学校予防教育プログラム「感情の理解と対処の育成」の教育効果 : 小学校5年生を対象に

( 最大 2000 件 )
URI http://www.naruto-u.ac.jp/repository/metadata/623
ファイル
本文言語
日本語
区分
鳴門教育大学
掲載誌名
鳴門教育大学学校教育研究紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of Center for Collaboration in Community Naruto University of Education
出版者
鳴門教育大学地域連携センター
出版者(別表記)
Center for Collaboration in Community, Naruto University of Education
ISSN
1880-6864
NCID
AA1212544X
29
開始ページ
53
終了ページ
61
並び順
7
発行日
2015/02
タイトル

学校予防教育プログラム「感情の理解と対処の育成」の教育効果 : 小学校5年生を対象に

タイトルよみ

ガッコウ ヨボウ キョウイク プログラム カンジョウ ノ リカイ ト タイショ ノ イクセイ ノ キョウイク コウカ : ショウガッコウ 5ネンセイ オ タイショウ ニ

タイトル(別表記)

Educational Effects of School-Based Prevention Education Program “Development of Understanding and Regulating Emotions” : The Effects Among Fifth Grade Children

著者
著者 賀屋 育子
チョシャ カヤ イクコ
Author KAYA Ikuko
所属 鳴門教育大学予防教育科学センター
Affiliate Center for the Science of Prevention Education, Naruto University of Education
著者 内田 香奈子
チョシャ ウチダ カナコ
Author UCHIDA Kanako
所属 鳴門教育大学予防教育科学センター
Affiliate Center for the Science of Prevention Education, Naruto University of Education
著者 山崎 勝之
チョシャ ヤマサキ カツユキ
Author YAMASAKI Katsuyuki
所属 鳴門教育大学大学院人間形成コース
Affiliate Department of Human Development, Naruto University of Education
記事種別(日)
原著論文
記事種別(英)
Original Paper
抄録(日)

本研究は,学級集団を対象としたユニバーサル予防教育TOP SELF (Trial Of Prevention School Education for Life and Friendship)のベース総合教育「感情の理解と対処の育成」のプログラムを実施し,その教育効果を検証した。対象者は小学校5年生3学級に在籍する109名で,自己評価,他者評価(クラス),向上度評価(自己・グループ・クラス)で構成された自記式質問紙を用いてデータを収集し,教育効果を分析した。その結果,当該プログラムの中位目標である「感情の同定」「感情の理解」「感情の対処」全てにおいて自己評価で有意な教育効果が確認された。また,他者評価においても「感情の理解」以外において,性差はみられたものの有意な教育効果が認められた。

抄録(英)

This study examined the educational effectiveness of an universal prevention education, named “Trial of Prevention School Education for Life and Friendship (TOP SELF)” for Development of Understanding and Regulating Emotions. This program is designed to develop children’s emotional understanding and emotional regulation. Participants were 109 5th grade children from three classes. They completed a self-report inventory before and after the intervention. The inventory included questions of students’ perception of own, group members’ and classmates’ skills: identifying, understanding, and regulating emotions. The results indicated that participants perceived significant improvement in those skills of themselves after the intervention. Girls demonstrated higher mean levels for their classmates’ ability in identifying and regulating emotions and boys highlighted a higher mean level for their classmates’ proficiency in emotional regulation. Several items are significantly correlated with impression of this program such as“ the program was enjoyable” and “the program was understandable enough”

キーワード(日)
予防教育プログラム
感情の理解と対処の育成
児童
キーワード(英)
prevention education program
development of understanding and regulating emotions
children
論文のバージョン
publisher
本文の有無
本文あり
資料タイプ
紀要論文
〒772-8502 徳島県鳴門市鳴門町高島字中島748番地
Copyright(C)2011- Naruto University of Education. All Rights Reserved.