予防教育科学に基づく「子どもの健康と適応」のための学校予防教育における評価のあり方 : 無作為化比較試験への準備としての現段階の評価

( 最大 2000 件 )
URI http://www.naruto-u.ac.jp/repository/metadata/603
ファイル
本文言語
日本語
区分
鳴門教育大学
掲載誌名
鳴門教育大学学校教育研究紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of Center for Collaboration in Community Naruto University of Education
出版者
鳴門教育大学地域連携センター
出版者(別表記)
Center for Collaboration in Community, Naruto University of Education
ISSN
1880-6864
NCID
AA1212544X
28
開始ページ
39
終了ページ
45
並び順
5
発行日
2014/02
タイトル

予防教育科学に基づく「子どもの健康と適応」のための学校予防教育における評価のあり方 : 無作為化比較試験への準備としての現段階の評価

タイトルよみ

ヨボウ キョウイク カガク ニモトズク コドモ ノ ケンコウ ト テキオウ ノ タメ ノ ガッコウ ヨボウ キョウイク ニオケル ヒョウカ ノ アリカタ : ムサクイカ ヒカク シケン エノ ジュンビ トシテ ノ ゲンダンカイ ノ ヒョウカ

タイトル(別表記)

Evaluation in the School Prevention Education for Children’s Health and Adjustment Based on the Science of Prevention Education: Preliminary Evaluation Methods at the Present Stage Prior to Randomized Controlled Trials

著者
著者 山崎 勝之
チョシャ ヤマサキ カツユキ
Author YAMASAKI Katsuyuki
所属 Department of Human Development, Naruto University of Education / Center for the Science of Prevention Education, Naruto University of Education
Affiliate
著者 内田 香奈子
チョシャ ウチダ カナコ
Author UCHIDA Kanako
所属 Center for the Science of Prevention Education, Naruto University of Education
Affiliate
著者 村上 祐介
チョシャ ムラカミ ユウスケ
Author MURAKAMI Yusuke
所属 Center for the Science of Prevention Education, Naruto University of Education
Affiliate
記事種別(日)
原著論文
記事種別(英)
Original Paper
抄録(日)

学校での教育を科学的に実施しようとする「トップ・セルフ」と呼ばれる予防教育では,多面にわたり科学性を付与する中,教育実施の効果評価を科学的に行うことも教育の重要な要件になっている。科学的な効果評価の目指すところは,無作為化比較試験であるが,その瑕疵のない実施には多くの時間と労力,そして経費がかかる。そこでトップ・セルフでは,段階を追ってこの無作為化比較試験につなげる方向で評価を発展させている。現在,その評価は第2段階に入り,次のように進められるている。いずれの教育実施校も,教育実施の1か月前,教育実施直前,教育実施直後の3回に渡り同じ評価を行い,同じ学校内での教育実施条件と統制条件を比較し,また,実施校の中からくじ引き的に教育実施校と統制校を設定し,両条件あるいは両校を比較して教育効果を検討している。また評価ツールは,教育目標の達成度の確認において,求められている回答内容に関して直接的に意識上で答える自記式質問紙に加えて,インプリシットな正負感情の測定方法ならびに自分と友人について紹介する作文法を導入し,教育目標にかかわる特性の変化を意識が及ばない方法で測定しようとしている。この測定は,この予防教育がほぼ無意識下にある情動の機能を重視して構成されているだけに重要になる。今後は,地域を限定した上で無作為化比較試験に近づけた評価段階を経て,広範囲の集団を母集団として想定した無作為化比較試験への展開を予定している。

抄録(英)

In a prevention education named“TOP SELF,”various components in the education are scientifically developed, among which scientific evaluation of the effectiveness is one of the most crucialscientific characteristics of the education. Although scientific evaluation is usually conducted by Randomized Controlled Trials (RCTs), its faultless execution takes a great amount of time, labor, and money. So, TOP SELF aims to achieve the RCTs on a step by step basis. At the present second step, the evaluation is being conducted as follows: Any schools that implement this education conduct the same evaluation three times, one month before, just before, and just after the implementation of the education. The data are anlyzed in comparison between the implemented condition and control condition within the same schools, and between the implemented schools and control schools. As evaluation tools, in addition to the usual self-report questionnaires that assess the extent that the main purposes of the education are achieved, the test to assess implicit positive and negative affect and the writing tasks in which oneself and one best friend are introduced are added. The measurement of implicit affect and the analyses about the contents of the written sentences in terms of positive and negative affect, self-confidence, and confidence to others are necessary tools for the education in which unconscious roles of emotions are underscored. The next step is scheduled to conduct the RCTs in limited areas, thereafter leading to the following step to the RCTs targeting broader areas approaching the final population.

キーワード(日)
予防教育科学
学校予防教育
健康と適応
効果評価
無作為化比較試験
キーワード(英)
science of prevention education
prevention education at school
health and adjustment
evaluation of effectiveness
randomized controlled trials
論文のバージョン
publisher
本文の有無
本文あり
資料タイプ
紀要論文
〒772-8502 徳島県鳴門市鳴門町高島字中島748番地
Copyright(C)2011- Naruto University of Education. All Rights Reserved.