フィンランドにおける小学校英語教育 : その多様性と一貫性に焦点を当てて

( 最大 2000 件 )
URI http://www.naruto-u.ac.jp/repository/metadata/541
ファイル
本文言語
日本語
区分
鳴門教育大学
掲載誌名
鳴門教育大学小学校英語教育センター紀要
出版者
鳴門教育大学小学校英語教育センター
ISSN
2185-8624
NCID
AA12522927
1
開始ページ
7
終了ページ
20
並び順
5
発行日
2011/03
タイトル

フィンランドにおける小学校英語教育 : その多様性と一貫性に焦点を当てて

タイトルよみ

フィンランド ニオケル ショウガッコウ エイゴ キョウイク : ソノ タヨウセイ ト イッカンセイ ニ ショウテン オ アテテ

著者
著者 伊東 治己
チョシャ イトウ ハルミ
Author ITO Harumi
所属 鳴門教育大学
Affiliate
記事種別(日)
研究論文
抄録(日)

2011 (平成23) 年度から新小学校学習指導要領が完全実施されるに伴って,小学校高学年(5年・6年)において,外国語活動が週1時間の割合で必修化されることになっている。教科としての導入は先送りとなったが,我が国においても,いよいよ小学校英語教育が現実的な形となってきた。本論文では,我が国の小学校英語教育の将来像を見据える意味で,早くから教科としての小学校英語教育を実施し,着実に成果をあげているフィンランドを取り上げ,その小学校英語教育を特徴付けている二つの要素として,多様性と一貫性に着目した。多様性に貢献している要素としては,英語コースの多様性,担当教師の多様性,および指導法における多様性に焦点を当てた。一方の一貫性に貢献する要素としては,学習者のニーズの優先, CEFRの採用,格差是正を通しての質保証,および自律学習の推進に焦点を当てた。最後に,これらの論究から得られる日本の小学校英語教育に対する示唆を提示する中で,小学校英語教育の今後の方向性を示した。

キーワード(日)
フィンランド
小学校英語教育
多様性と一貫性
論文のバージョン
publisher
本文の有無
本文あり
資料タイプ
紀要論文
〒772-8502 徳島県鳴門市鳴門町高島字中島748番地
Copyright(C)2011- Naruto University of Education. All Rights Reserved.