性の多様性に関する教育実践の国際比較

( 最大 2000 件 )
URI http://www.naruto-u.ac.jp/repository/metadata/846
ファイル
本文言語
日本語
区分
鳴門教育大学
掲載誌名
鳴門教育大学学校教育研究紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of Center for Collaboration in Community Naruto University of Education
出版者
鳴門教育大学地域連携センター
出版者(別表記)
Center for Collaboration in Community, Naruto University of Education
ISSN
1880-6864
NCID
AA1212544X
30
開始ページ
65
終了ページ
74
並び順
9
発行日
2016/02
タイトル

性の多様性に関する教育実践の国際比較

タイトルよみ

セイ ノ タヨウセイ ニ カンスル キョウイク ジッセン ノ コクサイ ヒカク

タイトル(別表記)

International Comparison of Educational Practices on Sexual and Gender Diversities

著者
著者 戸口 太功耶
チョシャ トグチ タクヤ
Author TOGUCHI Takuya
所属 兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科
Affiliate Doctoral program student of the Joint Graduate School in Science of School Education, Hyogo University of Teacher Education
著者 葛西 真記子
チョシャ カサイ マキコ
Author KASAI Makiko
所属 鳴門教育大学
Affiliate Naruto University of Education
記事種別(日)
原著論文
記事種別(英)
Original Paper
抄録(日)

本研究は,日本内外の性の多様性に関する教育実践の特徴をつかみ,その比較によって,海外にはない日本の独自性と,海外から日本に取り入れることの応用可能性を見出すことが目的であった。方法は文献レビューとし,日本と,海外の中でも先進的な内容かつ,WEB上に公開され,参照が容易であるアムステルダム,アメリカ,スコットランド,オンタリオのそれぞれの実践案と対応指針に関する文献を対象とした。結果,日本の実践の方法は,①批判的思考の訓練,②知識の獲得,③技術と態度の改善,④実体験の理解のいくつかの要素で構成されていることがわかった。海外では,より学級や学校の風土に関与し,周囲を支援者であるアライとして巻き込んでいく方法がとられやすいと考えられた。日本における実践の独自性は「性の多様性に対する理解の促進」に関する実践,海外からの応用可能性は「学校内外の環境への働きかけ」に関する実践であった。

抄録(英)

This study aimed to reveal the uniqueness of Japanese educational practices in the field of sexual diversity and to explore the applicability of foreign practices to the Japanese educational system. Reports on actual practices and the related policies of Japan, Netherlands, and the United States, Scotland, and Canada were reviewed for the accessibility of their documents online as well as for their advancement in the field. Elements such as 1) critical thinking training, 2) knowledge acquisition, 3) improvement of skills and attitude, and 4) understanding of real experiences were found to constitute Japanese educational practices. Foreign practices were unique in their promotion of engagement in the classroom or school environment to facilitate the involvement of related people as allies. In short, the uniqueness of Japanese educational practices lay in the promotion of the understanding of sexual and gender diversity, and the applicability of foreign education practices was found relevant to the approach to the environment within and outside of the school.

キーワード(日)
性の多様性
セクシュアル・マイノリティ
クィア
LGBT
教育学
心理学
キーワード(英)
sexual and gender diversity
sexual minority
queer
LGBT
pedagogy
psychology
論文のバージョン
publisher
本文の有無
本文あり
資料タイプ
紀要論文
〒772-8502 徳島県鳴門市鳴門町高島字中島748番地
Copyright(C)2011- Naruto University of Education. All Rights Reserved.