学校予防教育の普及への方途と過程

( 最大 2000 件 )
URI http://www.naruto-u.ac.jp/repository/metadata/604
ファイル
本文言語
日本語
区分
鳴門教育大学
掲載誌名
鳴門教育大学学校教育研究紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of Center for Collaboration in Community Naruto University of Education
出版者
鳴門教育大学地域連携センター
出版者(別表記)
Center for Collaboration in Community, Naruto University of Education
ISSN
1880-6864
NCID
AA1212544X
28
開始ページ
47
終了ページ
53
並び順
6
発行日
2014/02
タイトル

学校予防教育の普及への方途と過程

タイトルよみ

ガッコウ ヨボウ キョウイク ノ フキュウ エノ ホウト ト カテイ

タイトル(別表記)

Processes and Methods for the Dissemination of Prevention Education at School

著者
著者 山崎 勝之
チョシャ ヤマサキ カツユキ
Author YAMASAKI Katsuyuki
所属 Department of Human Development, Naruto University of Education / Center for the Science of Prevention Education, Naruto University of Education
Affiliate
著者 内田 香奈子
チョシャ ウチダ カナコ
Author UCHIDA Kanako
所属 Center for the Science of Prevention Education, Naruto University of Education
Affiliate
記事種別(日)
原著論文
抄録(日)

子どもの健康と適応問題にユニバーサル予防で対処する教育が開発され4年が経過しようとしている。この学校予防教育はトップ・セルフと呼ばれるが,現在,学校教員が全面的に授業を実施するまでに進展している。本論文では,開発から現在に至るまでのこの教育の展開について紹介し,今後の全国普及を踏まえた具体的方法とその展望が行われた。この教育は,効果評価はもとより,目標の構成と方法に及ぶまで,科学としてエビデンスに基づき開発された。そして,開発された教育は,開発スタッフが学校で実施し,改良を重ね,現在ほぼ完成に至っている。その後,学校教員が開発スタッフの援助を受けながらも全面的に実施するに至ったが,その詳細な手順と方法が紹介された。さらに,今後この教育の全国普及をはかるため,学校主導で予防教育を実施する場合の具体的な手順についての紹介が続いた。また,教育評価については,最終的には無作為化比較試験を目指すが,その試験に至る段階を示し,現段階での評価デザインと評価ツールについて詳述した。最後に,学校主導でこの教育を実施する場合の課題について触れ,迅速に全国普及を目指す必要性とその方法について示唆した。

抄録(英)

Almost four years have past since we started to develop a new universal prevention education at school for children’s health and adjustment. At present, school teachers are implementing this education, named “TOP SELF,”by themselve at their schools. In the current paper, we explained about the processes from starting to develop the education to the present, thereafter giving views for the nation-wide dissemination. The education was developed as a science in terms of the establishment of educational purposes and methods, along with scientific evaluations. And the developed educaion was implemented by development staffs while undergoing many revisions leading to the finally establised education at present. Thus, school teachers are now implementing the education, and this paper depicted the procedure and methods for such implementation in details. Since the nation-wide dissemination is expected in the near future, the detailed procedure for the dissemination was also clarified. Moreover, regarding the evaluation of effectiveness of the education, the final destination is randomized controlled trials, so several steps to this destination were elucidated, focusing on the designs and tools for the evaluation at the present step. Finally, the necessity and methods for rapid actualization of the nation-wide dissemination are suggested, being discussed on a number of problems for such dissemination.

キーワード(日)
ユニバーサル予防教育
小中学校
健康と適応
全国普及
キーワード(英)
universal prevention education
elementary and junior-high schools
health and adjustment
nation-wide dissemination
論文のバージョン
publisher
本文の有無
本文あり
資料タイプ
紀要論文
〒772-8502 徳島県鳴門市鳴門町高島字中島748番地
Copyright(C)2011- Naruto University of Education. All Rights Reserved.