 )
URI http://www.naruto-u.ac.jp/repository/metadata/102
ファイル
本文言語
日本語
区分
鳴門教育大学
掲載誌名
鳴門教育大学研究紀要
出版物タイトル(別表記)
Research bulletin of Naruto University of Education
出版物サブタイトル
人文・社会科学編
出版物サブタイトル(別表記)
Humanities and Social Sciences
出版者
鳴門教育大学
出版者(別表記)
Naruto University of Education
ISSN
1880-7194
NCID
AA12124651
22
開始ページ
252
終了ページ
260
並び順
4
発行日
2007-03-05
タイトル

「そのもの」の用法と意味

タイトルよみ

ソノモノ ノ ヨウホウ ト イミ

タイトル(別表記)

On the Meaning and Use of Sono-mono in Japanese

著者
著者 茂木 俊伸
チョシャ モギ トシノブ
Author MOGI Toshinobu
所属 鳴門教育大学言語系(国語)教育講座
Affiliate Naruto University of Education
抄録(英)

This paper describes the meaning and use of the expression sono-mono in Japanese. Sono-mono has two uses like the so-called emphatic-reflexive itself in English. One is "noun use" which has reflexive interpretation, the other is "predicative use" which has a metaphorical one. This paper shows that the factor determining these interpretations of sono-mono is the referential property of the preceding phrase. Finally, this paper concludes that the basic meaning of sono-mono can be defined as the marker of the upper bound of the paradigmatic scale.

キーワード(日)
「そのもの」
比喩
再帰表現
強調
とりたて
論文のバージョン
publisher
本文の有無
本文あり
資料タイプ
紀要論文
〒772-8502 徳島県鳴門市鳴門町高島字中島748番地
Copyright(C)2011- Naruto University of Education. All Rights Reserved.