「学びのユニバーサルデザイン」の枠組みを援用した授業設計とその効果

( Max 2000 Items )
URI http://www.naruto-u.ac.jp/repository/metadata/633
File
Language
jpn
Set
鳴門教育大学
Journal Title
鳴門教育大学学校教育研究紀要
Journal Title Alternative
Bulletin of Center for Collaboration in Community Naruto University of Education
Publisher
鳴門教育大学地域連携センター
Publisher Alternative
Center for Collaboration in Community, Naruto University of Education
ISSN
1880-6864
NCID
AA1212544X
Volume
29
SPage
151
EPage
159
sort
17
Published Date
2015/02
Title

「学びのユニバーサルデザイン」の枠組みを援用した授業設計とその効果

Title_Transcription

マナビ ノ ユニバーサル デザイン ノ ワクグミ オ エンヨウシタ ジュギョウ セッケイ ト ソノ コウカ

Title Alternative

The Design of Teaching Incorporated the Framework of Universal Design for Learning and its Effectiveness

Authors
著者 川上 綾子
チョシャ カワカミ アヤコ
Author KAWAKAMI Ayako
所属 鳴門教育大学
Affiliate Naruto University of Education
著者 石橋 恵美
チョシャ イシバシ エミ
Author ISHIBASHI Emi
所属 松山市立味生小学校
Affiliate Mibu Elementary School in Matsuyama City
著者 江川 克弘
チョシャ エガワ カツヒロ
Author EGAWA Katsuhiro
所属 鳴門教育大学
Affiliate Naruto University of Education
著者 益子 典文
チョシャ マシコ ノリフミ
Author MASHIKO Norifumi
所属 岐阜大学
Affiliate Gifu University
Docuemnt Type
原著論文
Docuemnt Type
Original Paper
Description

本研究は,学びのユニバーサルデザイン(UDL)の枠組みを援用して小学校の国語科と算数科の授業を設計し,その効果について検討した。予備調査の結果をふまえてまず設計の基本方針(①学習活動や学習内容及び進捗状況の可視化,②学習活動の効率化と子どもの認知的負担の軽減,③自己選択・自己決定の場の設定)を定め,それらを授業における手だてとして具現化する際にUDL ガイドラインを用いた。設計した授業を実践した結果,単元目標の達成に一定の効果がみとめられた。また,手だての導入にあたって意図した効果の実現及び手だての有用性の実感について質問紙調査をおこなったところ,いずれも肯定的回答が大半を占めた。これらの結果に基づき,わが国の学校教育におけるUDL の適用について論じた。

Description

The purpose of this study was to design the teaching of Japanese and Mathematics in elementary school with incorporating the framework of Universal Design for Learning (UDL) and to investigate the effectiveness of the design. The three basic principles for designing - 1) the visualization of procedures and progress of learning, 2) the efficient learning activity and the mitigation of learners' cognitive load, and 3) setting the opportunities for self-choice or self-decision - were established from the results of preliminary surveys. These principles were embodied in teaching strategies of classes through UDL Guidelines. The results indicated that the designed teaching had some effectiveness for the achievement of learning goal and many learners recognized each strategy used in classes to be available. On the basis of these results, the application of UDL approach to school education in Japan was discussed.

Subject
学びのユニバーサルデザイン
授業設計
指導の手だて
Subject
universal design for learning
design of teaching
teaching strategy
Version
publisher
Description
With File
資料タイプ
Departmental Bulletin Paper
〒772-8502 徳島県鳴門市鳴門町高島字中島748番地
Copyright(C)2011- Naruto University of Education. All Rights Reserved.